2016
07.30

夏祭り第一弾

Category: 未分類
娘にいつか渡したいと思って、今の娘との生活や気持ちを手紙に書いてた時期があったけど、最近書いてないなぁ。
今日は近所の、10年に一度開催という幻みたいな夏祭りに行ってきた。
暑さのせいか、鼻づまりのせいか、なんなのか分からないけど機嫌があんまり良くなかった娘だけど、お祭りと聞いてもうにこにこにこにこ。
去年も違うお祭りには行ったけど、やっぱり楽しみ方が成長?したなぁと感じました。
園の友達や公園での顔馴染みの友達とあって喜んでる姿。
ステージ発表のヨサコイ?を見て一緒に真似して踊ってる姿。
スーパーボールすくいの網が即破れて、狙ったものが手に入らなくてむすっとした顔。
初めて母の元を数メートル離れてひとりで買った瓶ラムネ。大切そうにずっともって、ちびちび飲んでる姿。
くじ引きで大物は当たらなくて、ボビンみたいに小さいヨーヨーをもらって、お気に入りのピンクだから満足気にしていた顔。
全身で楽しんでる娘の姿を見ると、普段、いろいろ心配していることが全く筋違いだと感じて、安心まではいかないけど、「だいじょうぶだよ、娘はこんなにいい笑顔が溢れるんだから。」と思えました。
生活リズムを崩すのが怖い私は、それでも普段は夕飯を食べ終わっている時間までお祭りを楽しみました。夕焼け空が綺麗でした。
少しずつ押し気味で夕飯、お風呂、寝かしつけ、とひとりでがんばりました。興奮したからか寝つきが悪く、イライラしてしまったけど、表には出さないでがんばれた。
その後、帰ってきたお父さんにはいっぱいいっぱいな気持ちをぶつけてしまったのが悔やまれるけど…。はーぁ。難しい。
明日も違う神社でお祭り。明日はばあばと3人で行こうかな。綿あめとかき氷とスーパーボールリベンジ。笑。焼き鳥も楽しみ。お父さんがいないのが本当に寂しい。
さらに8月頭にもお祭りがある。楽しみ。
少しでも楽しい夏の思い出作ってあげたいという親心。自分も楽しめるようになってきたのが嬉しい。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
07.29

精神科診察備忘録2016.7.29と美容室

Category: 未分類
最近ブログは意識して軽い感じで書こうと思ってたけれど、なんだか私らせしくないなぁという気がしてきたので、またもとのような文体に戻そうかなぁと思います。
今日は精神科受診日でした。調子が悪くなるのはとにかく眠れないことから始まるので、それをなんとかしたいと先生に伝えました。
睡眠剤を中期作用のものにして、長く眠れるか様子を見ることになりました。ただこの薬はだいぶ前に飲んでた薬で、副作用もなかったけど、作用もよく分からなかった…。飲んでたのが、鬱の症状がものすごくひどかった頃だからかな。今くらいで飲んだら効いてくれるんじゃないかと期待して飲んでみます。
病院の後は半年ぶりに美容室へ。ヘアードネーションのために髪は伸ばす方向ですが、カラーとトリートメントと傷んだところを切ってもらってキラキラつるつるの髪になりました。嬉しい。好酸球の症状が今よりひどく、不安定だった頃は美容室なんて行けなかった。自分の顔を大きな鏡で見るなんて、見られるなんて、無理だ(;_;)と。ここまで治って(落ち着いた状態を保てて)ほんとに良かった。
夕飯は旦那さんと合流して外食。今日は娘は実家にお願いしました。明日明後日、また娘とふたりぼっちになるので、今日は充電充電。
土日が巡ってくるのがほーーんと早い。充実してるっていうことかな。
梅雨もあけたようで暑くなりそうな週末。のんびり楽しめますように。張り切るな自分。笑
Comment:0  Trackback:0
2016
07.28

ボランティアで

Category: 未分類
ボランティアの日でした。
夏休み特に賑わう施設なので、朝からたくさんの家族連れがいて、熱気ムンムン。
簡単な工作の説明と作り方のお手伝いをするんだけど、娘ぐらいの年齢の子たちもたくさんいて、その家族もいて、私にとっては、もうごめんなさい、皆さんサンプルです。言葉があってないかもしれないけど、観察対象。うわ、ひどい。こわい。なにそんな人がボランティアしてるの。してますよ、にこにこと。
丁寧に手順を説明しながら、こどもの表情とか肌艶とか爪先とか親の話し方とか介入の仕方とか見させて聞かせてもらってますです。苦笑。
いろんな子供がいて、いろんな親がいて、そもそも親と来てない子供もいて、ゆっくりな子、テキトーな子、むすっとしてる子、恥ずかしがりの子、慎重な子、投げ出す子、甘える子、間違いが許せない子、にこにこしてる子、それと同じぐらいいろんな親?付き添いがいて。
とってーも勉強になります^ ^
 決まりなんてないんだと。
でね、つるっつるピンクのほっぺのこどもって、あれ、いないよね。雑誌とかで見るようなのはいない、いない。みんなクマできてたり、くすんだ色だったり、私の中のイメージ「つるっとピンク色のこどもの顔」ってのを、気持ちいいくらい破壊してくれる。
うちの娘、顔いろ良い方でなくて、心配してた。なにかどこか悪いのかなぁって。みんな周りはツルツルピンクなのにーって。
でもまてよ、よく見よう。よく見たらそんなことないじゃん。っていうこと。
本とかネットとかじゃなく、外に出て生身の人間と会って話して得られるものは大きいしリアルだ。リアルじゃないのも、まぁあることはあるだろうけど。汗。
眠剤効いていてちょっと頭が回らない。
とにかく、ボランティアは単純に楽しくて、普段悩んでることの答えが転がってるような感じで。始めてよかったなぁと思います。
保育園の先生はじめ、ばあば、お父さん、そして娘に感謝感謝の気持ちでいっぱいです。
このリハビリがんばって、この先どうなるかはわからないけど、何かに繋がっていくと信じてます。
Comment:0  Trackback:0
2016
07.27

成長痛なのか?

Category: 未分類
今晩は旦那さん泊まり出張で、娘と2人ぼっちという…。私、立ち直り早くなったと思う。
それもこれも辛い時に娘を預かってくれる保育園の先生や、ばあば、旦那さんのおかげ。
感謝感謝。
娘は数日前から寝る時に左足の太腿を痛いという。さっきもそれで少し泣いて、私の不安メーターはあっという間にふりきれそうだったけど、なんとか落ち着いて、娘を安心させてあげられた。なんなんだろうな。成長痛っていうのかな。昼間も夕方も問題なく走り回ってたのに…。
もうしばらく何日か様子を見てあげないとね。
不安になっても、こどもにはそれを悟られないように優しく安心させてあげること。
難易度高過ぎだ。今の私には。

でも実は私、できてしまうんだ。もう極限の緊張感の中で。で、緊張切れると、本当は心配で不安でたまらなかった気持ちが溢れだして、崩れてしまう、というかんじ。中途半端~~。




Comment:0  Trackback:0
2016
07.26

大波きたかなりつらかった

Category: 未分類
昨日、どかーんと大きな波に襲われた。
頭が暴走迷走して止められず、苦しかった。
旦那さんに話を聞いてもらって泣いて泣いて、実家に娘を預けることにして、気付いたら昼間、3時間も寝ていた。糸がぷつんと切れたみたいだった。
親をやっていくのが無理だとしか思えなくなってた。
私は娘の心配事で頭のてっぺんからつま先までいっぱいで、破裂しそうだった。
どれもやっぱり鬱の症状なんだと思うと、こんなに治らないなんて、もうずっと治らないんだと悲観してしまった。
波を越えて仕舞えばそれこそが鬱なんだと分かるんだけど。
眠ったあと、驚くほど頭がすっきりしていた。
今日も家事育児何もせず。母親失格とか妻失格とか全然思わなくなったのは、前進なのか。
私はまだ自分のことをうまくコントロールできなくて、頑張りすぎたり無理したりしてしまう。思考もまだまだかたくてややこしくて理不尽で、心をあっという間に握りつぶす。そして鬱におそわれる。
こんな繰り返しをしてばかり。
だけど、せめて。
もうだめだと泣きながら聞こえてきた旦那さんの言葉ひとつひとつや、娘の電話越しの声、ばあばの心配そうな声、全部、内容ももちろん覚えておく。
次の波を少しでも楽に超えられるよう。
ずっと家族で居られるよう。
今日はゲームしてました。笑。からーーーっぽ。一回自分を埋め尽くすものから、カラダ中を空にした。
だから、明日からはまたぼちぼちいきられると思います。
冷静に根気良く付き合ってくれる旦那さんに感謝感謝のこの大波でした。
Comment:0  Trackback:0
2016
07.23

花火と寝かしつけの苦労のこと

Category: 未分類
育児はまだまだ不安が大きいこともたくさんあるけど、自然体でいられることも増えてきたなぁと改めて思う。寝かしつけはまだまだ自然体ではできず、心中大嵐悶絶七転八倒吐血しそうな感じ。ほーんとやだ。でも、どうやら私だけでなく世の多くのお母さんが辛い思いをしてるらしいから、私個人が特別情けないわけではないんだろう。

寝かしつけが辛いのは、あと少しで(終わりはない育児生活だけど)一区切りつけられるポイントなのに、なかなか簡単にはたどり着けないからかな。安心したい、ほっとしたい。なのに、ガサゴソ動いて寝ない。なんなのよ、早く安心させてよ、ほっとさせてよ、という心の叫びだと思う。これ読んでピンとこない人は、寝かす役目に執着せずにいわゆる「寝落ち」しちゃうタイプの人だろう。私はそういうものになりたいんだけど。


話変わって。今日は家族3人で花火をした。スーパーで見かけるようになってからずっと、娘がやりたいやりたいと言ってた花火。1番安い、量の少ないやつだったけど、ちょうど良かった。娘は最初は私と一緒に持ってたけど、ひとりで持てて得意げだった。すごいなぁ。私は多分、小学生になってからだと思うぞ、ひとりで持てたの。笑。強いな。なんか嬉しいな。

今日は寝る直前、ぐーんと伸びをして「た、の、し、かっ、ったぁーーー」と声を絞り出してた娘。なんて幸せなんだ。


明日はまたふたりぼっちだけど、全力抜いて過ごすのが目標。

Comment:6  Trackback:0
2016
07.18

終わってみればあっという間

Category: 未分類
3連休、娘とふたりでぼちぼち楽しく過ごせた。怪我や病気がなかったのが何より。
今日は、園の友達を家に誘ってみた。お昼寝の後数時間、楽しく遊べた。まだまだ並行遊びが多くて、ちょっと心配になったりしつつ…。でも、娘の笑顔だけが事実なんだよなと、さっき寝顔を見ながら思った。
もう少しこうあってほしいとか、これでいいのかなぁとか、そんなのは私のひとりよがりで。
…ん?前にも同じこと書いたような気がする。成長しないな、まったく。いや、してるはずだ。少しは。
とにかく。
特別なことはなかった連休だけど、娘といっぱい一緒にいることができて、しあわせでした。
なんでもない毎日が、どれだけ夢のようだったか。
こういう時間を、周りの人に助けられながらも自分で取り戻しつつあることに自信をもとう。
Comment:0  Trackback:0
2016
07.16

連休だけど予定はない

Category: 未分類
連休初日。ぼちぼち過ごせた。
明日、明後日も娘とふたり。なにしようかな。
足の痺れが来ないように祈るばかりです。
Comment:0  Trackback:0
2016
07.14

外に出ること

Category: 未分類
今日は久しぶりのボランティア活動。朝は旦那さんが早くに出たので、かなりばたばしたけど、娘もだいぶ自分のコトは自分でできるようになってきてるからね、助かります。
あわよくばお風呂掃除と洗濯干しと掃除機かけざっとだけでもって思ってたけど、無理よね無理無理。どんな時間計算よ。
布団上げて、茶碗洗って、ゴミ出して、洗濯乾燥までのコースでぽちっとして、お風呂の栓抜いたくらいが今朝の家事の限界でした。娘のコトはまた別だし。髪結んだり、薬飲ませたり、歯磨きしたり。ね。ほら、自分の化粧、いつするのって話。
まぁどうでもいい。
ボランティアはお初の方ともいろいろお話できて、内容どうこうより、とにかく知らない人と話せることが楽しくて嬉しくてこのボランティア始めてよかったなぁと思う。子どもとの関わりもたのしいし、かわいい。娘が居るだろ、娘の世話を保育園にお願いして、よその子相手に科学工作なんて…とか思う人もいるかな。いるんですよ、ボランティア仲間に。笑。「おうちにいなきゃ!お母さん」って言われましたの。ほほほー。余計なお世話ですことよー。ムキーッ。
お母さんだって適度にね、社会と関わりを持っていたいと思うので、「お母さんは家で子どもの帰りを待ってるもの」というステレオタイプを私の目と耳に入らないところまでぶん投げてやりましょう。
とーーーーーーーーーーーーーーーーぃ!
Comment:0  Trackback:0
2016
07.12

やったことを書き出してみた

Category: 未分類
元気に登園できて、一安心。よく一緒になるお母さんに「週末、熱が出て…」って話したら、「風邪?」と聞かれ、「溶連菌でした。」と答えたら、「うちも先月そうでした」と。他にも何人か聞いてるから、仕方ないんだよなぁ、もらうものはもらうよなぁ、と改めて思った。
話変わって昨日のこと。大事をとって娘は休ませてた。ふたりきりで一日中。朝、お父さんにお利口さんにしてるように言われたからかな、とっても穏やかに過ごせた。
家事も育児も成果はなかなか目に見えなくて、あれこれ精一杯やったつもりで一日中 終わってみても、何にも残ってなくて、というか、残らないようにするのが家事だからね、毎日自分は何やってんだろう…って虚しくなることもある。
だから、昨日はいちいち自分がやったこと書き出してみた。やるごとに。そしたら、ルーズリーフいっぱいになって、さっき、眺め直したら涙出そうだった。
ただの自己満足だけど、よい試みでした。
自己肯定感アップよ。
Comment:0  Trackback:0
2016
07.10

娘は薬を飲めるようになり

Category: 娘のこと
娘、今日は熱もすっかり下がりご機嫌。食欲もいつも通り。熱が下がっただけでは安心できないのが溶連菌だということで、まだ気が抜けないけど…。

2年前に保育園に入りたてで、溶連菌とアデノウイルスと急性中耳炎のトリプルパンチで入院した時と比べたら、かなり楽だ。

1番ありがたいのは、薬をしっかり飲んでくれること。飲ませながら、『こんな日が来るなんて。』と涙が出そうになる。大袈裟だと笑ったあなた。呪っちゃうからね。 本当にここに来るまで遠かった。何かにつけ出される薬をどうにか飲ませるために、どれほど神経をすり減らしてきたか。ふー。今、大切なお薬を飲ませるのに必死になってる保護者さんには、アイスをお勧めします。バニラアイス。濃厚なやつ。我が家の娘は、あれで飲める(?)ようになってから、徐々に薬に対する抵抗が減って行ったような気がします。薬の種類にもよるから一概には言えないかもしれませんが…。

さて。

明日は大事をとって保育園おやすみ。
今日くらいご機嫌でいてくれたらありがたいけどなぁ。今日はお父さんがいたからかなぁ。比較的穏やかだったよな…。

とりあえず気長に付き合いたいと思います。




ほぼ閲覧される方がないと思っていたので、超適当になってたこのブログ。久しぶりにコメントいただいて嬉しかったなぁ。と、同時にもう少しまともな記事書かなきゃとも思いました。特に産後鬱、好酸球性嚢胞性毛包炎関係は。





Comment:0  Trackback:0
2016
07.09

溶連菌

Category: 未分類
祭り楽しかったんだけどね
溶連菌になりましたとさ。
また詳しく後日かけるかな。
とにかくよくかんばりました。彼女も私も。
Comment:2  Trackback:0
2016
07.08

明日は行事

Category: 未分類
明日は保育園の夏祭り。「楽しみ~。あと1日って書いてあった。」と、園内に貼られたカウントダウンのポスターのことをお父さんに教えて眠りについた娘。私は、正直気が重い。だって彼女はテンション、ガッと上がってドッとさがるからね。そうそう、娘のこと、ちょっと試しに『彼女』って呼んでみようかと。理由は、少し気持ち的に距離ができるんじゃないかと。ひとりの人として見られるように。.高校時代の担任が息子のことを『彼』って呼んでて、なんだかスカしてて嫌な感じだと思ってたけど^^;
話がそれた。
お祭り。天気予報は雨で、蒸し蒸ししそう。名古屋ばあばが送ってくれたかわいい浴衣着せる予定だけど、うーん。着替え持っていった方がいいだろうな、こりゃ。「暑い暑い」と脹れる顔が見える見える。
すごく大勢の人が集まるから、それだけでもままだ怖いなぁと思う自分もいるけど、なんとかなるだろうな、なんとかしなきゃな、なんとかできるだろうな、という感じ。
笑顔、いっぱい見られるといいな。
という言葉のうらに、笑顔じゃない彼女のことはあんまり好きじゃないのかという疑問。…できれば笑っててほしいと思うなぁ、やっぱり。不満顔もさ、かわいいはかわいいけど、余裕ない時ずっとそういう顔を続けられると、なんなのよ(イライラ)ってなっちゃうからね。ちいさくてごめんね。
それなりにえんじょーい。
ところで、私は何着てこう。
ここで響く「主役じゃないんだから」byお父さん。
そりゃそうなんだけどさ。ブヒブヒ。
とにかくこのボサボサ頭はなんとかしなきゃなぁ。明日はとにかくひっつめて乗り切ろう。
月末、美容室行こう。海の日連休またふたり生活だから頑張ってそのご褒美にしよう。
にんじん目の前にぶら下げて走る馬よー。馬よー。
Comment:0  Trackback:0
2016
07.02

2人の土曜日

Category: 未分類
先週に続きます、娘と2人の週末。
天気にも救われ、体調は悪くなく、ぼちぼちがんばろうの精神でなんとか1日目を終わりました。
屁理屈こねたり、ちょっとのことでムスとしたり、「まったく、もー。親の顔が見てみたいわね(¬_¬)」てところがある娘ですが、日1日と大人になってる感じはします。聞き分けがでてきたっていうのかな。
おもちゃ欲しかろうが、もっと遊びたかろうが、約束だったよね?っていうと、案外気持ちよく返事する。「約束を守れる私、かっこいい、」って思ってるんだろうな。
だから、そういう時はできるだけほめたり、感謝したりする。それに、時々私の方から約束やぶってみせる。おもちゃ買わない予定だったのに買うとか。これも大切だと思う。機械じゃないんだし。約束は破られる時がある。で、今のところ、破られて嬉しい約束しか破ってないです。なんか偉そうに?書いたけど、ただ私の意志が弱いってことかも。
話変わって、すごーく元気だった娘が夕方になって突然お腹痛いと言いだした。
考えられる原因として、
お昼に食べたラーメンでの消化不良。
アレルケアで腸の活動が活発になり過ぎてる。
冷えた。
食べ過ぎた。
などなど。
旦那さんがいなくて、パニックになりそうだったけど、頓服をパッと飲んで深呼吸。冷静に観察するぞ、と覚悟を決めた。あとはできそうなことを考えて全部した。急変前に下ごしらえしていたものは、だめになっちゃうかなぁと思いつつ冷蔵庫に帰ってもらって、うどんの用意とか。ゲロ下痢対策グッズの用意とか。救急呼ぶかもしれないから着替えとか。
苦笑したあなた。
私はこうして子育てするしかないんです。不自由よね。でも、今の私のやり方なんだ。
どうかこの夜をなんとか越えられますように。
Comment:0  Trackback:0
2016
07.01

流しそうめん

Category: 未分類
娘が7、8か月の時のこと。
まだあの頃は、実家中心の生活だった。旦那さんはどこだったかに出張でメールのやりとりしてた。
その日はとにかく娘は泣いてばかりで寝なくて飲まなくて、どこか具合が悪いのかとか、おろおろドキドキしていた。もう私は壊れるまで間も無くのところまで来てて、今の比じゃなく寝てなかったし、ふらふらだったと思う。
そこにね、「これから流しそうめん^ ^」ってメールが来た。地球を割りたくなった。る
なんの悪気もない。むしろ、のちのち聞いたところによると「楽しいことを共有したかった」という、疲れた私への心遣いだったらしいけど、あの日から『夏→流しそうめん→ここには書けないダークサイド』の連想が必ず夏の始まりに頭に起こる。
もうね、今更笑い話だけど。
今週末、遠方に出張の旦那さん、あなたしか読んでないかもしれないブログでこんなこと書いてごめんね。少し蒸し返してみました。てへぺろ(・◇・)
Comment:0  Trackback:0
back-to-top