2016
02.26

皮膚科診察備忘録

多分、初めての先生でした。
ここ数日、ストレスフルな状況が続いたのもあってか、インテバンは欠かさず飲んでたのに、右眉の上がぼこっと盛り上がってジリジリしていることを話しました。
先生は素手で触診。…いいのかえ~?他の先生は手袋しますが?苦笑。
「確かにボコッとしてますね!」と確認してもらって終わりました。またまた苦笑。
精神科と同じ日は予約が満杯らしく、特に短いスパンで見てどうこうしなきゃいけないこともないからってことで次回2ヶ月後になりました。薬は多めに出してもらったので、心配なし。
爆発的に症状が出ることはなくなっただけ良いです。お薬に助けてもらって、できればストレスも少なく、コントロールしていけたらいいなぁと思います。
根治治療はないと知った時、ものすごく落ち込みましたが、今は、そんな感じで病気と一緒に生きてます。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
02.26

精神科診察備忘録

昨日は心身とも調子があまり良くなくて、今日の通院ができないんじゃないかと思ってましたが、無事に行けました。
今月は娘の体調不良、通院、看病、それらに関する旦那さんとの意識のズレ?などがあって、しんどかったことを話しました。
具体的には…
娘の具合いが突然悪くなった時に、私は冷静さを失いがちで、動じない(ように見える)旦那さんに対して『なにそんな呑気に構えてんの⁇手遅れになったらどうすんのよ!』苛立ち、声を荒げ、険悪な雰囲気になってしまうこと。少し落ち着いてから、自分の悪かったことを旦那さんに伝えたら、旦那さんから「娘には、心配するのがお母さんの仕事、大丈夫って言うのがお父さんの仕事って話たよ。」と言われたこと。
それを聞いた先生は、「旦那さんが娘さんに言ったことは、とても分かりやすくて良いと思います。両親が険悪になると、娘さんは『具合いが悪い』って言えなくなるから。」と教えてくれました。うぅ。そうだよなぁ。私が心配し“過ぎ”ることで、娘が本当のこと言えなくなったら嫌だ…。気をつけようと思います。努めて。努めて。
お薬は変更なし。また来月。
一月後の予約は、『またそれまで生きます』と約束してるような感じがします。
いつ卒業できるんだろう。今はそんなことは考えないのが一番の近道かな。
Comment:0  Trackback:0
2016
02.18

なんてことない日でした

Category: 未分類
今日は春みたいに暖かい日でした。家の中の緑たちを窓際に置いてあげたら、なんか自分が嬉しくなりました。
穏やかな1日。特になんだってことない日。
あー、ご飯の準備してて、小指切ったのは失敗でした。当たり前のように手を使えるようになってるけど、大事にしなきゃいけないなぁと反省はしています。が、ある程度、仕方ないよね。←やっぱり反省してない。
娘を寝かしつける時、「ずっとずっと大好きだよ。」と言われました。早く寝てくれと思いながら背中をとんとんしてたから、どきっとしました。
こんなお母さんだけど、そんなこと言ってくれるんだなぁ。なんというか…恐縮です。笑。
いろんなことに感謝して、寝よう寝よう。また週末が来るからね、少しでも充電しとこう。
2016
02.17

内職

Category: 日記
今日は旦那さんに頼まれた仕事を家でしてました。
娘を保育園に送って行って、掃除洗濯などなどしてから。あ、買い物行かなかった。
10時半くらいから、お昼を食べる時間と夕飯準備の30分くらいを除いた15時半まで。
あっという間。在宅で仕事するってこんな感じなのかなぁと思いました。いいかも。笑。
人と会話がないのは私にとっては寂しくて残念だけど、裏返せばそれは面倒な人間関係とも無縁ということで。
大体は、しっかり家事してもお昼前には終わってしまって、午後は買い物に行ってゆっくり夕飯準備をしてることが多いんだけど、時間があるとあれこれ考えてしまって、娘の保育園に迎えに行くのがブルーになってしまうのともある。
今日みたいなのはほんと、程よい感じで良かったなぁ。肩凝ったけど。
さらに、保育園に迎えに行って、先生に「お帰りなさい!」と言われて、まっすぐ受け止められて嬉しかった。仕事もしてない(病気療養が今の私の仕事なんだけど)のに、「行ってらっしゃい」「おかえりなさい」ってされるのが、とっても居心地悪かったんだけど、今日は「私、ちゃんと仕事して来たよ!」って、胸張れる感じでした。
家事も本当に大切な仕事なんだけど、私の中で家事は“仕事”と思えないんだなぁということがはっきりした感じです。だからと言っても、もちろん家事はやりますけどね。やらなきゃ家が汚くなります。
在宅でできるなら、通信教育の添削の仕事とか本気で考えたいなぁ。
Comment:0  Trackback:0
2016
02.17

娘復活

Category: 日記
昨晩書いてアップせずに寝てしまったようです。苦笑。せっかくだから、投稿しておきます。


**********************


娘は完全復活しました。もう勘弁…ってくらい元気に遊んでくれてます。良かった。今回は1週間はかかりました。

『子どもって、熱を出しても元気で、次の日にはけろっとしてる』とかよく聞く(気がする)けど、そんなことはないって言うか、まぁそういう時もあるんだろうけど、違う時もある。時と場合による。…そんなことを学んだ今回の不調でした。次回何か不調になった時は、『なんでこんなに治らないの?』という無駄な焦りや不安をもたないようになれればいいなぁと思います。

園ではインフルA型も終息したようです。

あー。そういえばそれも。

この前、ひっさしぶりに登園できた時、園の入り口には、インフルが各クラスで何人出てるかを表にして貼り出してあって、それが結構な人数で、『やっと来れたのに…ぐへ(*_*)』っとなった。

まだ病み上がりで本調子ではなかった娘を置いてく罪悪感や不安を感じながら、園を後にして、なんとなく気持ちが落ち着かなくて、ばあばに電話したら「仕方ないよねー。もらうもんはもらうし。」って言われてびっくりした。

孫LOVEだから、下手すると「インフルの子がいるなら休ませれば。」とか言いかねないようなばあばが、「仕方ないよねー」って。びっくり。

それ聞いて、すごく肩の力抜けました。




2016
02.14

娘は復調しつつあります

Category: 日記
昨晩、娘に異変は起こらず、今日1日もほぼいつもと同じくらい元気に過ごせました。ほっ。うんちもつるんと出たし。…ただまだ腸は本調子ではないかな。というのも、しょっちゅう、オナラをするんだけど、いつもの数倍クサイ。たぶん、宿便が結構あるんじゃないかと思われます。少しずつしか治らないのは分かってるけど、おおらかに待てない自分。いやになる。

おっとと。せっかくたくさん笑った1日だったんだから、楽しかったこと思い出そう。

昨日、バレンタインにってことでお父さんに内緒で描いてた似顔絵を朝一で渡した。とってもとってもかわいく描けてて、うらやまし~( ̄+ー ̄)と思った。笑。

あとはなんだろうな。

相変わらずかくれんぼは、こたつにかくれるのがブームで、こっちが数え始める前、見てるそばからキャッキャ言いながらかくれるのが、本当にかわいい。

くすぐると笑うのもやっぱりかわいい。…この前、具合悪かった時、くすぐっても無表情で悲しかったからね。(そんな時にやめなさいって話。なんとか笑顔が見たかった私のエゴ。反省。)

夕方、家の近くの自動販売機まで歩いて散歩したのも楽しかった。ほんの少しだけ霧雨が降っててたから傘さして出かけた。傘もちっちゃくなった。娘が大きくなったんだな。下から2段目にあるジュースが欲しくて、必死に背伸び。なんとか自分で押せて満足そうな顔してた。たったそれだけのことであんなに嬉しそうな顔するんだ。

寝る前に、私の膝に顔をぶつけちゃって泣いてしまったから、ちょっと?落ち込みながらの本日閉店になってしまったけど。ちゃんと笑ってたこと思い出せてよかった。

…なんて。

3.11が近づいてきて、少なからず心が落ち着かなくなってるのも事実で。人の命のあっけなさが怖くて怖くてたまらない。“当たり前”の生活の脆さも。


こんな日に限って星を見たくなったりして、そして曇ってる。笑。


寝よ寝よ。




Comment:0  Trackback:0
2016
02.13

なんとかなるもんだ

Category: 娘のこと
まる2日、わたしはダウンしました。お尻から水が出るのがなんとも気持ち悪かった。おかげで3キロ痩せました。看病でろくに食べてなかったし。自分のこと後回しにしちゃうのね。食べるのなんか忘れちゃう。
そんなことはどうでもよくて、このピンチ、まあまぁな感じで乗り越えられたかなぁと思ってます。わたしもかなり頑張ったし、旦那さんもできるかぎりなこたしてくれたし、実家のじいじばあばにもすごく助けられた安心だった。
あとから疲れとかによってダウンして、それでもダウンの仕方もまあまあ上手くなったと思う。そして立ち直り方も。
ね。
つかれてるけど、かなり。笑。なんとかなるもんだ。
2016
02.11

反省とか

Category: 未分類

看病疲れとたぶん菌かウィルスをもらい受けてしまい、私がダウンした。がんばったけど、限界。後一息でいつもの元気な娘になるのに。無理…。娘は実家に二晩泊めてもらうことにして、私はベッドで1日休ませてもらいました。


旦那さんにご飯の用意してもらい、洗濯もたたんでもらい、ゴミ出しもしてもらい、食器の片付けも、買い物も、お風呂掃除も。全部任せてしまいました。昨日は下痢で何十回トイレに行ったかな。お尻から水が出る気持ち悪さっていうか、ふしぎさっていうか。苦笑。結果3キロ痩せましたわよー。ちょっとおくさん!すごくないですか。


冗談はさておき、看病モードに入ると自分のこと忘れちゃうんです。ご飯食べる事も、お風呂も、身だしなみも。


今回は娘、吐いちゃったので私のパニック度はかなり高くて、大変周りには迷惑、嫌な思いをさせたし、自分自身、すごく疲れた。


旦那さんは冷静で。その冷静さが私には「なにもさもさしてんだよー。手遅れになったらどう責任とってくれんだよ。てめぇにはまかせておけねぇ。(でもわたしひとりじゃ不安で不安でたまらない。なんで一緒に来てくれないの?つらいよー。)」みたいに思えるんです。


二人で相談して、できることの役割分担して、事に当たるのがかっこいいと思うし、合理的だと思うんだけどね、ぐったりしてる娘を目の前にすると理性や客観視はぶっとぶ。感情炸裂。


次回はもう少し冷静に娘の様子を見られるようになりたい。


旦那さんが娘に「心配するのがお母さんの仕事、大丈夫だよっていうのがお父さんの仕事」って、娘に話したらしい。涙出た。そうです。そうやってバランスとるんです。わたしのいないところでお父さんが娘に言ってくれてたのが、なんか嬉しかった。


ひどい態度とったけど、反省して次回は気をつけよう。


子どもの病気、なかなか慣れないけど、子どもの回復力を信じて、病気しながら強くなっていくっていうのを信じて、これからやってくるいろんな感染症と戦いたいと思います。








Comment:0  Trackback:0
2016
02.09

>_<わ雑雑と

Category: 未分類
昨日はなんとなーく怪しい感じがしたから、せっかく旦那さんもいたけど、3人で引きこもり。
午後になると、はっきりだめになってしまい、私は疲れのせいか生理のせいかその他のせいか、とにかく足がふわふわして立てない。座ってるのもしんどい。足ふわふわは鬱がひどい時によく感じてた。えー、悪化してんの鬱?この頃頑張りすぎちゃってたからかな、嫌だ。嫌だ。助けて。動きたい。動けば、いくらか心が救われるのに。でも、足のどこに力を入れたらいいか分からない。ふわ~としてる。
散らかった部屋どうにかしなきゃ、ご飯の用意しなきゃ、洗濯、お風呂、娘の遊び、世話、布団、あーー、あれもこれもなのに体がビクともしない。ただの怠け者だと思われるかな。いや、絶対ちがいます。むしろ、私は、動ける時は動きすぎです。なまけの性分ではありません。 仕方なく旦那に指示出してやってもらいました。丸まって、はきけもするからコタツにうずくまってた。
背中がパーンとはってきて、我慢できない吐き気。旦那にもってきてもらった洗面器に少しだけはいたら楽になった。
その後?娘がくしゃみを異常なほど連発。透明な鼻水ずるずる。みるみる機嫌が悪くなる。旦那もイライラし始めてるのが分かる。娘に対してつんつんしてる。つらい。でも動けない。怖い。どうしたらいいんだ。
記憶なし
娘が寝た後吐いた。何回も吐いた。
怖くて怖くて怖くてたまらなかった。ばかじゃないの、冷静に看病するしかないのに。なんでできない、旦那にもうざがられる。
悪いことばかり。つらいことばかり、悲しいことばかり頭に浮かんできて、体を揺すらないと怖くて怖くて。
ユーパンを何錠かのんでいくらか落ち着く。
もう旦那には、頼っちゃいけない、そういう極端な思考に陥る。
歯を食いしばって、できるだけ感情をなくしてやり過ごすしかない。娘が元気になったらまたなんとかなるはず。でも、いつまで続くんだろう。1日が1年にも感じる。怖い。
何も決められない、けど決めなきゃ。
娘のお母さんは私。看病できるのは今、わたし。
ほんとは消えて無くなりたい。こんな気持ちにまたなってしまうなんて、書きたくなかった。でも書いておこう。すごく残念だけど、認めるところからまたやりなおそう。ごめんね、むすめ。
2016
02.08

今年度最後の参観日

Category: 娘のこと
今年度最後の行事、保育参観と懇談会が終わりました。ほーーーーーーーーー。おわったーーーーーーー。やったーーーーーーーーー。って感じです。

今回はちょっと、クラスのお母さんとのメールで心配事があって、ひと月前から緊張してました。結局そのママは来てなかったので、問題ははっきしないんだけど、今、私がすべきことはないし。

娘はとってもかわいかった。先生の話の聞き方、立派だった。一緒にフォトフレーム作って楽しかった。前までは、いろんな人の目が気になったりしたけど、今はそんなに気にならない。それと、周りのお母さんと比べて卑下することもなくなった。みんな同じようになやむことがあるんだなぁって共感できた。

今年度の園の行事私コンプリート。頓服薬に頼りながらでも、できたことは素晴らしいこと。




2016
02.02

Category: 未分類
目の腫れがまだひかない娘。胸が痛くなる。
でも、おしっこの時の痛みは消えたみたいで、出血もない。うんちは割と最近だけど、おしっこはひとりでできるようになってだいぶ経つ。
「行っといでー」の声掛けだけになって、1日に何回くらいトイレに行くか、ちゃんと分からなくなってた。昨日、看護師さんに、1日におしっこは何回くらいするか聞かれて、「4回くらいかな…」と答えて、それは少な過ぎるでしょうと言われて、すごく凹んだ。身辺自立するってことと、まだこんな小さい子どものことを知らなくなることは違う。昨日の場合、完全にパニックになってたのもあるけど…。
今日は娘がひとりで行くのを怖がるのもあるから、毎回トイレについてった。7回かな。トイレさん、本当にお世話になってます。
皮膚症状は、少しだけど明らかに改善してる。ステロイド、すごいな。前の私だったら、娘にステロイドは使えなかったと思う。自分が散々辛い思いをして、ステロイドに助けられて、良い状態を保てているから。まさしく実体験。もちろん娘と私は別の人間で、別の症状なんだけど、ステロイドの副作用を恐れすぎて、結果、炎症を酷くして次々と炎症を呼ぶようなことは本当に無意味だと分かったから。お医者さんが処方したのであれば、しっかり塗ることができる。
やーだ、ちょっと、私、成長してますよ。おくさん。ほめてあげて。笑。
目の方は目薬2種類、朝昼晩と寝る前は1つだけと、まじめにやってますが、改善があまり見られない。涙。目がふさがっちゃうんじゃないかと思うくらい。赤黒くて痛々しい。
どうしても買わなきゃいけないものがあって、いつものスーパーにいったけど、いろんな人に見られてるみたいで嫌だった。殴られたみたいに片目だけ赤黒く腫れてる子…しかも、いつもやる滑り台をやりたいとダダをこね、少しだけの約束でさせたのに、時間になっても帰らないだの、つまんないだの、もうお母さんなんか連れてこないだの(意味不明)とにかく、体調の悪さから機嫌も悪くなりがちで、暴言吐かれ、こっちはこっちでいろいろ譲歩してるのに、なんでそんな風に言われなきゃ行けないのか腹立たしくて、ばしっと叱ったら、店内で大泣きしだした。…虐待親に見えたかな。
家について娘と一回静かに話して考えさせて、私も私でどうすればよかったか、どんな気持ちだったか話して、仲直り?した。他人だったら一生恨んじゃうかもしれないこと。こうして仲直りしてまたやり直せるのが親子なんだなぁ。
午後は家で割と忙しく、でも、まったりと過ごしました。
とにかくね、薬が多種で複雑。書き出してチェックしながら与えてます。娘もだいぶ協力的になってきてるけど、それでもかなり時間がかかる。へとへとっす。
ご飯もね、下手だけど、ちゃんと作って食べさせてる。ほーんと頑張りすぎや、やめときやめとき。いや、やめられないんですよ。それが私にとって今は大事なことなのだと思います。ステップステップ。
あー、支離滅裂。とにかく娘も私もよくがんばった1日。やっぱりね、イライラはするけどら今日の娘にはもう会えないんだと思うと、大切さが身にしみて、できるだけ可愛い顔覚えておこうって思うもんで。写真ぼちぼちとってます。
明日はリハビリのボランティア。娘は実家に預け、ぎりぎりに行って、速攻帰ってきます。
2016年はじまったばっかだけど、もしかして、がんばりベスト3に入りそうな今。
なんとかなるかなー。
なるようにしかなんないしなー。
がんばったご褒美、なんにしょうー。
Comment:0  Trackback:0
2016
02.01

娘のおしっこに血?

Category: 未分類
今朝起きたら、娘の右瞼が赤く腫れてました。土曜の午前、あやしい感じはあったけど、日曜は治ったようにみえてて、今朝起きたら、土曜より腫れてる…。

前にも風邪をひいた時、同じようになったことがあります。鼻水とかのバイキンが付いた手で目をこするとなるんだ、と言われ、その時は確か一週間くらい目薬さして治りました。今回もそんな感じかなと思って、保育園は休んで、小児科に行くことにしました。

インフルエンザ流行の話をちらほら聞いてるので、本当はものすごく悩みました。今行って、インフルの脅威にさらされるより、自然に治ることにかけるか、なんて…。目だけだったら、もっともっと悩んで、行かなかったかもしれません。でも実は、手首や肘内側、耳たぶのあたりがかさかさプツプツになってて、ちょっとずつ悪化してるような感じもあり…。ぐずぐず迷って「あー私がだらだら悩んで連れて行かないから、いつまでたっても良くならないんだ。」とか罪悪感に苦しむのももう嫌だったし、とにかく痒そうなのがやっぱり辛いので連れて行くことにしました。

案の定、いつも空いてることが多いかかりつけの小児科、激混み。涙。しかもぐったりしてる子、激しい咳の子、冷えピタしてる子、そんな子ばっかり…。娘には、絶対マスクを外さないよう言って聞かせて、もうほんと鬼の巣に丸腰で向かう一寸法師みたいな気持ちでした。情けないけど、どんと構えることが、本当に本当にできない。もう診察券出しただけでよろよろ。

その後、皮膚科に回され、軽いドライスキンだということでお薬をいろいろもらいました。飲み薬まで!…もっと早く連れてきてあげれば良かったかと落ち込みかけましたが、とにかく今日来れたんだから前進だと思い直しました。

小児科は皮膚科に行ってた分、待ち時間少なく呼ばれ、ありがたかった…。やっぱりこの前と同じような話をされ、目薬を2種類もらいました。

どちらの診察も娘は泣いたりしないでスムーズでした。ただ名前を呼ばれた時、遊びコーナーで夢中で「まってて。」とか言うから焦りました。苦笑。

そのあとが問題でした。帰り、いつも行ってるスーパーに寄って買い物して帰りました。しばらくトイレに行ってないから、トイレ借りて用足してからゆっくり買い物しようとしたら、痛いからおしっこできない、したくないと大泣き。久しぶりにあんなに泣く娘を前にして私は半分パニックでした。おしっこしたくないって…。お腹がおかしくなる、なんか大変なことになるってもう……。なんとか励ましておしっこさせて、拭いてみたらティッシュにうすーく血が滲みました。ここで思い出した。今朝、ウンチの後、お尻を拭いてあげた時も同じようなことになったこと。その時は、大きなウンチをして、ちょっとお尻の穴、切れちゃったかな…と思ったくらいでした。痛いとも言わなかったし、目の腫れのことで私は頭がいっぱいでした。さらに遡ること20分前、娘はおしっこ漏らしてました。そんなにないけど、たまに間に合わなくてやらかすので気にしませんでした。その時も痛いとは言ってなかったし…。

とにかく買い物して帰らなきゃと思って、ふわふわした感じで買い物して帰ってきて、痛がるところをよく見てみたら薄く血がついてる。ばくばくしながらうどんだけ作って食べさせ、もう完全にパニックになって旦那さんに電話するもお仕事抜けられるはずもなく…。

ユーパン飲んで、深呼吸して、できること、できること、唱えながらやりました。

幸い、かかりつけとは別の病院が近くにあって、小児科もやってる。電話をして聞いてみたらすぐ見てもらえそう、眠さもありぐだぐだになりつつある娘を抱えて急ぎました。

問診票を書く時、自分の手の震えに気づきました。見てる事務さんに「大丈夫ですか」と聞かれて、声が出なかった…。何かしゃべったら泣きそうでした。娘はまたキッズコーナーに行けると言って、ご機嫌が直って、それに救われる気持ちで待ちました。

診察はとても丁寧でした。見たところ分かる傷はないけど、血が出てるってことは傷がどこかについてたんだろうということで、痛いのは傷ついた後で知覚過敏になってるからだろうということでした。塗り薬で4日治らなければ、再診に来なさいと。

娘はここでもがんばりました。本当に偉くなった。涙出る。まだよくわからないけど、言われたことできることがんばるしかありません。

1日3回、だいじなところにお薬塗るということで、保育園は当分、休みます。

この頃おしっこしたばかりなのに、また?っていうことがあったけど、寒いからかなぁなんて勝手に思ってたけど、違かったようです…。サインだったのかと思うと、気づいてあげられなくてごめんと思ってしまう。

なんでもいいから早く元気になりますように。あ、元気はいいか。痛いのや痒いのが楽になりますように。


back-to-top