2014
06.30

眠りの神様、リラックマ

Category: 日記
音楽を聴いて心地いいなぁと思ったり、本を少しずつでも集中して読めたり、買い物に行く気になったり。娘のこと以外に心が向かう時間が増えて来ているなぁと感じる。自分の好きなこと、したいことを優先できる時が増えている、と。

少しずつ少しずつ前進してるんだと思う。

ダメになった時の回復にかかる時間も
短くなっている気がするし。

ただ、その、『ダメな時』が強烈な感じもあって、怖いのが正直なところ。鬱の回復過程の典型っぽい。気をつけないとね。

娘は喉がかれてて、鼻詰まり。なんかずーっとこんな感じ…。熱もないし、まずまず食べて機嫌も良いし、眠れてもいるから病院連れて行くのもなんだか。分からないことだらけだ。それが当たり前だ。お母さんになってまだ約2年。

仕事を辞めたくてたまらなかった時、毎朝出勤の車中で『石の上にも3年』って思ってたことを思い出す。3年目には、良い思い出ばかり残って、異動に号泣したっけ。

とにかく娘が皆に愛されて、大切にされてすくすく育ってくれていてしあわせ。私も私を大切にしてくれる人たちをしあわせにしたい。

二人でお風呂に入ってたら、旦那さんが帰って来てドバーッと安心の波。娘もテンションがあがって。しあわせ。

眠くていつも以上に支離滅裂。でも意外とこういう時、眠れなかったりする…。眠りの神様、リラックマさんを思い浮かべて眠ろう。今日一日に感謝、感謝。当たり前の一日なんてないんだから。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
06.30

トレドミン減量

トレドミンを4分の3に減薬して、2週間が経ちました。変わりは…………。ないような気がします。今まで通り、波も来るし、その時々対処をして、大崩れすることなく。

今週末に精神科受診だから、先生に言わなくちゃ。


Comment:0  Trackback:0
2014
06.26

ドロドロ吐き出したら新しい空気吸う

Category: 未分類
『あれ?もしかしてこのまま良くなって行くのかも。出口が見えた気がする。』って思った次の日、息をしてじっと耐えるのが精一杯になる。

昨晩は、悔し涙が流れて、でも、病院じゃなくて、お家のお布団で眠れるんだからしあわせだと感謝して寝た。旦那さんの「助けるからね。」の言葉を、潰しそうなくらい、ぎゅっと胸に抱きしめて。

夜をやっとの思いでくぐり抜けて、未明に現れる自分の変わらない状態にがっかりして、「もう疲れたよ…」って、新しい一日を生きる力も自信もないことに気付くのが怖い。新しい朝に続く、夜が怖い。

でも、とにかく『生きてる自分、エライね』って、思うことにして、生かしてもらいます。

今の私は、妻、お母さん、娘、どの役割よりも病人としての役割を果たさなきゃ。






大きな声を出したい。


ちっっくしょーーーーーーーーーーーー。鬱も好酸球もうせろーーーーーーーーー。
…失礼しました。


良い言葉を使う方がいいと思うんだけど、心に溜まるドロドロしたもの、出さないと…。



Comment:0  Trackback:0
2014
06.25

好酸球のばかばかばかーーー

Category: 日記
今朝は3時から指が痒くて痒くて目が覚めた。薬を塗ってもダメ。冷やしてなんとか落ち着いたけど、ぐったり、イライラ…。

早朝はきつい。孤独感がおかしい。焦燥感もひどい。いろんなことが不安でもうどうにもならない気がしてしまう。「寝られないなら起きればいい」っていう人がいる。それもそうだと思うけど、なんというか危機感があって、「エネルギーを使うな」って思うのか、体は動かない。頭だけぐるぐる動く。悪い方に悪い方に…。その辺、下園さんの本に書いてた鬱の人の思考にぴったりだ。自殺が早朝に多いというわけが分かってしまう。

ぽつりぽつりと浮かんで消えてくたくさんの思いを流しながら、なんとか耐える。悔しくて泣きたい。

でも、ひとりじゃない。負けるわけにいかない。とりあえず今日一日、少ないエネルギーで乗り切ること。一時間ずつ生きること。

Comment:5  Trackback:0
2014
06.24

娘のあれこれ

Category: 日記
怒涛の3連投。

娘がかわいいの。優しいの。好酸球が悪化してる指に薬を塗る真似をしてくれる。飲み薬も渡してくれて「治りますよ。」って言ってくれる。なんか泣きそうになる。

一生懸命塗るふりしてくれてるのに治らないから、ごめんねって思うんだけど、まぁそこまで真剣に考えてはないと思う。私は安易に「治るよ」だけじゃなく、「なかなか治らないけど、治るよう努力するよ。だいじょうぶだよ。」って姿勢を見せられたらいいかな。

保育園では何人かのお友達の名前を言ったり、娘も名前を呼んでもらったりしてるところが見られて嬉しかった。お友達の感覚、少しずつ芽生えてきてるのかな。

お風呂、今日はお父さん。浴室から楽しそうな声がずっと聞こえてきてシアワセ。私にはできない技?を楽しみながらやってたみたいで、良かった。今週はプール開きがあるからね、水に慣れないとね。

心配の種はそちこちにあるけど、踏み潰してしまえ。なるようにしかならない。

Comment:0  Trackback:0
2014
06.24

心配暴走族長の反省

Category: 日記
この頃の娘は、食に対して執着が薄くなってきていて心配。意欲がないわけではないっぽい。集中できない感じかな…。

保育園の先生に「今日も食が進まなくて…。量を減らして様子をみていいですか?」と聞かれて、「よろしくお願いします。」と返事をした。どっぷり凹んだ私の様子を察してか「全然食べてないわけじゃないので…」と明るくフォローしてもらって、なんとか気持ちを立て直して帰ってきた。

娘は客観的に見て元気だし、(咳と鼻水はうっすら続いてるけど)心配ないと頭で分かるけど、やきもきする。痩せていっちゃうんじゃないか、病気にかかりやすくなるんじゃないか、骨がスカスカになるんじゃないか、脳に栄養がいかなくなるんじゃないか…などなど。不安が雪だるまになる。

とにかく娘のことをじっくり見て、「だいじょうぶ」っていう客観的事実を集めることが大切。夕飯は旦那さんが一生懸命食べさせてくれた。食べる娘。遊びながらだけど。楽しそうだし、「だいじょうぶ、だいじょうぶ。」子供の生命力ははすごいんだ。

保護者会で隣だったお母さんもお子さんの少食に悩んでた。「ケーキあげてもクリーム少し舐めておわりとか…」って、心配そうだったのを思い出す。でも、その子に今日も会ったけど、『普通』。痩せ気味なのかもしれないけど普通に遊んでた。「その子に合った食べ方がある」って旦那さんにも言われた。そうだよね。心配暴走族長、反省。

親として、人間としてビシバシ鍛えられてる感じがする。自分のいろんな良くない癖はわかってきたから、少しずつ直さなきゃね。自分がゆったり楽になることが家族のため。

感謝して、ゆっくりだけど癖を直してがんばる。
Comment:0  Trackback:0
2014
06.24

プラスαを優先してみること

Category: 日記
やらなきゃいけないことをまずやると、それだけでエネルギーがなくなってしまう。できてるんだけど、達成感がなく疲れだけが残る。

『やるべきことをやって、プラスα』という考え方だと、毎日、消耗するばかり。

今日は、片付けとか掃除とかを見ない振りして、外へ出た。花壇の花を触った。終わった花を摘む。枯れてる葉っぱをとる。ほんの5分くらいかな。なんだか嬉しかった。私の中でお花の世話は『プラスα』のことなんだけど、そっちからやると気分がかなり違うと思った。良い方に。あとは休みながらゆるい日常の掃除をしたりした。

やらなきゃいけないこと、食器の片付けとか夕飯の準備とかを旦那さんに協力してもらったことでツケは回って来ずにすんだ。感謝感謝。

このやり方、心にとっていいかもしれないなぁ。『やらなきゃいけないことから』家事じゃなくて『やりたいこと、やってみたいことから』家事…。それを自分が本当に許せるかが問題だ。


Comment:1  Trackback:0
2014
06.23

同級生

Category: 日記
保育園に預かってもらうことが決まった時は、『もう土日しか一緒にいられないんだ…。』と思って苦しかったのに、今は土日だけですら一緒にいる時間が長く感じられる。

一人遊びもたくさんしてくれるようになったし、旦那さんや実家の助けもあって前に比べたらずっと楽になってきてるのになんでだろう?

娘はかわいくて、大切。だからこそ、あれもこれもと考えすぎて空回りして疲れちゃうんだろうな。

もっとゆったりのんびり楽しみたいな。
その辺を変えないと、ほんとにこれから先の長い育児、到底無理だ。

近所に小中と同級だった友達がいる。その子の娘はふたり。ひとりはもう中学生、下の子が小学校低学年。引っ越してきてから何回かちょっと会えたり、電話で話したりしてる。子育ての先輩の話、聞いてみたいなぁって思う。このぐらい子供の歳が離れてると、悪い比較グセが出ないんじゃないかと甘い考え。

ただ、鬱のことは話さない方がいいような気がする。言われても困るもんね。

うじうじしてないで、明日にでもお茶に誘ってみようかな~。なんて。



Comment:0  Trackback:0
2014
06.21

とうといですか

Category: 日記
生きることに精一杯の一日でした。

「待っててくれてありがとう」って言われて、昨日の本のことばを思い出した。

『ぼくは とうといですか。』

こんなわたしでも、尊いですか。


Comment:0  Trackback:0
2014
06.20

急ブレーキ

Category: 日記
午後、急ブレーキがかかってしまった。
身体があちこち痛い。その後指の好酸球が突然悪化。指が使えなくなることで奪われるあれこれを考えてしまって、心も一気に落ちる。

娘の迎えをばあばに頼んで、とにかく横になる。大丈夫、大丈夫、大丈夫って言い聞かせて。

旦那さんが帰ってきてから安心できた。

お風呂で本を読んだ。森絵都さんの『つきのふね』。ちまちまと読んでて、今日読み終わった。涙がボロボロでて、ベッドに入った今も。

…疲れてるのかも。休んでるんだけど、もっと休まなきゃいけないのかな。
Comment:0  Trackback:0
2014
06.19

まつげには虹がある。涙がでれば虹が出るって。まどみちおさん。

Category: 日記
みんなの笑顔の先に、娘がいて、良かった。

みんながそれぞれの思いで、しあわせを作って支えて、今日があること。奇跡だ。

ありがとうの気持ちでいっぱい。不安や心配ももちろんあるんだけど、今日のことまず大切に喜んで、また来る明日を生きてみよう。感謝感謝。
Comment:0  Trackback:0
2014
06.18

生理さん、おてやわらかに

Category: 日記
今朝、生理がきた。ドンピシャ。覚悟はできてたけど、タイミング悪いよ…。

でもこうして、まずまず心穏やかに夜が迎えられて良かった。

名古屋じいじばあば、元気で何より。保育園に皆で迎えに行って、自宅で夕飯。近所のスーパーでいろいろ簡単に食べられるものを買ってきてもらって。私の中の『良い嫁』像とは何万光年もかけ離れてるけど、良いんだ。おもてなしをできないのは申し訳ないと思いつつ、自分の今の状態でできることできないことを明らかにして、取り繕わないこと。じいじばあばは、私たち家族の元気な姿を見るのが一番だということ。何回も心の中で唱えて、自分を責めないようにした。

それでも。いいカッコしいの私はまだまだ頑固で、旦那さんを心配させてしまった。生き方を変えるのは本当に難しい。

娘は咳がほとんど止まって、透明な鼻水がタラリンとしてる。子どもってこんなものなのかな。わからない。分からないことだらけの毎日。毎日、おんなじようで新しい。
Comment:0  Trackback:0
2014
06.17

身軽なこの頃。だけど、気をつけよう

Category: 日記
鬱の波は来るんだけど、不安も焦りも緊張もあるんだけど、ここのところなんとか生活できてる。ありがたいこと。本当に本当にシアワセなこと。

自分を必要以上に責めないで生きられるって、こんなに身軽だったんだ。裏返せば、自分を責めて生きることは、辛くて苦しくて痛くてたまらないってこと。

数時間しか娘と居られない生活だけど、今の私にはとても良いリハビリになってると思う。「焦らないでいこう。」そう言って支えてくれる旦那さんに感謝感謝。振り出しに戻るのは絶対に嫌だから、忘れちゃいけない。

明日は名古屋じいじばあばが来てくれる。緊急事態でなく会えるのが嬉しい。
無事を祈りながら寝る。

Comment:0  Trackback:0
2014
06.16

クチュクチュペッができるようになった娘と

Category: 日記
今日もたくさん支えられて、ギューっとシアワセを感じられた。

娘は歯磨きの口すすぎができるようになって嬉しそう。旦那さんも手伝ってくれて洗面台の鏡に3人がうつる。家族。何があっても家族。

相変わらず機嫌を損ねると大泣きだけど、こうして穏やかな時間がちゃんとある。自分だってそうだ。泣いたり、わけ分からなくなったりしてるばかりじゃない。できてる自分もいる。そっちに焦点当てていく方が疲れないはず。

急いだって、焦ったって、所詮わたしの人生、多くの人に影響があるわけではないので、のんびり生きさせてもらって。自分の心を中心に、半径5mくらいのシアワセの確保をまずするべし。
Comment:0  Trackback:0
2014
06.16

『週末』も妄想のタネ

Category: 日記
娘が保育園に通い出して、『1週間』とか『週末』の感覚が戻ってきた。

旦那さんもできるだけ外の仕事を減らして家にいてくれるから『家族で過ごす週末』って感じ。のんびり、できることを身の丈でやればいいのに、愚かな私はまた妄想を繰り広げ、その理想と現実のギャップにオロオロする。

今日は父の日。プレゼントは準備してたけど、もっと喜ばせられることしなきゃ、楽しい嬉しい思い出を作らなきゃって、勝手にプレッシャーを感じて自爆。

なんとか夕方持ち直して、娘と3人、乾杯。「ありがとう」って。食卓に並んだのは、スーパーのお惣菜だし、娘は相変わらず思うようには食べてくれない上、飲み物をこぼしてビエビエ泣いたけど。これも良い思い出。

夕飯前、近所の子ふたりと我が家の庭で遊んだ。たまたま買い物帰り、車から降りるタイミングが一緒で娘が突撃して行ってしまったなりゆき…。30分くらいかな、子供たちはすごく楽しそうに遊んでた。私は少し緊張もしたけど、娘の喜ぶ顔が見られて嬉しかった。ご近所付き合いも無理せず、ほどほどにしないと。

今週は名古屋からじいじばあばがやって来る。半年ぶりかぁ。かっこつけず、病人の自覚もって過ごそう。生理も明日あたり来そうだし、自分に注意報を出しておこう。

家族に心配かけるのが一番ダメだ。


Comment:0  Trackback:0
2014
06.14

考えないように考えないように

Category: 日記
昨日はいつもより楽だった。なんでか。

2歳半の娘。
急に泣き出す(大声を出すのが目的みたいな泣き方)、物を落として「拾えばいいよ」と言うと「お母さんが拾う!」と泣いて怒る、ご飯を食べないでうろうろする、お風呂は「入らない」と宣言される、「抱っこ~」としがみついてくる、「もっとー、あと少しー‼︎」と時間無視の要求、「トイレいかなーい‼︎」、不安定なソファの上を歩き回って得意顔…

ひとつひとつをいちいち、「私が鬱で、ちゃんと接して来なかったからかな」とか「このままでは、たいへんな大人になっちゃう…。」とか、過去や未来を行ったり来たりしてた自分に気づいた。

変えられない過去や分からない未来に心をとらわれてると、どうしようもなさに疲れてしまうだけ。子どもの未来を考えることは、親として決しておかしいことではない。でも、やっぱりどうなるか分からないものは分からなくて、不安だけ大きくなったり、自信が持てずに凹むくらいなら、未来なんか考えない方がいいかもしれないと思った。そしたら、少し楽だった。

無責任な親かなって思うけど、それも出来るだけ気にしないようにしたい。ひとからの評価のために子どもを育てているんじゃないから。どう育つかなんて分からないけど、今、出来ることをやるだけ。

Comment:0  Trackback:0
2014
06.13

落ち込んだら自分に質問するリスト

Category: 未分類
久しぶりの青空。植物たちも嬉しいだろうな、娘も外で遊べるな。よしよし。私は、お迎えまでちゃんと休もう。先週金曜のお迎えから一週間。早く感じる。

昨日、スマホのメモを整理してたら発見。1年前に旦那さんが認知療法のこと調べて教えてくれたもの。


【落ち込んだら、自分に質問するリスト】
全か無か思考にハマっていないか?all or nothing
過度な一般化をしてはいないか?over-generalization
関係ないことを自己に関連付けていないか?personalization
良いことを悪いことに変換していないか?disqualifying
すべき思考にハマっていないか?should statements
悪いことだけピックアップしてはいないか?mental filter
結論が飛躍してはいないか?jumping to conclusion
拡大解釈や過小評価思考をしていないか?magnification and minimization
感情から何かを決めつけていないか?emotional reasoning


…調子の悪いときは、ほんとにどれも当てはまってる。
これまでの経験から、客観的な事実を取り出して歪みや偏りを修正できるように…。トレーニングです。

Comment:0  Trackback:0
2014
06.12

今だけ生きること

Category: 日記
今だけを生きたいんだけど、かなり難しい。

それでも一年前に比べたら、『今』に集中できる時間は増えて来てると思う。ただ娘のことになると俄然、未来と過去を行ったり来たりになってしまう。娘の『今』も家族の『今』も今しかないって、忘れないようにしたい。そしたらきっと、ずっと楽になれる。楽になりたい。それが家族の笑顔に繋がるのも分かってるから。

娘の咳、鼻水少し落ち着いたような気がする。このまま良くなりますように…

Comment:0  Trackback:0
2014
06.11

また明日もいっぱい遊ぼうね

Category: 日記
連続投稿、心が落ち着かない証拠。

娘、今日はお風呂に入らず実家へ行くと言い出した。そうだねって、すぐ見送った。玄関を出るとき「また明日もいっぱい遊ぼうね。」って言われた。

今日は、2時間半ほどの自宅滞在。私は娘の体調が心配でその他余計なことまで考えて不安で、言葉も出て来ず、どんよりしてた。ほとんど遊べてないよ。それでもいいのかな。満足気に「また明日も…」って言われても、なんだか苦しくなるんだけど…素直に喜べばいいことなんだよな。

娘は今日に満足して、明日も楽しみにしている。シアワセなんだ。自宅でなかなか食べなかったご飯、実家で食べさせてもらったみたいだし。だいじょうぶだ、なんとかなる。なるようになる。

ふと思い出した。やなせたかしさんの絵。雨を降らせてる雲の上、お花に水をあげてる子ども。明日も雨らしいけど、あの絵を思い出して少しでも気持ちを明るく持ちたいな。

今、私が娘にしてあげられることはないけど、お母さんとして、お父さんの奥さんとして、生きてますからね。

風邪、とんでーーーいけーーーー。


Comment:0  Trackback:0
2014
06.11

嵐が来てますが、なんとかなるか

Category: 日記
大雑把に言えば、娘の風邪で私の心に嵐が来てる。客観的に見たら、『鼻水、咳という風邪の症状がある』『今のところ熱はない』という状況。いちいちこんなことで嵐になるんです。まだ、今の私は。でも、『この嵐も去る』っていうことも知ってる。

さっき『心配事の9割は起こらない』(枡野俊明 三笠書房)という本を、旦那さんが買ってきてくれた。出来るだけゆっくり呼吸をしながら読もう。


Comment:0  Trackback:0
2014
06.10

雨続き、娘の咳も続いてる

Category: 日記
今日も雨。静か。

昨日はパタパタと動き過ぎた。今日はのんびりいこう。

娘、咳と鼻水相変わらず。熱はない。出ないでほしい。心配だよ…。旦那さんもばあばも本調子ではないから、ジワジワと不安が増してくるのが分かる。

心配や不安になるのは仕方ないとして、『浸らない』『飲み込まれない』ように気をつける。難しいけど。

今日一日、家族が無事過ごせますように。



Comment:0  Trackback:0
2014
06.09

心配したってしょうがないんだけど

Category: 日記
娘、保育園に喜んで行ってくれるようになって、体調も良く、先週一週間は皆勤できた。すごく嬉しかった。

今日も楽しんで行って帰ってきた。けど、咳が多くなってるような…。ご飯も食べるし、「喉いたい?」と聞くと「痛くない」と答える。痛い時は痛いって言うから、本当だと思うけど、少し痰の絡むような咳。熱が出なければいいな…。

お風呂一緒に入って、旦那さんの車で実家に行った。まだ一緒に寝ることはできないから…。できないわけじゃないけど、やったらまた私は壊れる可能性が高いから…悔しい。焦らず、ゆっくりやればいいって思い直してみても、今日のように体調が心配だと、もう、なんというか…。

でも今、私が心配したところでなにも変わらない。出来るだけよく眠って、いざという時に備えるのがいい。

分かってるけど、なんだか落ち着かなくて眠れない。早く眠剤効いてちょうだい。
Comment:0  Trackback:0
2014
06.09

週末

Category: 日記
土日、波に襲われながらも、なんとか過ごせた。旦那さん、実家、娘に感謝感謝。

激しい自責は久しぶりだった。ジワジワとたまっていたのかもしれない。好酸球もなんだか悪化してて、ごめんなさいの塊になってしまった。『あれもこれも全部、私がこんな状態だからみんなに迷惑、負担をかけてる。私がもう少しでもしっかりしていれば…』という思考にはまって、未来もダメになるに決まってる、コワイコワイ、コワイよ…って。旦那さんに「いっぱいがんばってるでしょ。にょろが自分を責める理由が全然分からない。」って言われて、少し客観的になれた。

昨晩は娘、旦那さんとお風呂へ。『お母さんがしんどそうにしてるからかな?』とかんぐる自分は横に置いて、和室でベタッと横になる。お風呂から時々、泣き声や笑い声が聞こえてくる。「ごめんね」なんかいらないんだなぁと思った。『お母さんがするべき』という偏った考えを捨てれば、「お父さんとお風呂、良かったねぇ。」「ありがとう。」でいいんだ。

感謝感謝。
Comment:0  Trackback:0
2014
06.06

降園からお風呂まで

Category: 日記
昨日、途中で力尽きたので今、投稿。

保育園、迎えに行った。金曜日はお昼寝布団のシーツ交換があるから、ばあばにお願いするのは気が引けて。

娘たちは広いホールで先生たちと遊んでた。私に気づいて笑顔で近寄ってきたかと思ったら、踵を返してみんなのもとへ…。さみしくもあり、うれしくもあり。こうやって友だちや先生とかかわりあって、いろんなこと吸収して成長して行くんだなぁと遠巻きに見ながら帰り支度をした。数ヶ月前、保育園に行かせることに罪悪感を感じてた自分は別人みたい。

『食べてくれたらラッキー』くらいの気持ちで夕飯作ったけど、ダラダラ遊んでなかなか食べない。『せっかく作ったのになぁ。』って気持ちがむくむく湧いてきて、つい無理強いしようとする悪い癖。旦那さんがうまく誤魔化しながら食べさせてくれて、私は近寄らないようにしてた。ふたりだけだと、しかも毎日こんなじゃ、煮詰まって当たり前だよなぁと思う。今に感謝。

お風呂は大はしゃぎで楽しかった。耳にお湯がはいって一瞬硬まってたけど、楽しい方が勝ってたみたいで、終始ガハガハ。アンパンマンの泡ソープが気に入っていて、何回もプシュプシュしてた。「お母さんの背中ゴシゴシして」って言ってみたら、手のひらでなでなでしてくれた。『こんなこともできるようになったんだなぁ』しみじみしてしまった。このままお風呂好きになって、もう、お風呂イヤイヤ大絶叫しないでほしいな。でも、その時はその時で仕方ないんだよな。

お風呂上がりはまたもアンパンマンの体操。たどたどしく唄いながら踊る姿、シアワセだった。

一日生かされたことに感謝。

Comment:0  Trackback:0
2014
06.06

2014.6.6精神科診察備忘録

この1か月の様子を伝えた。低めに安定で、時々落ちること。娘との生活の様子。どんなことかあって、どんな気持ちになったか、ダメな時、どう立て直したか…などなど。先生は相槌をうちながら、キーボードをカチャカチャ。

私は先生に「それでいいんですよ。大丈夫ですよ。」って言って欲しいんだなぁと、診察後いつも思う。安心したい。
先生から見て、『治る道を前進してる』って思われてるかな。私は今、どの辺なんだろう。鬱のトンネルの、どの辺なんだろう。怖くて聞けない。

でも、自分で信じなきゃね。たくさん助けてもらいながら、ここまで生きてきた自分のこと。

待ってる時、二人の友達と会えた。二人とも入院中に知り合った。久しぶりで、生きて会えることが本当に嬉しくてハグハグ。直接、命にかかわるような病気ではないけど、精神疾患はいつうっかり悪魔にさらわれるか分からないから。ハグハグ。好酸球が悪化中でなかなか酷い顔なんだけど、関係ないんだなぁって思った。感謝。

皮膚科も合わせて次回は1か月後。とにかく一日一日、生きてこう。

Comment:0  Trackback:0
2014
06.04

叫んでみても

Category: 未分類
珍しい魂からの叫び。

オシャレしたーーーい!

まずこのボサボサ頭をなんとかしたいんだけど、カラーとかしていいのかな。好酸球悪化しないかな。そもそもこの顔で美容室の鏡の前に長時間座るのは苦痛だな…。チーン…。
Comment:0  Trackback:0
2014
06.04

抱っこ

Category: 日記
しばらく咳が続いてる。夜になるとひどくて、よく眠れないので病院に行った。薬をもらって少し楽。夕飯後に飲む薬が8錠になってしまっているけど、しばしの辛抱かな。

好酸球も少しずつ悪化して来て嫌な感じ。一昨日?、娘と一緒に夕飯食べてる時、じーっと顔を見られて…。「大丈夫だよ、治るからね~。」って笑顔で言ったけど、こんな小さい娘に心配かけてると思うと胸が痛かった。本当に治ると信じてはいるけど。

昨日は一日中、ベッドで休んでた。今日も少し辛かったけど、お迎えに行って夕飯、お風呂まで一緒にいられた。ユーパンのお世話になりながら。

また新しい踊り場に来てるのかな。妙な焦りがある。優れない体調と裏腹に。『食べれば元気になれる』って信じてて、がむしゃらに食べてるのもなんか危ない。気をつけないとなぁ。

娘は保育園に少し慣れたようで、お友達の名前を言ったり、「もっと遊びたい」などと言ったりするようになった。とってもありがたい。まぁ、その日の気分でまたイヤイヤもするんだろうけど…。

お風呂上がり娘が抱っこをせがんできた。私は眠そうな娘に緊張して、動揺してしまうんだけど、心の中で、『伝われ、伝われ、大好きな気持ち伝われ』って思いながら、出来るだけぺったり体をくっつけて抱っこした。このまま二人がくっついちゃって一人になったら、もう緊張したりしなくて済むのかなとかも考えた。でも、なんていうかあの抱っこはとっても気持ち良い。抱っこしてるのは私なのに、娘に抱きしめてもらってる感じ。うまく表現できない。抱っこひとつでいろんな感情が湧いてくるものなんだなぁ。

低め安定のこの頃。たくさんの支えに感謝して、無理しないようにいこう。セルフCBTできたらしよう。苦笑。

Comment:0  Trackback:0
2014
06.02

明日の涙は明日流せばいい

Category: 日記
小田和正さんの『キラキラ』をマッキーがカバーしてるのを聴いて、改めて良い曲だなぁと思った。

『明日の涙は明日流せばいい』

明日で留まればマシな方で、ついついずっと先のことを考えて悲観的になってしまう。娘がジリツするまでの遠い道程、親としてやっていく自信がなくて、『無理だよぅ』って力が抜けていく感じ。情けないけど、そんな時が多い。「考えるとそうなるから、考えなきゃいいんだ」って主治医にも言われてる。ごもっとも~。

今日一日、生きればいい。

明日のことや、もっと分からない先のこと、思い悩まないで、今日一日生かされたことに感謝して。おやすみなさい。




Comment:0  Trackback:0
2014
06.01

しあわせの証拠は目に見えるところに貼ろうか

Category: 日記
昨日はお風呂をモーレツに拒否された。旦那さんがいろいろなだめてくれたけどやっぱりイヤイヤ。湯船で待ってた私は『しかたないね』とすんなり思えて、『娘は今、入りたくないんだ。』…それ以上でもそれ以下でもないと感じた。旦那さんがタオルで汗を拭いてくれて感謝、感謝。

今日。

朝はソワソワ。隣家から娘より小さな子の泣き声が聞こえてきたから。我が家は娘、不在。『朝早く起きられない。私は何やってるんだろう…』みたいなことをグルグル考えてしまう。

なんとか起きて、活動開始。旦那さんがいてくれる安心感と、ゼロにはならない自責を一緒に心にもって。家族3人、シアワセな日曜日。

病気になってしまったことは本当に悔しいけど、娘が私たちのところにきてくれたことは本当に本当にしあわせなことで、ありがとうねって思う。思えるようになってきた。

直接的に支えてくれる家族と、離れてても思ってくれるたくさんの人達の支えに感謝して、一日一日生きてく。また嵐は来るんだろうけど、その時はその時。
今日のような日があることを、思い出せますように。しっかり憶えておく。写真を撮ったから、目に見えるところに貼ればいいかな。しあわせの証拠。




Comment:0  Trackback:0
back-to-top