2017
01.27

耳鼻科

Category: 日記
娘の耳鼻科通院でした。

やっと鼓膜の穴が塞がったようで安心しました。長かった…(涙)。インピーダンスで山型が出た時、泣きそうでした。本当に良かった…。

私は一昨日ぐらいからくしゃみと鼻水がひどいのでついでに診てもらいました。アレルギーか風邪か今の段階では分からないとのこと。アレグラを一応飲んでみることになりました。

くしゃみ鼻水と同時に耳の中も痒さが増し、好酸球の症状も出てきました。鼻の脇、ほっぺのあたりに虫刺されのようにぽこっと出ています。痒いし、見た目も哀しい…。でも、仕方ないのでプロトピックをぐりぐり塗って治まるのを待ちます。
マスクをしているとこすれてなおさら痒いのが困るなぁ…。来週末は保育参観と懇談会もあるから、どうかこれ以上悪化しませんように…。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
01.15

動揺は落ち着き

Category: 日記
今週は水曜日に母の病院の付き添いをしようと思っています。手術前の検査をいろいろするらしいので、先生のお話をちゃんと聞いてきたいです。

少し前の動揺が落ち着いてきて、今はお医者さんに任せるしかないし、手術する前から最悪なことを想像して心身ともダメージ受けてるのは無駄なことだと思えるようになってきました。それでも心配は心配だけど…。

ぼちぼちがんばろ。

明日はおでん!買ってきてあっためるだけ。笑。


Comment:0  Trackback:0
2017
01.14

友達の家、どんと祭

Category: 日記
娘の保育園同じクラスで仲良くなれたお母さんのお家に遊びに行ってきました。『ママ友はこわい。いらない』と思ってましたが、時間をかけて自然と仲良くなれた人が2人いて、時々声を掛け合って遊びます。2人とも私の病気のことを知ってからも変わらずいてくれます。逆に言えば、病気のことを話しても変わらないような人だから友達になれたのかな。
旦那さんが仕事の土日など、暇を持て余しがちな娘にとって本当にありがたいし、私もおしゃべりできるのが嬉しい…。Σ('◉⌓◉’)
たっぷり遊ばせてもらって、その後は簡単にご飯準備してからどんと祭に行きました。
お参りは結構並んでいて、昼寝なしで遊び倒した娘はどうなることかと思いましたが、お利口にならんでくれていました。出店で綿あめを買う約束があったから、がんばったのかも。笑。なんにせよ、成長が感じられて嬉しかったです。ご神火にあたって無病息災…無病は無理でも、軽病で…とお願いしてきました。赤ちゃんの頃にあたった以来の娘は、大きな火をじっと見ていました。
帰ってきてから遅めの夕飯、お風呂、寝かしつけ、と私にしたらよく頑張りました。明日はもう少しのんびりしたいなぁ…。
Comment:0  Trackback:0
2016
11.04

また肘内障…からの私パニック

Category: 日記
一昨日、兄夫婦が帰省したので、娘と一緒に実家に行きました。娘は兄夫婦の新しい家族のわんちゃんに会えるのが楽しみで楽しみで、何日も前から「11月1日は◯◯ちゃん(わんちゃんの名前)に会えるねぇ」と話していました。
私も嫌いじゃないので、再会はとても楽しいものでした。
ただ、その日の夜、実家に娘だけでお泊りにお願いしたところ、再び肘内障のようになり、あとはもうすったもんだ…。
夜東京出張から戻った旦那さんを巻き込み、ぐちゃぐちゃどろどろの気持ち。
いろいろやってはきたけど、解決せずに保留している問題がこういう時にはっきりと形を表してくる。見ないふりしてても。
悔しいことに私は頓服に頼り、自宅から動けませんでした。娘が痛がってるのに、実家に行けない行きたくない自分を優先して、それにまた自己嫌悪になり、さらには両親への恨みを募らせ、旦那さんへの不満も吹き出す…という。
思い出したくない。でも、言葉で態度でまたも旦那さんを傷つけたことは、消せないことで。
ばかだなぁ。もうやだなぁ。つくづく、思う。
幸い娘は寝てる間(夜中の2時ほどに)手を動かせるようになって大事にはなりませんでした。
私よりもばあばが心配性だから、私が心配した時、ばあばに話すと余計心配になるし、かと言って旦那さんに話すと、にべもない態度で返される(私の主観。旦那さんの言葉をかりると「心配してないわけじゃない」)ことが多く。娘の不調時はなんだかいつまでまたもうまく切り抜けられない。
あーあ。
Comment:0  Trackback:0
2016
10.13

ボランティア半日、母半日。

Category: 日記
今日はリハビリのためのボランティア(科学工作方面)でした。旦那さんが泊まり出張だし、実家も今日は頼れないこともあり、午前だけにしておきました。団体のお客さんが少なかったので、のんびりでした。ボランティアはほとんどが60代から70代のおじいちゃん。子供相手のボランティアをわざわざするくらいの方たちなので、優しくて面白くて、空いた時間も楽しめています(中には気難しい感じの方もいますが…^_^;)。

社教主事のお姉さん方とも、たわいもないお話して、笑って…。なんてしあわせなんだろう。なんてありがたいことなんだろう。人とかかわれるっていうのは。

家事を一部捨てても、なんの罪悪感もイライラもなく、車でビューンと行きたくなる場所です。笑。こういう経験をして、私の鬱はゆっくり治っていくんだろうなぁと感じています。

…なんて悠長なことばかりも言っておられず、休職はあと一年まで。その後は退職か復帰かの決断をしなければいけません。私の病状、娘の成長、旦「那さんの仕事の忙しさ。読めないことがあり過ぎで、難しい…。うううう。旦那さんとゆっくり話し合いたいけど、なにから話せばいいのか分からないです。

はぁ、ぐるぐるは今日はこの辺でやめとこう。

今日も夕方、娘と散歩に行きました。東の空がどんより雲ってて、西からは夕陽がさして。虹を見ました。見てるうちに大きなアーチになってすごくきれいでした。娘も喜んでました。
すれ違う中学生のお姉さんに「にじー」と教えてました。かわいいな。

相変わらずとりとめなくなりました。

あったかくして寝ます。




Comment:0  Trackback:0
back-to-top