2017
04.24

落ち着きました

前回の記事の誤字の多さにびっくりしています。苦笑。そのうち直します。

再燃の方はインテバンを欠かさず朝晩飲み、丁寧に洗顔して顔全体にプロペトべったり塗って、炎症の所にはプロトピックぐりぐり塗り込めて数日…。一昨日からやっとおさまりました。

酷くなっている時は本当に落ち込むし、この先どうなるのかなぁと不安だし、悲しいし、悔しい。なんで顔なんだろうって思います。そして、同じ病気の人はどうしてるのかなぁって考えます。

同じ辛さを抱えている人にこのブログが目に止まれば嬉しいなぁと思います。

へこたれながら、でも、薬に助けられながらなんとかやってる患者がいますよ~。




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
04.20

好酸球性嚢胞性毛包炎が再燃してます

Category: 未分類
この1週間ほど好酸球性嚢胞性毛包炎が右頬や鼻の頭で赤く腫れて痒くて憂鬱な気分でいます。右が落ち着いたと思ったら、今度は左にもこっとなっています。1番痒みを感じるのは鼻の頭です。
昨日と今日はボランティアだったから、一昨日まで、ドキドキしていました。あまりに酷かったら休もうかと考えたり、どんな風に思われるんだろうと…。マスクで隠すことはできるけど…。もやもやもやもやと悩んでいました。
出っ放しということではなく、一瞬すぅっと落ち着くことがあるので、「このまま良くなるかな…」と思ってもやっぱりぶり返したりするのが厄介です。1日の中でも、夕方になると出てくるとか、ご飯食べたあとに出てくるとか。割と朝は落ち着いているので、疲れや紫外線が関係あるのかなぁと思ったり。まぁ、早朝覚醒によって朝からぐったりしていることも多いですが。
昨日はまぁ、ちょっとひどい肌荒れ?くらいの状態でした。話しやすい人には、病気であることを伝えましたが、肌荒れ改善にはヨーグルトがいいとか教えてもらって、ありがたくもあり、切なくもなりました。ただの肌荒れじゃなくて、病理があるんだという…。
今日は昨日より少しマシで痒くない跡になってるところにはコンシーラーを塗って隠して行きました。だからだれも分からなかったかもしれません。そもそもそんなに人の顔は見てないだろうし。気にしてるのは自分だけなんだろうなぁ。
はぁ…。疲れてます。
風邪が原因かな、今回の炎症の延焼は。今も鼻が詰まった感じで耳が遠く感じています。耳鼻科行こうかな。
インテバンも欠かさず飲んで、綺麗に顔洗って、ブマロトピック塗って。収まるのをいのるしかありません。
なんでこんな病気になったんだろう。
鬱は治せそうな木がするけど、こちらは無理な気がしてちょっと今、深く考えると落ちて行きそうです。
Comment:0  Trackback:0
2017
04.04

4月4日と4月5日

Category: 未分類
娘、昨日から咳が増え始めたので今日は保育園を休ませて小児科に行って来ました。
この前のことがあるので、怖くてたまりません。
そう言ったら、旦那さんには「この前のようになっても大丈夫だってこと」と言われてました。確かにそうなんだけど…。旦那さんにはいつも発想の転換を促されます。おかげでこれでもかなり、バランスの悪い考えを修正できるようになってきています。
つづき
今日は午前に学校へ。校長先生がかわったのでご挨拶です。
来年の2月で復帰か退職か。
学校に向かう途中の道、いろんなことを考えて涙が出ました。
赤い目で初対面の挨拶なんてだめだと、必死で涙を引っ込めてバタバタ手で仰いでなんとか平静を装って挨拶できました。とても穏やかな方で、安心しました。
どうなるかまだ分からないけど、ある程度覚悟を決めて日々過ごさないと。復帰するならば12月ごろからいろいろ始まります。きっとあっという間。
午後からは学習支援のボランティア。こちらは始業式でした。
大勢の前で自己紹介などをするのは、緊張しましたが、少し心地よかったです。なんでだろう。
私の担当する生徒さんはお仕事でお休みだったため、違う先生の授業のサポートに入りました。
上は88歳から下は20代まで。いろんな事情をもった人たちが、学んでいます。たくさん質問される方がいて、素敵でした。わかったふりをしない、疑問に思ったことは聞く、言われたことだけ鵜呑みにしない。とっても大切なことだと感じました。
娘はまだ咳が残っているので保育園は休ませて実家にお願いしていました。心配は心配だけど、少し離れてする心配の方が私には健全かもしれないと思いました。逃げてるのかな。いや、普段あまりに向き合い過ぎてるんだと思います。だから今日は娘にとっても良い時間だったんじゃないかな。ばあばもとってもうれしそうだったし。ウィンウィンってやつかな。
旦那さんは泊まりの出張なので、今夜はふたりきり。さっきまでひどく咳をしていて怖かったけど、水分含ませたり、鼻水吸引したり、気管支拡張テープはったり、ヴェポラップ塗ったり、背中さすったり、考えうる、できることひとつずつやりました。旦那さんにメールで不安と弱音を吐きながら。8時半にぱたりと寝てくれてほっとしました。
明日は科学工作のボランティアの予定。2月の入院から行っておらず、2か月ぶり。行きたいです。
毎日なにかしらあって泣いてるし、朝は大抵絶望的な気分だし、それでもなんとかやっている自分をできるだけほめてあげたいです。
周りで支えてくれる家族や保育園の先生方に感謝感謝です。
Comment:0  Trackback:0
2017
03.31

2017.3.31精神科診察備忘録

娘の体調について、落ち着いて現実を客観的にみられるようになってきている感じを伝えました(前と比べてほんの少しだけですが…)。
「自分がこうしてしまったから(娘が具合悪くなった)」。逆に「自分がこうしなかったから(娘が具合悪くなった)」と、必要以上に自分の責任だと感じてしまうことが少なくなってきているようですね、と先生からも言われました。
小さいけれど大切な前進です。
良くはなって来ているけれど、大なり小なり日々何かしらが起き、ばたばたと日常が続いていきますから、意識して休みながら過ごすようにと言われました。
薬は同じ。次回、1か月後の予約をして終わりました。
Comment:0  Trackback:0
2017
03.31

2017.3.31皮膚科診察備忘録

初めての先生の診察でした。

顔をじっと診て、「左が腫れてない?」と言われました。好酸球の炎症の自覚はなく、今朝は保育園の先生とお別れの挨拶をして泣いて、顔をゴシゴシ擦ったからかなぁ…と思いましたが、鏡を見ると白いところと赤いところの境目がくっきり。触ってみるとぽこぽこしていました。痒みはなかったけれど、これは好酸球の仕業です。

「首にもぽつぽつ赤いものが出ているけど?」と言われ、そういえば2日前くらいから痒いなぁとは思っていたけど、なんだか分かりませんと答えました。

他には食物アレルギーはないか、生理はちゃんときてるか、血液検査はしてるか、など聞かれました。血液検査は昨年8月にやったようなので(憶えていない)半年以上経ってるから今日受けるようにと言われました。

なんとなく話しやすい先生だったので、足の指の変色と腫れも診てもらいました。足をさわって先生は一言、「なんでこんなに冷たい?」。私が「なんで?…いつも大体こんなもんです。」と言ったら、先生は手も触って「冷たすぎる」と(汗)。結局、霜焼けだろうということで塗り薬を貰いました。リベラ軟膏だったかな。薬で先ず治すけど、根本の冷えをなんとかしないといけないと思います。運動かなぁ。やっぱり。

あとはプロトピックとステロイドとの違いを説明してもらったりして診察終了。

次回はまた一か月後です。








Comment:0  Trackback:0
back-to-top