2015
04.28

2015.4.28精神科診察備忘録

先月の診察備忘録を書かないうちにひとつき経ってしまいました。仕方ないですねぇ。

細かく書くのが面倒くさいので、私の感触だけ…。笑。

自然とマスクをとって、緊張せず話せました。『こんなこと言っていいのかな』とか考えず思ったまんまを話せて、もう既に自分の中で折り合いをつけた事柄たちを先生に報告できた…って感じでしょうか。

保育園にいる私の同級生の話やら、お近所のことやらについての話では、「ズケズケと入ってくるような相手でないのであれば白黒はっきりつけない『大人に関係』っていうのが、いいのかもしれません。こういう(病気)の話題とかはねぇ。」だそうです。なんだか『大人な関係』という響きが面白いし、腑に落ちました。今日の先生の言葉からの収穫でした。

娘の生活?についても、「それでいい」とのこと。

うん。

これでいいのです。多分。

たくさんの支えに感謝しなぎら、楽に生きていくことが結局はまわりの笑顔を増やすんだろうと思います。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
04.28

2015.4.28皮膚科診察備忘録

ずっと前に診てもらったことのある先生でした。気さくで話しやすい。

この1か月は落ち着いている日が多く、右頬に少し症状が出たけど、インテバンをチョンチョンと少量塗って、4日くらいで落ち着いたことを話しました。

内服薬での体調の変化もないということで、同じ処方でまた1か月後。

紫外線対策について、いろんなグッズが出てることを教えてくれました。先生自身、運転する時とかいいかなぁと思ったそうで。(顔を覆うようなもので、いろんな柄が出てるらしい。)

「肌きれいですよ」と言われて泣きたい気持ちでした。またいつ出てくるか分からないけど、良い状態が少しでも長く続きますように…。


Comment:0  Trackback:0
2015
04.25

更新頻度が落ちます

Category: 未分類
しばらく書いてませんでした。
何かあったわけではありません。
小さな波、中くらいの波はありつつ、日々、家族や友に助けられて生きていました。

ブログを書こうとすると、『うつ病患者である自分』を認識する?ので、それが嫌で書こうと思えなかった今日この頃。

好酸球性嚢胞性毛包炎と同じです。
調子のいい時には病気のことはできれば忘れたいのです。

こうやって、見ないふりしてるうちに少しずつ病気とさようならできたらいいのに。

このブログは、閲覧者が大変少ないのでそんな責任感を持つ必要はないのですが、闘病ブログが途中でぷつりと更新されなくなると、何があったんだろうと心配になられるかもしれないので、ここに記しておきます。

更新頻度が落ちてるのは、このブログの場合、調子がいいからですよ。心配無用です。

本当に伝えたいことは娘に手紙を書くようになりました。書きためていて、こんなことがあった、あんなことがあったって、いつか娘が読んでくれたらいいなぁって思いながら書いてます。

それでは。

鬱は苦しいけど必ず治ります。

Comment:0  Trackback:0
2015
04.16

花見からライブ

Category: 日記
今日は午前中、お花見をしました。
家族3人。
旦那さんが握ってくれたおにぎり持って。

風が強くてちょっと大変だったけど、あとは楽しかったです。どろんこになって遊んでる娘をみて、『私はよくここまで来たなぁ』と思って、幸せを噛みしめました。ありがとう。家族に感謝です。自分も褒めます。がんばって生きてこられたね、と。これからはそんながんばらずに生きられるようになるよ。

夕方はシングライクトーキングのライブ。楽しかったなぁ。これを楽しみに厳しい冬を耐えたんです。終わってしまってションボリ。また来年きてくれるかなぁ。あ、明日は槇原敬之さんのライブなんです。たまたま続いてしまい、体が持つんだろうか。今、既に筋肉痛です。涙。

ライブ。去年もいくつか行ったけど、今日は本当にただただ楽しかったです。鬱のことも娘のことも頭をよぎらなかった。去年までは、できることが極々少なくて、そんな中でライブに行くなんて申し訳ないと、どうしても思ってしまって罪悪感があったけど。今年は、だいぶ家事育児ができるようになってきたから、罪悪感が小さいんだと思います。

すごく眠いんだけど余韻に浸って眠りたくないや。本当に良いライブでした♩





Comment:0  Trackback:0
2015
04.15

新しい一歩

Category: 未分類
まずは旦那さん、ばあば、娘に感謝‼︎
家族のあったかい気持ちがなかったら、今日、行けませんでした。

どこに行ったかは具体的に書けませんが…。予備校生の時に知り、興味はあったのに、いつのまにか忘れてしまっていたところです。

そちらに最近また新聞で『出会い』、ひかれるようにドアを叩きました。宗教とかあやしいものではありませんよ。笑。

行く前は緊張で胸がギューっと苦しくなりましたが、行って良かったです。

新しい人との出会いがありました。

それと、大事なのは自分の中に眠ってたものが目を覚まし始めたこと。わくわくすること。頭を悩ますこと。考えること…。

うーん。楽しい^ ^

帰ってきて、娘と旦那さんが家で待っててくれた。いつもは時計とにらめっこで娘の帰りをじーっとまってるけど、こういう風に娘に会うとなんか不思議な感覚。かわいさ100倍な感じでした。

「ばあばのとこにいくー」と泣かれたけど、そんなに辛くならず流せた(動じなかった)結果、とってもにこにこして寝入りました。 

良いリハビリになりそうです。

もう一回、旦那さん、ばあば、娘、ありがとう。





Comment:0  Trackback:0
2015
04.13

不安やこだわり

昨日のあの折れっぷりで、今、娘の隣で眠れていることはすごいこと。 着実に治ってきてます。 いろんなものへの不安、こだわり、緊張がだいぶ緩くなってきています。 


ちょっと前まで、娘が泊まりに来るときには翌日の朝ごはんが心配でたまらなかった。私たちが食べてるような、パン、卵焼き、ソーセージ、そんなもんでいいのか?って思ってました。もっと野菜を出さなきゃとか、魚焼いて、ご飯の方がいいんじゃないか味噌汁は?とか …。今でも、ちゃんと食べてほしい気持ちに変わりはないけど、メニューについての心配はほとんどやめました。出したものを食べてね、という感じ。 

洋服だって。翌日なにを着るのか、天気予報を見て、考えてました。気温が低いとなるともう心配で、あったかくあったかくするためにどれを組み合わせて着せてあげれば保育園であったかく居られるか。2パターンくらい用意しないと安心して眠れませんでした。今は朝起きたら決めます。基本、あったかいのと動きやすいのがメインで、あとはよっぽど配色がおかしくなければオッケー。そんな感じです。楽になっていくものです。 

無意識だけど、これらの変化はCBTの賜物だと思います。 「Aというやり方がベストだ!そうしなきゃ!」と思ってたのに、Bのやり方でしかできなかった時、Aじゃなきゃ大変酷いことになると思っていたのが実際はならなくて済んでる!大丈夫!という経験(客観的事実)をちょっとずつ積んでいるんです。ものすごく地味だけど着実な心の改革です。もう眠い!変なところがたくさんあると思いますがお許しを。


Comment:0  Trackback:0
2015
04.12

ぐだぐだと。

Category: 未分類
久しぶりの晴れなのに、くたびれてました。

心の中のコップに、ぽたんぽたんと雫がおちて、コップの小ささゆえ、雫の大きさゆえ、あっという間に溢れる。そんな感じの今日この頃。

昨日も今日も似たようなことで、私は辛い悲しいと感じてしまい、それをうまく伝えられず、また疲弊し、なんだか鬱のひどかった頃に連れ戻されそうな恐怖を感じていました。そんなことはないと信じますが。

正直何もかも嫌になってしまいました。ついさっき。どうやったら伝わるんだろう、分かり合えるんだろう、みじめさ悲しさにもう少し寄り添ってほしい、努力を認めてほしい、そんな言い方されると辛い…などなど。こう書くとただの自己中の戯言に見えるのがまた悔しいです。


助けてくれる家族に私は本当に心から感謝しています。それと別問題で、助けてもらってたって言われて嫌だと感じることや辛くなることに対しては、病気の特徴含め、ちゃんと伝えていかなくちゃいけないと思います。自分が我慢すればいいという考えは、この病気に特によくない。

認知行動療法でもやったけど、うまく伝えていくことが大切。

今日の私のやり方は完全に失敗で、玉砕してしまいました。形的には大きな声でヒステリックな言い方をしていた相手だってそれは本意じゃなかったろうな、私のせいでまた辛い思いをさせてしまったなと反省しています。


なんかもうイメージ的に半径1メートルくらいの輪の中をぐるぐるぐるぐる頭抱えて歩いて泣いてるのがもううんざりでした。

何かあると考え続ければいい道が見えて、涙も怖がる気持ちもなくなるかもとしがみついてしまうけど、思い切って捨ててみました。心の中で、この問題をとりあえず今は捨てると決めて。

捨てたって、嫌だってまた必ずかかわらなきゃいけないんだし。

それで、自分の今したいこと、病気を理由に我慢してたこと、に一歩近づく行動を起こしました。

抽象的過ぎてわかりづらかったと思います。具体的に書くのが辛かったので失礼いたしました。


Comment:0  Trackback:0
2015
04.06

予防接種

Category: 娘のこと
昨日、自宅にお泊まりだった娘。寝るとき、ごろんごろんして私の太ももに頭を乗せて寝付いた。可愛かった。でも、お、重い…。

私はしょっちゅう目が覚めて、 寝た感じはしないんだけど、旦那さんがいることに安心してか、それほど朝は辛くはなく…。

午前、近所の小児科に、娘の日本脳炎の予防接種に行った。役場に行って予診票を貰って来なければならず、健康福祉課というところで家族構成やら病気のこととか申告しなければならなくて、『母、鬱病』と記入。職員さんに、かかりつけ医のこと、飲んでいる薬の事を聞かれ、育児してて困ってることはないか聞かれた。今、特に相談するようなことはないから、大丈夫ですと言いました。

予診票を貰って一旦自宅に戻り、記入。それを持って小児科へ。娘は注射に対してなんだか自信を持っていて「こわくない」を連呼。実際、聴診器も喉を見るのも、注射も泣かずにクリア。すごいなぁと思った。待合室ではフレンドリーに他の子に話しかけて行ってました。

なんていうか。親はこんなだけど、関係なく子どもは子どもの持ってる力で社会と関われるんだなぁと感じます。親がどう言い聞かせてきた、とかそういうのとあまり関係なく。

無事注射が終わって、帰ってきて、今日は家で仕事だった旦那さんにもたくさん遊んでもらえてうれしそうだった。

あいかわらず、娘は実家に行くとき、ものすごーく嬉しそうで、そういう娘をみて凹んでましたが、なんというかそれはありがたいことで、娘にとっても、家族にとっても良いことなんだということに納得してきています。

娘はほんとにすくすくかわいく育ってます。これでいいのだ、と自分に言えることが少しずつ少しずーつ増えてきてるかな。

睡眠剤が効いてきて支離滅裂ですね。

疲れました。寝ます。
Comment:0  Trackback:0
2015
04.04

進級式

Category: 未分類
一昨日の記事です。

******************今日は娘の保育園で進級式がありました。

私は昨日から、いや、もっとずっと前から緊張していました。「ちゃんとしなきゃ」病。それから「へんな人だと思われたくない」病。苦笑。旦那さんには「主役は娘。」と言われて、それはまったくその通りなんだけどねぇとしか言えず。

でも旦那さんも来てくれたので、緊張も半減。娘の少しお姉さんになったような、そうでもないような姿を見守ることができてよかったです。おめかしして、可愛かったなぁ。普段は動きやすさが一番の格好しかしてないから。女の子なんだからもう少しかわいくしてあげたほうがいいのかなぁとか思いました。本人、嬉しそうだったし。

新しい担任の先生はみな感じがよく信頼できそう。よかった。
Comment:0  Trackback:0
2015
04.01

新しい環境

Category: 娘のこと
娘は昨日から新しいクラスにお引越し。今まで1階だったのが、2階に。先生は3人中ひとりはもちあがりだし、クラスメートもほぼ同じ。

それでもやっぱり環境が変わったことに違いはないからか、朝、教室に行くのを若干嫌がるようです。(昨日はばあば、今朝は旦那さんが登園して様子を教えてくれました。)

そのうちまた慣れるだろうと思いますが、しばらくは何かと気を遣いそうです。

教員やってる時のこと、どうだったかなぁと思い出しました。新学期は環境が変わるのが当たり前で、慣れるのもまた当たり前で。

子どもの不安な気持ちには鈍感だったような気がします。「新しくなったんだから、まぁ、とにかくよろしくね!」くらいの…。今思えばだいぶ雑ですが、逆に言えば、それでなんの問題もなかったんだということは大切な事実です。

新学期。『ゆっくり、適当に』を心がけて、心身共疲れを溜めないように気をつけたいと思います。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top