2013
02.28

ヒロウケイ

Category: 日記
「『ヒロウケイ』とかあったらいいのにね。」

今朝、旦那さんが言ってた。

ヒロウケイ=疲労計

うつは、疲労の蓄積。
疲れている自分を無視し続けて(自覚できなくて)、周りが気づく頃には、だいぶ蝕まれてる。

体の表面に症状が見えないんだから、
周りの人は悪くない。

だから自分で、なんとなくおかしいかもしれないと思った時に、客観的な数値で自分の疲労度を知ることが出来たら…。
気合いとか根性とか言うものにとらわれず、頑張りすぎないで済むかもしれない。

ちょっと寒気するなぁと思って、体温計で熱計って38.6度だったら、
「あ、風邪だ」
とか、
「インフルエンザ?」
とか、
「うつしちゃいけない」
とか。

学校やら会社は休んで、病院に行くだろう。
(「それでも休めないんだ」という環境の人もたくさんいるだろうけど。)


疲れは?

最高疲労が100%として。

「今日ちょっとダルイな…」
ぐらいの自覚なのに、

疲労計で計ったら赤い数字で90%と点滅していたら?

それを家族が見たら?

気合いでなんとか乗り越えて、本当にすり減ってしまう前に、こんな風に客観的にわかる道具があったらいいな。

その道具がちゃんと社会で信頼されて、疲れている人が安心して休める環境作りに役立てばいいのにな。

精神科受診すると、抑うつ度を計るアンケートみたいなのを書かされる。

それでは、ちょっと遅い。
その前になんとかできることいっぱいあるはず。
そういう社会になればいいな。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
02.27

辛かった

Category: 日記
昨日は、大きな波にもまれ、溺れそうになっていた。

「治りたい、治らなきゃ」

という気持ちが折れてた。
旦那さんも、娘も、
どうでもいいと思った。

生きる意味、自分の価値、ない。分からない。考えられない。

でも、積極的に死のうとする力もなかった。身体を起こせなかった。

だから、ご飯食べないで、餓死しようと思った。何日かかるのか分からないけど、それしか方法がないと思った。

旦那さんを罵り、怒りをぶつけ、涙を流すのを笑い、けなし、布団から引きずり出されようとするのを暴れて抵抗し、自分も泣き。

結局、ご飯を飲み込み、薬を飲んだ。
薬はトレドミン25g、夜だから2錠。(これは頓服ではない。)

寝る前もいつも通りに薬を飲んだ。

そして今朝は、起きてご飯を食べて薬も飲んだ。

昨日、本気で、餓死するしかないと思ってた自分が今、こうしてブログ書いてる。

サンドバッグみたいに、打たれても打たれてもそばにいてくれた旦那さん、飲み込んだご飯、薬。

どれも大切だったんだろう。

旦那さんをうちのめそうとした自分、(そういう形でしか助けを求められなかった)
ご飯を飲み込んだ自分、
薬を飲んだ自分、

ほめよう。

何度も押し寄せる波。
これは現在地が深海ではなくなった証。

あぷあぷと溺れそうになって、
もがいて、
助けにきた人をも危ない目にあわせ、

でもまた、助かった。

母親以前、人間としてどうしようもないという思いがどうしても離れなくて
苦しいけど、いつか、こんな時もあったと、このブログを読めますように。
Comment:0  Trackback:0
2013
02.25

生きるんだ

Category: 日記
何回引きずり戻されても

生きるんだ

妄想だとわかっていてもどうしようもない孤独感を、身体から振り払うように自分をバシバシ叩きながら、

救ってくれようとする大切な人の心を踏みにじりながら、
そのことにまた傷つきながら、

それでも、生きるんだ。

この記事を、だれか
同じような痛みを抱えている人が見てくれて、
あと30分生きてみようって思ってくれたら、いいなと思う。
Comment:0  Trackback:0
2013
02.24

スイッチないから

Category: 日記
うつの波にのまれる時、
「あ、来た。」
と分かる。

様々な感情、主にマイナスなものが、どやどやと頭に降ってくる。流れんでくる。形がなく、とても怖ろしい。

「そういう時は休む。」
と医者にも家族にも言われる。

でも、一旦波にのまれてしまうと、どうすることが「休む」ことなのか分からなくなる。冷静にならなきゃ休めない。

体のどこかにスイッチがあって、プツと電源切れたらいいのに。

ないもんね。スイッチ。

だから、
頓服を飲んだり、自分の状態を客観視しようとする。

こうしてブログを書くと客観視しやすい。

落ち着いて来た。疲れた自分を認められる。
ベッドに潜り込んで、自分をなでてあげる。

この環境をくれた旦那さんに感謝。
Comment:0  Trackback:0
2013
02.23

答えは見つからなかったけど

Category: 日記
病気でどん底の時は、テレビなんて無理。

うるさい。
集中できない。
おもしろいのも嫌。
辛い話題も嫌。
難しいのも嫌。
まぶしい。
怖い。



それが最近、時々夢中になれる時がある。

今日、夢中になったのは、
3つの国で、それぞれの人生を生きている3人(みんな60歳)の日常を追う番組。

番組の最後、3人に問いかけがされた。

「人生で一番大切にしている言葉はなんですか。」

3人はそれぞれ、
「ふーーむ。なるほどね。」
と思う言葉を画用紙に書き、想いを語っていた。

その問いの答えを、私も考えた。

得意の『無駄に頭グルグル』。
結局疲れるだけで、答え決められず。

でも、こういう番組好きだ。
テレビに夢中になれてシアワセだ。

実家で娘を見てくれている母に、
隣で一緒にテレビを見てくれた旦那さんに、
感謝。

死ななくて良かった。

今、こう思えていることを覚えておく。
Comment:0  Trackback:0
2013
02.23

会いたいけど休まなきゃ…

Category: 日記
娘は、昨日から車で30分ほどの私の実家に預けている。

ここ最近、また深夜の覚醒が出てきたから。
これが始まると危ない。

休まなきゃ。

だから、娘は実家。

なのに、娘の泣き声が聞こえた気がして目が覚めた。携帯で時間を見ると、4時ちょうど。

隣では、いつもは娘と寝てくれている旦那がスヤスヤ寝ている。

就寝前、
マイスリー 1錠
リーゼ 1錠
ロヒプノール 1.5錠
を飲んでいる。

いつもは22時半ごろ飲む。昨晩は23時過ぎに飲んだ。

今朝はましな方。悪夢も見なかったし。

この1週間位、2時や3時に目覚めてしまって苦しかったから。

娘がいないから、緊張がなかったのか、
ただ薬を飲むのが遅かったからずれたのか
分からない。

外から(多分)除雪車の走る音が聞こえる。
また雪が積もったのかな。

あーーーー。
どうしようかな。

娘に会いたいけど、
怖い。

昨日の別れ際の娘の顔が、辛い。

今は私が休むべき。
だけど、娘と離れて心底休むのは、なかなか難しい。罪悪感に苛まれる。

病気なんだからと開き直る(?)こと、
頼れる実家がそばにあること、
休みなさいと私を守ろうとしてくれる旦那さんのこと、

感謝して、休むかー。
髪でも切るかー。
Comment:0  Trackback:0
2013
02.22

治るよ

Category: 日記
娘、1歳3か月。
産後うつになって1年3か月。

いや、臨月からおかしかったかも。

自殺未遂、しました。
救急搬送され、閉鎖病棟にも入院しました。

でも、今、生きてます。
生かされてます。

治らないと絶望に襲われることもたくさんあるけど、治る道を記したい。

何年後か分からないけど、
このブログを見て、生きてて良かったって
心から思える日を想像して、ぼちぼち綴ろうと思います。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top