2016
01.31

科学館

Category: 日記
今日は旦那さんがお休みだったので、3人で出かけました。

初めて娘を連れて行くのと、私の知り合いに会うのと、ぼちぼちインフルエンザが流行りだしているのと…。ど鬱の時とは比べものにならないとは言え、やっぱり緊張はしました。でも、娘がかなり楽しんでいて、あー、よかったぁと思いながら私も楽しめました。そもそも私が学生の時にお世話になった場所だし、お会いしたのは旦那さんと私を結びつけてくれたキューピットさんだし、そこに家族3人で遊びに行くというのが、なんか不思議で、縁を感じて懐かしくも嬉しくもなりました。

娘はシャボン玉の中に入ったり、魚見たり、虫眼鏡つかったり、スチロールのボールを空気の力で浮かべたり…。お昼も含めて3時間ほどの滞在。いつもとは違う楽しい世界でした。

帰ってきてからは手巻き寿司大会。笑。
娘がもっといろんなお刺身が食べられるようになったら、しょっちゅうやりたい。私は酢飯、大好き!娘はいくらとマグロ一切れはチャシンジして、あとはツナ。今日は疲れて?眠くてぐだぐだだったけど、巻き巻きするの楽しそうだった。いろんなことができるようになったんだなぁと改めて思います。

食後、ケーキのデコレーションをして、お祝いしました。旦那さんのお誕生日が近いので、極ささやかーに。娘のくしゃみがかかっちゃったけど、笑、美味しく楽しくいただきました。歌を歌ってろうそくの火を消すとき、娘がすごい勢いで消しにかかってきて、爆笑。本人は何がおかしいのかわからない感じで、それがまたおかしかった。

こういう1日が本当に宝物だなぁと思う。

懐かしい人にも会えて、社会にまた一歩?いや半歩進める可能性も出てきました。不安も大きいけど、41にもなるので、人生あと半分だと思って、考えすぎず、やりたいようにやってみよう…かなぁ。苦笑。優柔ウルトラ不断。

私はなにがしたいんだろう…。ぼちぼち考えなきゃ。ネックは保育園なんだよな…。また次回。


スポンサーサイト
2016
01.30

精神科診察備忘録2016.1.29

約5週間ぶりでした。

年末年始、ばあばや旦那さんの体調不良で心配したこと、自分も婦人科の検査で心配したこと、それからこの前、どうしようもなく泣けてしょうがなく、娘の前で泣いてしまったことなど話しました。

家族の不調が心にかける負担は、健康な人であっても大きいもので、物理的なお世話などもあるから身体的にも大変なもの。不安や心配、罪悪感が強くて責任感の強過ぎる鬱の人にとって、それは本当に大変で…。先生には「よく頑張りましたね~」と言われました。

娘の前でめそめそしてしまったことについては、いろいろつもりつもったんだろうけど、最後のきっかけはなんだったかと聞かれ、「塗り絵を真っ黄色に塗られたのを見たこと」と伝えました。

「泣いてる時はどうしてました?」と聞かれ、「お母さんはなかなか病気が治らなくて悲しくて悔しくて、泣いてるんだ。泣く時もあるんだよ。でも、泣いたらまた笑えるからね。」というようなことを伝えたこと。娘は一緒に泣いてしまって、でも、リラックマの格言「泣いたり、笑ったり、また泣いたりなんだよね~。」って私に教えてくれました。私はそのことがとっても申し訳なくて、つらかった。

長~い話を聞いて、先生は「娘さんは、ちゃんと優しい子に育ってます。」「リラックマとかの言葉でお母さんを精一杯励まそうとしてたんだと思います。心が育ってる証拠ですよ」と言ってました。うううううーう。そうなの?そうなの?ますます泣ける。笑。

私、育児に関して信頼できるのは毛利子来先生とこの精神科の主治医だけって心で思ってるので、今回だいぶ安心できました。

トレドミンは減らして、変わったことなければ減らしていいそうです^ ^

いっぱいお話きいてもらって、安心して、またぎんばろう。
Comment:0  Trackback:0
2016
01.30

皮膚科診察備忘録2016.1.29

いつもの女医さんでした。なんかいつもと違ってやたらテンション高くて面白かった(^_^;)

この1か月の調子を聞かれ、やっぱり体調不良やストレスかかった後に、症状がでることを話しました。インテバンは調子のいい時は、朝か晩のどちらかだけでいいというお話だったので、そうしてました。だから残薬が結構あり、今日は少なく処方してもらいました。

それから、薬の塗り方について質問。眉間に出た症状にプロトピックを塗ると眼球が熱をもつ感じがするので、それは副作用なのか先生に聞いたら、薬の影響ではなさそうで、目が疲れてるって教えてくれました。瞼をめくったりしてみてくれました。皮膚科なのに。おどろき。

そんなもんで特に新しいこともなく。現状維持でまた一月後です。
Comment:0  Trackback:0
2016
01.27

Category: 日記
今日はどんより重たいブログになります。書くのも怖いですが、書いてちゃんと心の整理しないと、苦しみ悲しみが続くから。
発端は昨日の朝の保育園送迎。教室に入ったら私になんかいってらっしゃいもそこそこに遊び始める娘が、なぜか昨日は私から離れずベタベタしてくる。「また来てね。」とか今まで言ったことないような切なさ感じるフレーズまでつきさしてくる。まあ、その日は私にしたら頑張っだから、、 実家にお願い(娘だけ泊まる)予定だったんだけど、なんかそこでまず第一の罪悪感と不安感。
夕方迎えに行ってくれたばあばに電話をして、娘はいつもとかわらず、じいじばあばと楽しく過ごした様子をきいた。なんとなくばあばの話し方がいつものように明るくない。何かを隠してる時の話し方。聞いても「なんでもない」しか言わず、信じるしかないけど、これまでの経験から、あとになってなにかしらの告白があるやつだ。不安が大きくなる。
夜は旦那さんと一緒にごはん。娘の昔の写真をいっぱい見た。はじめは単純にかわいいと思ってたけど、だんだんいろんな記憶がわいてきたりひて、辛くなった。この写真のすぐあと入院したとか、こんなかわいい時期にわたしはどうしてたんだとか、娘に対してごめんという気持ちが出てきて、情けなくて申し訳なくて苦しくなった。涙が出て、旦那さんにいったら、うまく伝わらず気分を害したようにぶちっと切られ、それも申し訳なかった。かわいい娘の写真を流してるだけなのに、泣くとか苦しいとか、たしかに嫌な感じがするだろうし。旦那さんは悪くない。
2日ぶりにぐっすり眠れて、朝、体が軽く動けそう。実家にお願いした時は保育園の送りはそのままばあばにお願いするか、できるときは旦那さんがする。私はなんとなく避けてること。でも、前日のことがあったから、少しでも私も娘と接触?した方がいいと思って、送りにいくことに。電話で伝えるとばあばは賛成してる。娘はわからなかった。でも、とにかく行くぞ~、今年のステップアップとして、実家に預けた朝も私が送っていけるようになりたいーって、意気込んで行ってしまった。
娘はもっと遊びたかったらしく、私が行っても、ムスーとして、家から出ない。こういうことも想定してたし、ここはほとんど動揺しないで、娘の気持ちが向くように明るく、雪の話とか当番カードの話をしたら、くつを履き始めた。娘の心の成長に感心したし、やっぱりちょっと動揺してた自分に気づいて保育園に向かうわずかな時間、へんな緊張感があった。
保育園について、娘の当番カードを見て、娘もうれしそうでにこにこと別れた。ただ他のクラスの子供が入ってきていてわーわーと遊んでいるのが、いつもは気にならないのに(微笑ましくさえ感じるのに)今日はすごく、嫌悪感があった。うるさいなぁって…。ひどい咳をしてる子もいて、なんとも嫌な感じ。咳の子は前の日もいたから、うつさないでよ…っていう嫌悪感かな。嫌なやつだと自分でも思うけど、正直なところ、ひどい咳で登園してる子みるとすごい冷酷な気分になってしまう。子は悪くないし、うちの娘だって。お互い様なのに。
で、朝調子がいいと思ってたのに、家に着いた頃にはどっと調子が悪くなって、しかも酷い眠気。昨晩あんなに眠れたのに。少し休んでから動き出そうと思ってたのに、昼までうとうとを繰り返し、やっと1時くらいから洗濯干したり、お風呂掃除したり、夕飯の下準備を始めた。ずっとなんだかわからない気分の重さを引きずりながら。半分流そうと、半分CBTでちゃんととらえようと、なんか半端で、もやもやした気分のまま迎えの時間。
娘は駆け寄ってきてくれた。けど、なんかむすっとしてる。ばあばの方が良かったかな。そんな気持ちが頭をかすめ、悲しく不安になる。
なんとかいつもどおりのつもりで家に着いてから過ごしていたけど、娘がまたとまってた鼻水出し始めてて、苦しそうで、手の湿疹も耳のガサガサも少し悪化してて、あー実家に預けるとこうなる…はぁ…って、娘に対してごめんと、じいじばあばに対してのすごく複雑な感謝とがっかり感を感じて、最後はやっぱり私自身がしっかりできてないから、私は娘にすごく悪いことをしているようで、罪悪感が一気に大きくなった。体も動けず、遊んでもあげられない悪循環。こんなんじゃ、つまらないなら、やっぱりばあばのところがいいんだろうなぁって、不安と悲しさ。
なんとか夕飯は笑顔で食べたけど、その後の塗り絵。娘がぬりえをするといって私の膝の上にのってた。私はぼーっとしてた。ふとみたら黄色一色でお姫様をぬりつぶしていた。それを見て、私はこう思った。「こんな塗り方をするのはおかしい。情緒に問題があるんだ。それは私のせいだ。保育園でもこんな塗り方したら先生方に不審がられる。やっぱりうつの母親だから…と思われる。』と。そしたらなんか娘になんでこんな塗り方したのか問い詰めてしまった。こういう塗り方やめてね、と。それは娘の上達を願うものではなく、私がだめな親だと思われたくないがためで、ほんとにほんとに最低な母親だと、もうひとりの私がすぐ隣でにらんでる。
娘は悲しそうだった。好きなら少しずつ上手になるよ。上手に塗れる時もあるもんね。と、なんとかフォローをしたつもりだけど、私自身ださっき放った言葉の棘に比べたら、なんのやくにもたたなそうだった。
その後すぐごろ、娘の背中見てたら涙が出てきて止まらなくなった。一生懸命ごまかそうとしたけど、ボロボロボロボロなんでか分からず溢れてきて止まらない。顔を合わせないよう「布団を敷くからそっちで遊んでね」とか言ってみたけど、娘は私の様子がおかしいこと気づいて、娘まで泣き出した。本当に私は最低だ。子供をこんな心配にさせて。娘は謝るから、何にも悪くないよって強く言って、お母さんがなかなか病気が治らないのが悲しくて、〇〇(娘)にごめんね、って思って涙が出るんだ。と教えた。娘の涙は、なんだったのか、大丈夫だよ、心配ないよ。ずっと笑ってるのは難しいし、ずっと怒ってるのも難しいし、泣いてもいいんだよ、その後笑えるからね、お母さんも泣きたいときあるんだよ、でも、それはこわいことじゃないよ、などなど思いつく限り、娘に不安が残らないように話した。娘は「泣いて笑ってまた笑うんだよね。」と、リラックマの本の言葉を教えてくれた。とまりかけてたなみだがまた出てきて、ほんとやっちゃいけないのにな、娘を抱っこしてしばらくの間泣きました。
すこしすっとして気持ちを切り替えてお風呂に入って寝ました。途中帰ってきた旦那さんには合わせる顔がなく、でも伝えなきゃと思って、コツしてブログにしました。
新生児の辛かった時、泣きながらおむつ替えをしてたら、「そんな顔で娘に触らないで」って言われたのがすこしトラウマで、今回のようなことはとても言いづらい。ごめんなさい。
私の全部の行動が、娘にとって悪影響を及ばす不安は強い。
どうしたらいいのかな。なんか泣き疲れた。なにも得られてない。旦那さんともっとゆっくり話したい。くだらないって一蹴されるか。
助けてほしい。助かりたい。この波から逃れたい。
2016
01.24

Category: 日記
よく見かけて、確実にプレッシャーになってしまう『子どもの就寝時刻』。8時に寝ますとか、どうやるのって思うけど、今日、できました。

朝6時半くらいに起きて、昼寝させず遊ばせ、夕飯5時前から食べ始めて、また遊ばせて、7時ちょい前にお風呂に入り始めて。

ひとつひとつが時間かかりがちなので、すごい前倒し感が漂います。

平日とか、旦那さんいないお休みの日とか、こんなのは無理です。

早く寝てくれて嬉しいはずが、眠剤いつ飲めばいいか悩みます。調子が狂って困ってるくらいです。苦笑。ないものねだりのわがまま人間です。

だらだらとネット見ると調子悪くなるから、このブログ書いたら、クックパッド見て、楽天のバレンタイン特集見て、眠剤飲みます宣言。

今日はかまくら作ったり、そりで遊んだりして、娘と旦那さんがキャッキャと笑う顔が見られてしあわせでした。

去年は思うままに雪をスコップでかいてた娘でしたが、今年はちゃんとかまくらを作るお父さんの手伝いをしてました。すごいなぁ。かわいいなぁ。なんか、こういう光景がしあわせ過ぎて現実感がなくなるような感覚もありました。ビデオ撮って、ちゃんと本当にあったことなんだと残しました。

雪がただ全てを閉ざすもののように思えてたのが、3、4年前かな。今は確かにいろいろ大変だけど、笑顔と一緒に思えるものになりました。

感謝感謝。はいクックパッド、クックパッド。

Comment:0  Trackback:0
2016
01.23

神経図太く

Category: 日記
このごろ、ブログ書いてアップせずに寝てしまうことが多くて、朝起きてから、『あ、どうしよう』となります。苦笑。せっかく書いたの勿体ないから、よっぽど時代遅れ?でない限り、あげるようにします。

今日は、娘とふたりだけの土曜日。今日も、か。旦那さん、最近、週末も仕事が入ってること多いけど、なんとか頑張ることができてる私、偉い。これもひとえに平日、保育園に預けて療養できてるからです。感謝感謝。

娘もだいぶ成長して、できることが増えてるし。

まぁ一番は私が神経太くなって、頑張らなくなったのが良いのかもしれません。今日だって、本当は掃除した方が良かったと思うんだけど「ま、いっか。」で済ませました。

食事も。献立として成立しないよなぁと思う。例えばお昼。おにぎりとコーンスープとハンバーグとかぼちゃの煮物とトマトって。ね。残り物とか冷凍してたやつとか、あ、汁物ないなー、でも味噌汁昼から作りたくないなぁ、みたいな。汗。

旦那さんがいるとちょっと流石に申し訳ないと思うだろうけど、娘と二人だと、献立としては疑問でも、栄養素的にはそれほど問題ないって決めつけて、おいしいねーと言いながら食べられます。

このごろ、時間はかかるけどなんでも食べてくれるようになったから、楽だし。

子供の成長ってすごいんだなぁ。

あれ、話がそれました。私が図太くなったという話でした。

そうは言っても根が真面目っていうか融通がきかないっていうか、そういう人間なので、これでも十分よくやってるほうだと思います。はい、自画自賛の2016にします。

明日はねー、あん大福つくりたいの。うーん。ダイエットなんてアホくさい。食べたいもの食べて死にましょうね。ではでは。



Comment:0  Trackback:0
2016
01.23

2016.1.22

Category: 日記
体だるくて頭が痛い。ズッキーンていう頭痛。

頑張ってお迎えにいって、夕飯、お風呂、寝かしつけ頑張りました。遊びも織り交ぜながらだから、ちょっと遅くなったけど…ま、明日休みだし、少しのんびりでもいいかとかおもえるようになったのは、すごい成長です。

寝かしつけで寝たふりしてる時、いろいろ考えてしまうんだけど、今はやっぱり血液検査の結果が不安。

考えても仕方ないし、なんの根拠もないけど、多分異常なしだと思うから、もう考えるのやめたい。やめーーーーーー。


Comment:0  Trackback:0
2016
01.22

取り越し苦労

Category: 日記
昨晩はまた怪しい腹痛がありました。早目にセデスを飲んで前のように苦しむことはなかったけど、なんなんだろうなぁ。

お昼にカップ焼きそば食べたせいか、すごく喉がかわいて、冷たいオールフリーをグビグビ飲んだから、お腹が冷えたかな。旦那さんも娘もいて、安心な反面、心配かけたり不安にさせちゃいけないと思って、ちょっとムリしてしまった…。

私は小さい頃、母親が具合悪くなってひどく苦しむ姿をたくさん目の当たりにしてきて、その度不安だったから…。娘には同じような思いをさせたくないと思ってしまうのです。

寝かしつけでは、旦那さんが先に寝落ちして、私はひたすら寝たふりをして娘が寝るのを待つんだけど、昨日は何回もトイレに行きたくなって、これじゃぁ、娘は寝付けなくて寝るのが遅くなる(そして生活リズムが乱れる、そして健康が損なわれる…うぅ…)と思ったけど、何回目かのトイレの後、戻ったら娘は寝てました。取り越し苦労でした。苦笑。そんなもんなんだよなぁって、勉強になりました。

自分が思うほど、悪いことは起こらないということをちゃんとおぼえておこう。


Comment:0  Trackback:0
2016
01.21

寝ぼけ

Category: 未分類
昨晩は1時に目が覚めて、娘の寝ぼけてる?様子を見てしまい、怖くなってパニックになりそうでした。旦那さんを起こして、助けてもらいました。

寝ぼけの何が怖いのか。大きくふたつ、私の思考回路。

①寝ぼけてる→ちゃんと眠れていない→成長に悪影響を及ぼす

②寝ぼけてる→ちゃんと眠れない→なんらかの病気をもっている


…。認知行動療法やった身として、抵抗はするんです。

「娘は、大きな病気をせずに育ってる。」
「娘は、発達上特に問題があるようには見えないし、検診でも指摘されたことがない。」

昨晩も何度もこんな風に事実をちゃんと見ようとしましたが。夜中は鬱が手強い。

寝ぼけて?布団の上にちょこんと座ってる娘に、声もかけられないし、そのうち寝るだろうと気楽に思うこともできないし、とにかくどうすることもできず、ただジリジリと緊張して、お願いだからまたすやすや寝て、と祈るしかありませんでした。5分の長いこと。1時間は寝ぼけてる様子でした。

やっとまた動かなくなったところでだんなさんに助けを求めに行ったわけですが…。その後もよく眠れませんでした。

でも、今朝は3人で1つの布団でこちゃこちゃと遊べて、ものすごく平和で幸せでした。

今日は私がリハビリだったので、実家にお願いしてます。ちゃんと寝てるかな…。






Comment:0  Trackback:0
2016
01.19

泣いていい

私は私の勝手で泣くのを我慢してるくせに、(私にとっては)くだらない理由ですぐ泣く娘に対して、『私はこんなに我慢してるのに、そんなくだらないことで泣くなんて、腹立つ!』と思ってしまってるんだということに、今日、気がつきました。

だから、泣きたい気分の時は我慢し過ぎず、程良く泣くことにします。

泣いていい。

泣いたって、変えたい状況を変えることはできないかもしれないけど、泣くのを自分に許すことで気持ちが楽になったら、生まれるものや変わることがあるかもしれない。

面倒くさいこと書き並べましたが、つまりは、「八つ当たりしてごめんね」って話です。苦笑。






Comment:0  Trackback:0
2016
01.18

雑記

Category: 未分類
ばあばの調子が悪い。
ユーパンを飲んで、最初のショックを和らげて、後はCBTを頭でやりながら、体を動かし続けてました。目の前にあるできることだけ、ひとつずつやって、不安に飲み込まれないように頑張りました。

インフルエンザが娘の保育園でも出始めたり、娘の湿疹と鼻水が出たり引っ込んだりしたり、旦那さんは相変わらず多忙だったり、ドカ雪が降ったり、メールがさっぱり返ってこなかったり、婦人科通院して、今、血液検査の結果待ちだったり、またボランティアは休まなきゃいけないのかと申し訳なく思ったり。

そんな重大なことではないけど、こまごまと、私の小さなストレス壺を満たしていく感じです。

どれもこれもわたしにできることはやって、あとはどうしようもないんだよなぁ。

「明らめることの総練習」かってくらい、なんかいっぱいある。

とりあえず、カミキリムシみたいな歯ぎしりの音ならしながら私の枕元に寄ってくる娘が元気でかわいいから、本当に救われる。

まもってるつもりで、わたしは娘に守られてるんだな。

あんな小さい体に、すごくおおきな宇宙があって、なんか娘に抱っこすると、吸い込まれるような気持ちになる。

娘、わたしのところに来てくれて本当にありがとう。






Comment:0  Trackback:0
2016
01.17

嬉しかったこと

Category: 未分類
娘と二人だけの土日、無事に終わりました。ほっ。

嬉しかったことふたつ。

私が指をちょっと切ってしまって、洗い物する時に「いたたた…」ってなったら、娘がアンパンマンの絆創膏を持ってきてくれたこと。胸がギューっとなる感じでした。ありがとう、心を込めて言いました。

もうひとつ。「お母さん、生まれ変わったら○○(娘の名前)になりたい。」って言ったら、「○○はお母さんになる。お父さんはそのまんまでいいね。お母さんになった○○が、○○になったお母さんにブロックで遊ばせる。」って。びっくりしました。希死念慮があるとかそういうことではなく…。娘がとっても幸せそうに見えて、娘みたいに溺愛?されてみたいなぁと思って言いました。話しかけてもちょいちょいスルーされることがあるので(苦笑)、独り言みたいな言葉にこんなお返事されて、ちょっと泣けました。笑。

今日の午後、本屋さんでおーなり由子さんの『365日のスプーン』を見つけてぱらぱらめくったこともしあわせでした。絵本を優先してしまって買わなかったけど…アマゾンでぽちっとしようかな。
Comment:0  Trackback:0
2016
01.16

事実を他人に伝えること

Category: 未分類
お腹の痛みはなくなりました。喉元過ぎれば何とやらで、病院に行くのが憂鬱になってきてます。婦人科って、ほんと…。でも、週明け行きます宣言しときます。笑。
昨日の夕方、実家にお願いしてた娘を朝(と言っても9時過ぎ)迎えに行って、寝かしつけまでひとりでした。迎えに行った足でスーパーで買い物した以外はずっと家の中…。まったり過ごしました。耳鼻科通いを頑張っている成果か、娘は鼻水も咳も止まってますが、やっぱりこの時期の外遊びはきつい…。かと言って、ずっと家の中も辛いんだけど。まぁ。なんとかかんとか過ごせてることが素晴らしいと思います。
そういえば、朝に行ったスーパーのキッズコーナーで、お子ちゃま連れの若そうなママといろいろ話しました。保育所行ってると言えば、お仕事してると思われて当たり前で、その辺がちょっと面倒…。保育所も幼稚園も少ししかないド田舎だから、すぐに顔が割れそうでテキトーな嘘もつけないのです。
「一応、教員なんですけど、産後うつ病になって、今は休職中で保育園にお願いしてるんです。」
言えない…。言ったらどうなると思うから、私は言えないんだろう。
『うつ病ってことは頭が変な人アブナイ人』って思われて、もう喋ってもらえなくなる、とか。
うつ病の母親に育てられてる娘さんは、きっとなんか問題を抱えてるだろうからという理由で、「○○ちゃん(娘)とは友達にならないんだよ」と言われて、娘が寂しい思いをする、とか。
『うつ病なんてただの怠け者なんじゃないの』と思われて、冷たい態度をされる、とか。
3つ考えただけで、疲れた…。
でも、考えてみたら、そんなことで冷たくされたり、娘に友達ができなくても、なんか別にいいような気もしてきました。
本当のことを伝えて理解してもらえた上で繋がりを持てるような人とだけ繋がれればいいような…。
うーむ。そうは言ってもなぁ。
来月頭に今年度最後の保育参観懇談会があって、気が重いです。
しゃんとせい、私。
Comment:0  Trackback:0
2016
01.14

どうやって生活してるんだろう

Category: 未分類
今朝、娘を送って行く時、少し下腹部痛があったけど、後は元気にすごせました。食欲も戻って来ました。やっぱり食べることは、大事だなぁと思います。元気のもと。
とは言え、なんとなくまだおっかなびっくりで、家事が要領良くできず、半日かけて、洗濯、掃除機かけ。お昼食べたら1時間ほどぐったりして、なんとかもう一回エンジンかけ直して買い物、夕飯の準備、そしてお迎え…。
全く余力も余暇もなし。
外で働くお母さんって、どうしてるの?掃除いつするの?買い物、ご飯どうしてるの?こっそりいろんな家庭を覗いてみたいと思う。どうやっていろんなこと、廻してるんだろう。
…というのも、今日、職場から健康診断のことで電話があり、仕事について考えてしまったから。月にたった2回のボランティアだけでも精一杯で、復職なんて本当にいつかできるんだろうか…。寝る前にこんなこと考えてちゃダメだなぁ。やめやめ。
今の私はまだやっぱり病気の私だから、健康で働くイメージがもてなくて当然。
きっといつのまにか、願う方に近づいていくんだろうなぁ、気づいたらできてた、こうなってた、っていう風になるんだろうなぁ。
今、考えても仕方ない。
寝ます!
Comment:0  Trackback:0
2016
01.13

痛みのその後

Category: 日記
夕飯中、またギリギリとお腹に痛みが来ました。娘には「ご飯食べててね。お母さん少しお腹痛いからトイレに行ってくるね。」と言ってトイレにお籠り。やっぱりお尻の奥にズーンと突き上げられるような痛みがあって、ピーピーでした。汚くてすみません。
一昨日のと比べたら全然大したことない痛みだったけど、この痛み、本当に不気味。
金曜あたりには生理が終わるだろうから、意を決して婦人科に行ってみます。内科もある一応総合病院。内科かもしれないし。

精神科のこと、皮膚科のこと、説明するのがちょっと気が重いなぁ。精神科はもとより、皮膚科でインテバン飲んでるとか言うと(インテバンは主に鎮痛解熱剤として使われますが、私の場合、好酸球性囊胞性毛包炎の治療に使用してます。)なんか痛みに対して我慢が足りないって思われるようで…。実際、耳が痛くて耳鼻科に行った時、インテバン飲んでる話ししたら、「なんだ、もう痛み止め飲んでるんだー。だったら何も出せないよー」と冷たく言われ悲しかった。 


まぁ、こういうこと、だいぶ慣れてはきてるから、深く考えないで必要なことを必要なだけ伝達しあえればいいんですよね。 


後はおまたを開いて観念するのみ、、、。


何か見つかるかな。こんなに痛いんだから何かはあるんだろうな。見つかったら治すのみー。


Comment:0  Trackback:0
2016
01.13

Category: 未分類
昨日は一日中ベッドで安静にしてました。下腹部に微妙な痛みがまだ残ってるし、お尻の奥の方にもズンズン響くような痛みがあって、ビクビクして、ご飯も食べられなかった。でも、あの激痛がくることはなく、体はすっかり休められました。
こんな体調じゃ不安だしやめといた方がいいのは分かるんだけど娘に会いたくて会いたくてね。また、すぐ会えるのに。もう長いこと会ってないような気持ちになって辛かったです。
安静にしてると、鬱が辛かったころのこと思い出してしまって、またあんな風になっちゃうのかとか、どうやって私は元気に過ごしていたんだとか思い出せない気がして、気持ちはとっても休まらず、手にも湿疹が出始めてきて、なんというか、アブナかったです。苦笑。
あきらめて何も考えないで休むということが本当に下手だから、体調の急変にだけ気をつけながら、目の前のことをひとつずつ、余計なこと考えないでやって1日を過ごすのが良いのかなぁと思います。
Comment:0  Trackback:0
2016
01.12

生理痛?激痛!

Category: 未分類
昨日、ひとりで家事育児頑張ったから、今日は早々に娘を実家にお願いして、旦那さんと買い物に行ったりしました。
罪悪感、ほぼなしです。
ゆっくりラーメン食べて、アウトレットのバーゲンで自分の買い物して、おいしいおやつ食べて。あー、生きてるって楽しいって、大げさじゃなく思うんですよ。旦那さんと結婚してよかったって思うんですよ。笑。
ばあばに孫を預けることで親孝行してるとさえ思えるようになってます。娘も娘で、家とは違って自由にさせてもらって、しつけの面で甘やかしてもらってのびのびできるよね~って、思える。
そんな夜。
旦那さんは出張でいなくて、私ひとり。夕飯にのり餅を二つ食べて、一息ついてたら、下腹部に陣痛みたいな激しい痛み。肛門の奥を突き上げられるような痛みも。息が浅くなって、イタイイタイって声を出さずにはいられなくて、脂汗が出てきた。吐き気もする。動けない。
救急車呼ぼうか考えるくらいの激痛。お腹破れるんじゃないかと思ったから。でも、生理だし、なんかガス溜まってるだけかもしれないし、食べ過ぎただけかもしれないし、相当痛かったけど、なんとか痛みのピークを乗り切って、這うようにして薬箱までいき、セデスを飲んだ。
その後はなんか下腹部に違和感あるけど、痛みは襲ってこない。なんだったんだろう。こわい、こわすぎる。
内膜症かなと思うけど、どうかな?生理が終わったら調べてもらおうと思います。病院選びが難しいけど。信頼できる婦人科、どこかなぁ…。
心配かけたくなくて、痛みMaxの時は電話しなかったけど、少し落ち着いてから旦那さんに電話したら、安心できたのと、やっぱり離れてて心細いのと、娘をぎゅーっと抱きしめたくなったのと、ぐちゃぐちゃの気持ちになって、ぽろぽろ泣いてしまいましたが。
なんとか大丈夫そうです。
寝逃げ!ではおやすみなさい。
Comment:0  Trackback:0
2016
01.09

久しぶりの頓服

Category: 鬱の症状関係
今朝は久しぶりにユーパンのお世話になりました。この2日くらいかな、ぐだぐだしていて、それが情けなくて、ものすごく自分がダメなやつだと思ってしまって、申し訳なくて、泣けてきて本当に辛かった。やっぱり私、治らないのかなとか、極端な考えを疑う余地がないくらい疲れてしまってたんだと思います。
娘には心配かけないように泣き顔は絶対見せてないし、できるだけ普通に接してたけど…。ユーパン飲んでからは落ち着いて、自罰感はなくなったんだけど、なにするのにもへとへとでした。
まだやってくる波。
久々の感覚に、改めて侮っちゃいけないと思いました。
治りかけは、調子が良いのがずっと続いてるところに、カクンと落ちるようなことがあって。その落差が大きいから、すごくショックなんだって。憶えておこう。
明日はどうなるかな。なんとかしなきゃね。
Comment:0  Trackback:0
2016
01.08

疲れかな

Category: 日記
なんだか体調が良くない日々が続いてました。お腹がゆるくて…。おかげで少し体重減りました。っていうか、しなびた感じです。汗。
年末年始の疲れもあると思います。娘の冬休み、旦那さんの発熱と体調不良、ばあばの検査…、疲れて当たり前だな。『いつも支えてもらってる分、こういう時は私がしっかりしなきゃ』とか思ってしまうから、必要以上に疲れるのかも。
でもね。つい、がんばってしまうのが私の悪い癖(相棒の右京さん)。
今日の午後からはだいぶ良くなりました。ほんと、保育園はありがたい。明日からまた3連休だけど(T_T)
ふー。
もうすぐ生理も来るし、できるだけ力を抜いて、手も抜いて、やり過ごしたいと思います。
おまけ。
寝る時、娘としりとりします。娘が「ま」で始まる言葉をさがして放ったのが「まぁ、いいよ。ばいばーい。」でした。笑ったー。でも、その後なかなか寝なくてしんどかった。涙。
Comment:0  Trackback:0
2016
01.04

ハワイ ヒロ 行きたい

Category: 未分類
ちらっとつけたテレビでみた夫婦。50代前半くらいかな。
「雨が多くて憂鬱にならないか」という質問に「それは自分がなにものであるかをおしえてくれるんだ。」「僕自身がヒロでヒロ自身がぼくなんだ。だから、雨が多く降るのがヒロなら、それはそういうことなんだよ。」って答えてて。ものすごく胸に刺さった。
星の王子さまの中の一コマにありそうな会話。
ハワイ、長期で行きたい…
Comment:0  Trackback:0
2016
01.04

冬休み終わりました

Category: 未分類
なんとか年末年始を乗り切りました。昨日あたりから胃の調子が悪くなり、結構しんどかったです。
みぞおちあたりがジリジリ痛くなって、腰のあたりに生理痛のような重い痛みがでて、そしてくだる。その時も痛くて、気が遠くなりそうになる。たぶんね、いろんなストレスと疲れのせいだろうなと思います。徐々に良くなっていくはず。
まぁともかく、この冬休み、娘が大怪我したり、急な病気にならなくて済んで本当に良かった。年末年始とかお盆はそういう緊張感がすごいから…。疲れるんです。
明日から保育園です。娘は楽しみにしてるようですが、朝早く起きられるのかな…(^_^;)リズムを取り戻すまで、またちょっと大変かも。私の方が。苦笑。なんとかなるさね。
そんなこんなで今日の夕方は、体調も悪く、保育園の準備物を揃えるのにちんたらちんたらさっぱりはかどらず、すごく疲れました。調子が良いときはパパッとできることなのに、今日はキューピーコーワをリポDで流し込んで、なんとかがんばりました。
ふー。終わってしまえばあっという間の冬休み。できる限りのことはしたつもり。
しばらくの間、ご自愛週間にしたいのですが、私の実母の体調に関して、ちょっと心配事があり、そうもいかないのです。
人生、つぎからつぎとあるもんですね。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top