2016
06.28

耳鼻科センチメンタル

Category: 日記
疲れたなぁ。

土日に食事の手抜きをしたから、その分と思って頑張ってしまっている。料理嫌いじゃないから楽しいんだけどね、体力との兼ね合いは考えなきゃいけないところ。

アレルギー体質らしい娘に、これまで以上に野菜食べてほしくなって、あれこれ気苦労。今日はもりもり食べてくれてよかった。ピーマンとしらすと鰹節の甘辛煮。酢鶏。とうもろこしの炊き込みごはん。ぜーんぶクックパッド。笑。

おやつなしで耳鼻科に行ったからお腹空いてたのかな。

体質…。出先でタバコ吸ってる親の隣でマック食べてる小さい子の肌がツヤツヤしてたりすると、いろいろとあほくさくなるんだけど。できる限りのことをしようとは思う。無理しないで。

耳鼻科はなんと、娘ひとりで診察台に座り、耳、喉、鼻と診てもらった。これまでは抱っこしてたから、先生がどんな風にしてて、娘がどんな状態なのかよく分からなかったけど、今日はばっちり見えた。すごいことだなぁと感心しながら、自分がここにいるようないないような変な感覚になった。泣き喚く娘を、潰れそうな気持ちで羽交い締めにしてる自分が診察台に重なって見えた。センチメンタルジャーニー。

後は相変わらず、「鼻かみ練習してください」、「してるんですが…ぐへっ」の応酬。看護師さんに指導してもらってる時は神妙な娘。私がなんか言うとジロリとにらむ。なんなのさ、腹立つなぁと思いつつ、逆だったらすごく困るよなぁと思ってぐっとおさめる。私、おとな。

明日のボランティアの準備が半分くらいしか出来てないけど、くたびれたのでもう寝ます。





スポンサーサイト
2016
06.27

窓閉めよーっと

Category: 未分類
暑くなってきたから、夜も窓開けてるお家が多いのかも。
どこからともなく赤ちゃんの泣き声が聞こえてきて、胸がざわざわする。
もう娘が赤ちゃんに戻ることはない。だから安心すればいい。
気持ちよさそうに寝てる娘。明日はプール開き。
Comment:0  Trackback:0
2016
06.26

気が楽な日

Category: 未分類
旦那さんのいない土日をどうしようかとものすごく不安だったけど、結果、とっても楽しく過ごせた。ぶひ。
躁転したのかと思うくらい、体も心も軽い。いや、ただちょっと眠れて調子が良いだけなんだけど。ほんと、眠れるって素晴らしい。
いろんなことできたなぁ。
“しない”ことをできた、とも言える。
こうしなきゃ、ああしなきゃという重しが何故かこの土日は軽かった。娘は鼻がぐずぐずだけど、元気だしそれなりに楽しそうにしてるっていう現実をちゃんと見られた。旦那さんはいつもこうなんだろうなぁ、これなら娘といて苦しくならないなぁって、妙にしみじみと思った。常日頃の自分の感覚の厄介さも同時に。
ずっとこのまま楽ならいいけど、きっとそうもいかないだろう。とりあえずこういう日もくるってことを憶えておきなさい。私。
Comment:0  Trackback:0
2016
06.24

2016.6.24精神科診察備忘録

Category: 未分類
…。特にない。
低めに安定と言えば安定か。先生も毎度同じような話を聞かされて大変よねぇと思ったり。
待合室で呼ばれるのを待ってる時に、CBTの先生を見かけて、迷ったけど思い切って声掛けた。転勤したわけではなかったらしいけど、全然見かけなかったから、本当に久しぶり。
「お子さん大きくなられたでしょう」と言われて、ぶわっとこみ上げてくるものがあって、危うく泣きそうだった。
先生に会えてよかった。
Comment:0  Trackback:0
2016
06.24

頓服さま

Category: 未分類
一昨日は辛かった。アレルギー検査でダニとハウスダストが陽性になったことで、私のスイッチが完全に入ったまま壊れた。『掃除もっときちんとしなきゃ』スイッチだ。
前日の疲れと慢性的な寝不足と精神的ダメージで体は目を開けてるのがやっとのような状態なのに、できる限りのダニホコリとか対策をしなければ!と亡霊のように動き回った。違う自分が「疲れたよ」って涙流しても、「こんなにやらなくても十分綺麗だよ」って客観的に理解できても、どうしてもやめられない。
途中、旦那さんから電話が来て、もうただ疲れていて「眠りたい」と言った。素直で、普通の私だ。でも、電話でそんなこと言ってる間も「弱音はいてないでやれ」と怒ってる自分がいて睨まれてる感じ。
なんとか「これなら大丈夫かな」と思えるところまで、乾燥機かけたり、掃除機かけたり、拭いたり、なんだかんだして、今度はご飯。買い出し。ここでまた苦しむ。体の疲労は限界。こんな状態でご飯は考えられない、作れない。「だったらお惣菜で」というところに行き着くまでに、罪悪感のシャワーをこれでもかと浴びる。なんとか今の体力で簡単で栄養のあるものを作ってあげられないかと、最後まではぁはぁ心臓とくとくしながら考える。
でも時間切れ。お迎えの時間になり。結局お惣菜。喜んで食べてた。はははは…。  
娘は鼻水が垂れていくことで喉に刺激があるのか、咳がひどくなってしまった。
寝入り端も咳が結構苦しそうなので気管支拡張のテープを貼って寝せた。初めは効いたようで割とすんなり寝てくれた。
旦那さんに、つい、今日の辛かったことを話して、これからの娘のことで不安に思ってることとか相談したかったけど、なんだかかみあわなかった。仕事を抱えて余裕のないところに、私のことまで乗っけられたらそりゃ辛いよなということはわかった。認知行動療法でも習った。相手のタイミングも考えること。だから退散した。
私は2階でラジオをかけながら寝ようとしてたんだけど、下から娘の大泣きする声。夜中に咳が止まらないと泣いて起きたらしい。私は睡眠薬飲んでたから少し階段フラフラしたけど、おりてって、娘を抱っこした。夜泣きが酷かった頃のスタイルで壁に寄りかかって座り、娘を横だっこでとんとんとん。幸い咳は減って、眠そうな娘。「下で寝る?」と聞くと「うん」と、広々のシーツの上に伸びをして、また咳もするんだけど、寝て、それからは朝までなんとか眠れたよう。
私は緊張が重なったから寝付けず、うとうとしたようなしてないような、頭にはずっと「明日は掃除とご飯どうしよう」とか「娘、保育園にやったらもっと症状つらくなるんじゃないか。家にいた方がいいんじゃないか」とかそんなことばかり考えて、寝たんだか寝てないんだかわからないまま朝。起き上がる力はなく、すべて旦那さんに任せた。言葉にもしてない。ふとんから出られなかった。「キャパを超えて動きすぎた馬鹿」と思われてたかもしれないけど、どっちかというと、前夜旦那さんとの会話がもとで、なんだか旦那さんの隣で朝ごはんを食べづらかったのだ。私のすることなすことにイライラするんだろうなと思ってしまい、そばに寄れなかった。夫婦なのにな、悲しくてたまらなかった。離婚しなきゃいけないかなとか、そのほうがいいよなぁと、馬鹿なことをやってしまつまったあの日の考えにまで近付いていた。「私じゃない方が旦那さんも娘もしあわせになれる」→「お前は消えろ」
この思考と戦えず苦しんだ。久しぶりに、バツ印も体に降ってきた。もう自力で抜け出すことはできない。ユーパン投入。もってきてくれた時、旦那さんはどう思ってたんだろう?眠れなさ、娘の体調不良のパニック、そんなところだと思ってたかな。わからない。
2錠飲んですこし体がゆるんできた。 思考もぽわんぽわんと浮かんでくるけど、つかめない。
体の疲れにより、そこからしばらくして爆睡。気づいたらお昼過ぎ。なぜかここでまたユーパンを飲んでしまった。ぽりぽりと4錠。なんでこんなことしたかはわからない。で、実家に電話して、いろいろ話して安心した。
娘がアレルギーであること、じいじばあば、特にじいじに責められてる気持ちになってた。「母親の私がしっかり掃除とか栄養とかできませんでしたてないからそうなるんだ」とか「孫がかわいそうじゃないか」とか。そう思われてる気がして怖かった。
でも、それもわたしの思い込み。
安心して、ちょっと体が動き始めた。足元ふらつく感じがするけど、気持ちがとっても軽い。軽いっていうより、たぶんこれは鬱じゃない人にとっては平常なんだろうと思う。
軽く掃除して、茶碗洗って、洗濯して、夕飯の下準備して、迎えに。今朝は布団の中から「いってらっしゃい」っていうのが精一杯だったから、娘の顔をまともに見てなかった。笑顔で抱きついてきてくれてほっとした。
娘連れてスーパーで買い物。ゆうゆうと。
帰ってきて少し遊んで、ご飯の用意。
いつもの流れ。
ながい2日だった。
Comment:0  Trackback:0
2016
06.21

アレルギー検査

Category: 未分類
昨日の夕方から鼻水鼻づまりして、くしゃみが頻回になり、今日は保育園休んで耳鼻科に通院。前々から考えて二の足踏んでたアレルゲンを調べる検査を思い切ってやってみた。
結果、ダニとハウスダストが陽性。どーーーーーーん。スギ花粉は微妙に陽性。カモガヤとブタクサ、カビは陰性。
腕の内側を針で引っ掻いて、そこにアレルゲンをポチッと垂らして15分様子を見るという検査だったけど、娘は針見ても動じず、引っ掻かれても動じず。成長したなぁと感じた。15分待つのもお利口だったし。えらい、えらい。こっちが泣きそうだったわ(ほんとしっかりしろ)。
アレルギー、しかもダニとかホコリとか通年のものっていう事態?に、べっこり凹んでるというか動揺してるんだけど、旦那さんに素直な気持ちを聞いてもらって、背中とんとんしてもらって(ほんとしっかりしろ)、今、自分なりに、冷静になろうと努力中。
できること、できないこと、できるけどしないこと…などなどはっきりさせて、長く付き合っていけるようになりたい。
心配はするさ。親だもん。ただそれを押し付けちゃ(そのつもりはなくても、娘にそう感じさせちゃ)だめだ。
全く別の話。ずっと会えていなかった大切な友達に会えた。
神様ありがとう。
Comment:0  Trackback:0
2016
06.16

両立

Category: 未分類
リハビリのためのボランティア。2年目に突入。月に2回だけ。始めた頃はちょうどいい感覚と思ってたんだけど、今は「え!もう明日⁉︎」ってなる。これは、毎日充実している証拠だと思う。
生理も重なったし、新しく始めたボラが明日あるしということで無理をせず娘は実家に預けた。夕飯は旦那さんと外食。
んー。
みなさん、仕事と子育てや家事をどうやって両立してるんだろう?
Comment:0  Trackback:0
2016
06.14

ホルモンのバランス崩壊なのか鬱なのか

Category: 未分類
生理2日目。腰がハンマーで叩かれ砕けそう、頭は鋲のついた鉢巻でごりごりぎゅーぎゅーされてる感じ、肩に焼いた重い石をのせられてるような痛み、下痢、下腹部熱い剣山でかき混ぜられてるような痛み。つまり生きてるのがしんどいくらい。
セデス飲んで、ユーパンも飲んで、かろうじて1日生きた。
それでも娘は実家にお願いせず、迎えに行ってしまった。ここまでくるとマゾかと思う。
でも、肉体的な痛みよりも辛いのは、決断力がなくなること。
ご飯、何を食べたらいいか決められない。なんでもいいじゃんとも思えない。焦る。焦る。なんでこんなことが決められないんだ、と情けなくなる。ますます頭が真っ白になっていく。ちゃんとしなきゃ、どうしたらいいんだ。…という感じの苦しさ。
これは鬱の症状なのかな。もともと優柔不断ではあった気もするけど、ここまでではなかったと思うんだ。娘のことだと、「正しいこと」「良いこと」を選びたいと思ってしまうからなおさら分からなくなるんだと思う。
例えば、自分と旦那さんだけだったら、何作ったらいいか分からなくても、「んじゃ、レトルトカレーで」とか「んじゃ、マック行っちゃうか」とかできる。
私の中でレトルトカレーは子供にとってあまり正しくも良くもないんだろうなぁと思う。なんだよ、その正しいとか良いとかって、とイライラした人。ごもっとも。そんなものないに近いのに。
この辺、次の診察で先生に相談してみよう。
あとはとにかく眠れないことをどうにかしないと。…正確には寝てるけど、一晩に5回以上目覚めるってこと。さっぱり寝た気がしない。疲れ取れない。
明日はボランティア。
Comment:0  Trackback:0
2016
06.13

このブログ史上多分最もくだらない

Category: 未分類
生理。お腹いたい。
異常にチョコが食べたくなって(常に好きだけど、こういう時の欲し方は理性でどうにもならない)、なんとなくえっちな気持ちになって、ちょっとしたことで涙が出て止まらなくなって…気付いたら、「あー、生理来た」っていう感じ。
動物なんだなぁ。
たかが動物。…って、『ぼのぼの』の中でスナドリネコさんが言ってたっけ。
ほんと。
夕飯時、話の流れで娘がお腹にいた頃の写真を見た。「この辺が背中かな、ここがお尻かな、すっごい尖ってるね。」とか言いながら。娘は若干驚いたような引いてるような不思議そうな顔だった。「どこから生まれてきたの?」ってきかれたから「赤ちゃんが通る道があるんだよ。そこを通って生まれてきたんだよ。」って答えておきましたが、さて。
そのまま引き続きなんとなく、娘が生まれる前の写真を見た。若いし、痩せてるし、かわいいじゃない、私。なんだかみすぼらしく変わっちゃったなぁって、しょんぼり。まずはダイエットかしらね。でも恋心でもないと無理ですわ、奥さん。
挙句、結婚式の写真まで見て、「お母さん、お嫁さんの格好」って言ったら、今度は「なんでお嫁さんになったの?」ってきかれて。
ちびまるこちゃんのひとコマのよう。
Comment:0  Trackback:0
2016
06.12

参観の土曜と尻相撲の日曜

Category: 未分類
土曜に保育参観、クラス懇談会があって、参加してきた。
娘は前から「あと○つ寝たら保育参観だねー!」って、夕飯時にダイニングテーブルの上のカレンダー見ながら言ってた。私は苦手意識まだあって、娘が楽しみにしてる姿を見ると、プレッシャーを感じて、それが情けなくて、でも行くぞ、行けるぞって思って。まぁ、結果、親子で楽しく参加できた。
椅子を丸く集めて、朝の会?みたいのをする様子を後ろから見てたんだけど、何回も振り向いてすっごいにこにこしてて可愛かったなぁ。ちゃんと前向くんだよ~って思いながらも、あの笑顔は頑張って行った自分への何よりのご褒美に思えた。
一緒に工作するのも楽しかった。ふと、こんな風に親が来ることを喜んでくれるのは何年生くらいまでかなぁと思った。小学校中学年くらぃでかな?喜んでもらえるうちが花だ。
担任の保育士さんが、とっても話が分かりやすくて、任せて安心できる感じでうれしい。今年度になって、娘も先生の話をたくさんしてくれるようになって、これまで以上になんだか安心。かっこいいな、プロ保育士。
帰ってきてからも、ついプールを出したり、公園行ったりして頑張り過ぎてしまい夜はかなり疲れてた。なのにうまく眠れず、ゆーパンも動員してしまった。
今日は旦那さんがいて、片付けとか手伝ってもらってありがたかった。娘と3人で尻相撲したのは最高に笑ったな。娘がい「3人で」「3人で」って言う。かすがい。ちょーつがい。ないすがい。
くだらない。笑。
2016
06.09

ゆりかごの歌

Category: 未分類
久しぶりに3人で夕飯後に遊んだ気がする。なべなべそこぬけ、かわいいなぁ。シーツに包んでゆりかごの歌を歌いながら揺らしてあげたのも久しぶりな気がする。大きいし、重くなってて、びっくり。今、隣で寝てる姿を見ても、いつの間に⁇って、不思議なくらい大きい。って、言ってもまだまだ小さくて、手の指とか、よく毎日折らずに遊んでるもんだと思う。そのくらい脆く感じる。
長いこと心配してたくしゃみ鼻水咳は今は落ち着いていて、平穏。
年がら年中、怪我病気の心配は絶えないけど、とにかく今日一日、家族がみな無事に過ごせたことに感謝して寝よう。
週末は保育園行事。
Comment:0  Trackback:0
2016
06.05

友だち

Category: 未分類
昨日に続き、保育園のお友達とちょっとだけ遊べた。

こういうことができるなんて、去年の私には想像がつかなかった。

緊張感はあるし、気をつけなきゃと思うけど、今は嬉しいし、誘ってもらえて本当にありがたい。


Comment:0  Trackback:0
2016
06.04

公園へ

Category: 未分類
去年遠足で行った大きな公園へ、今日は家族3人で行ってきた。
去年は近寄ろうとしなかったアスレチックにチャレンジ。私はまだはらはらどきどきで、できればやめといて欲しかったけど。苦笑。最初の何回かはお父さんと一緒にやってたけど、後からはひとりでできてた。成長してる。気に入ると何回もそればかりで遊ぶのは、去年と同じだけど。苦笑。
でも、促してみると今日は違う遊具でも遊べた。やっぱり親も同じものばかりに付き合うと飽きるからね、ありがたかった。一緒にターザンロープ、楽しかった。
シート敷いておやつも食べた。大好きなグミ、嬉しそうに食べてた。『あー、お弁当作って持ってこられないなんて、私はだめだ…』とか微塵も思わなかった。冗談みたいだけど、これは私の成長。ほんとにね、そういうへんてこなことを思ってしまうんです。調子悪いと。
お昼は娘が「お寿司食べたい」と言ったので、回転寿司へ。いくらの軍艦を喜んで食べてた。回ってくる方をずーっと見てるのがかわいかったなぁ。
午後はご近所へ。
友達とワーワーと楽しそうに遊んでた。行き帰りの道、花を摘んで大切そうに持って歩いてた。平和だった。こんなことが私にとってはとてつもないしあわせ。
お風呂でお絵描きしながら今日の楽しかったことを振り返ってて、そのにこにこした顔と言ったら。私の知ってる小さな世界の中で1番かわいい。
いっぱい歩いたから今日はぐっすり眠れるといいな。
Comment:0  Trackback:0
2016
06.03

教えたがる

Category: 未分類
私には教えたがる癖があるんだろうな。

保育園で十分いろんなこと教えてもらってる(学んでる?)ようだから、家では、ぼけ~、だら~ん、ギャオーッスなどなど、ありのまま、だめならだめのまんまでもいいのかもしれない。っていうか、そもそも家ってそういうものか…。

ついあれこれ躾なきゃと思ってしまう。

娘にしたら息苦しいよな…。

大切なこともあるんだろうけど、私はつい、あれもこれもぜーんぶ!と思ってしまうところあるから、意識的にこれはいいや、それもいいやと切り捨てたくらいで丁度いいのかも。

鼻かみがなかなかうまくいかなくて、私は丁寧に教えてるつもりだけど、娘にしたらウザくって、他にも食事中やら遊んでる最中やらなんやかんやと言われて、やってられないよな。

反省。

まぁ、それで娘が大人になった時「なんで教えてくれなかったの!」と責められるかもしれないけど。汗。

子育てはほんとに試行錯誤の連続だの。





Comment:0  Trackback:0
2016
06.02

連チャンボラ

Category: 日記
リハビリのためのボランティア活動、2日続けてというのは初めてだったから、ちょっと気負ってました。でも、結果、楽しかった。

前にも書いたけど、ボランティアしてきた日は娘との会話が楽しい。夕飯の時いろんなこと話せて嬉しい。

娘にとっても、「お母さんにはお母さんの世界がある」って感じられるんじゃないかな。それは、娘が保育園でのことを楽しそうに話してくれて私も一緒に嬉しい楽しいのと同じように、娘はお母さんの世界の話を楽しく聞いてくれるんじゃないかな。あれ、なんかややこしくなった。

とにかく。

旦那さん、娘、保育園、実家、おおらかに受け止めてくれるボランティア先の恩師、みんなに感謝感謝です。

私はこれから社会的にどんな道をたどるか分からないけど、治る道だけは、ときどき荒くれながらも歩いてると確信してます。

できれば荒くれたくないけど。笑。 ごめーん。唯一の読者さん。あでおす。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top