2017
01.09

母の手術

Category: 未分類
ばあばの鼻腔内にできた血管腫の切除手術が決まりました。来月初めに入院です。
ばあばは手術に耐えられる体力あるのかな。30代で胃がんになり全摘して、拾った命。痩せっぽちで、肝機能も悪い。貧血もずっと。加えて最近は血圧が150から170にまでなる。
術前検査はもちろんある。そこでいろんな判断をされるんだろうけど、今の私にはどうしても最悪なパターンしか思い浮かばなくて、とっても苦しいです。怖いです。今度こそ死んじゃうんじゃないかと。
この病気になってから死については、いっぱい考えることがあって、本当は毎晩、もう明日の朝目を覚ましたくないと思ってたりする。家族に対して最低、無責任だけど。眠れない夜のつらさ、明日からの不安に支配されて、そんなことを思ってしまうのです。
ばあばが天国に行くことはそれほど苦しくはない。あちらの方にたくさん、ばあばの大切な人が待ってるし、私も必ず行く道だから。
私はばあばの苦しむ姿を見たくないだけ。弱虫。こういう時こそ励まし、元気付けなきゃいけないのに、うまくできない。心配と恐怖まるだし。本当に情けない。 
新年早々、重たくなりました。
心労がひどいです。ため息ばっかりでます。
旦那さんに助けられてますが、娘にとって私はいつも疲れた顔したお母さんにうつってるだろうな。申し訳ない。
ばあばがいることで安心していた部分が崩壊しかかっていて、本当に静かに心の中はパニックです。
起きていないことについてあれこれ考えるのは無駄だし、なるようにしかならないから、前もって疲れる必要なんてない。とにかく明日1日だけを考えなければ。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/1189-768c7fd3
トラックバック
コメント
私も今、父が2回目の脳梗塞で、リハビリがうまく行ったとしても車イスという状態です。父は自分勝手に生きてきた人なので、今さら頼られても‥‥と家族は思っていますがほっておくことも出来ないですよね‥‥

にょろさんの場合は大切なお母様のご病気なので心配も大きいですよね。

私は鬱ではありませんが、いつも入り口に立っている気分です。
どうしても治らない持病があって(その上好酸球もなんて‥‥涙)一時は軽い抗うつ剤を飲んでいました。今でも胸が塞がって何もかも捨てて消えてしまいたいと思うこともあります。
その時思うのは、何故か子どもたちのお弁当のこと(^_^;)お弁当が必要な間は側にいて作ってあげないと‥‥と。
なんとなく自分を騙し騙し何とか元気に振る舞って毎日を生きている感じです。

自分の話になってすみません。
そんな人もいますよ~という話でした(汗

お母様のご病気が良くなるようにお祈りしています。
にょろさんもお疲れの出ませんように‥‥
おねむぼんdot 2017.01.09 21:39 | 編集
おねむぼんさん、こんばんは。いつも優しいコメントをありがとうございます。お陰様で、この記事を書いた時より、気持ちが少し落ち着いてきています。オロオロ疲れです。苦笑。私の好酸球は数日前、もこっと赤くなってちょっと痒かったのですが、プロトピックをグリグリ塗りこめたら1日で落ち着きました。心労の割に落ち着いていると思います。

おねむぼんさんは好酸球の他にも持病があるのですね。私は鬱病になって、もろもろ弱りきったところに好酸球が発症したような気がします。おねむぼんさんも、いろんなことで心身とも弱っているのかも…と勝手に考えてしまいました。原因不明とは言われますが、やっぱり疲労とストレスと関係があると思います。なかなか難しいとは思いますが、できる限り好きなものを食べて、体を休めて、心が喜ぶことをして、自分にいっぱい優しくしてあげてください(^_^)病気の辛さはここで吐き出してください。いつでも、オッケーですよ。そんなこんなしてるうちに、症状が治まって来ると信じます。

お弁当のお話、素敵ですね(^_^)。私も娘のためにできることなにか考えて、1日ずつ生きていこうと思いました。

お父様のリハビリ、うまくいきますように…。うちのばあばの手術が成功しますように…。本当に非力ですが、できることちょっとずつやってみます。


にょろdot 2017.01.11 23:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top