2017
02.15

娘の入院。経過

Category: 娘のこと
娘は今朝から病院食を食べ始めました。朝のご飯、嬉しそうに食べました。昼と夜はいつも通りな感じになりましたが。

点滴もほとんど必要ないほどなりました。

午後の採血採尿の結果、血糖値、ケトン体、カリウム、ナトリウム、phも正常に入ってきました。

体力的にはふらっとするような感じがあるけれど、いつも通りおしゃべりな娘に戻ってくれました。

あとは、なんでこんな状態になったのかを調べるのかな。っていうか調べてほしい。涙。

でないと1日の発熱、1晩の嘔吐でこんな状態になってしまうなんて、これから先、怖くてたまらない。

今回の看病を記録してたメモを何回も見返して、どこでどうしてこうなったのか分からない。

娘は107センチ、19.5キロ。いたって標準体型。むしろ少しぽっちゃり。こういう子が一晩で低血糖の状態になるのはなぜか先生方も考えてくれているよう。

やっと少しずつ、風邪などの体調不良や食事について、ガチガチだったのが緩んできたところだつたのに、また強迫観念にとらわれてしまいそう。

「やっぱりもっといっぱいなんでも食べないとこうなっちゃうんだ」っていう感覚が既に私を縛り始めてる。楽しくほどほどに食べられれば良いって、ほんとに最近少しずつ思い始めたのに…。

原因はっきりすることは難しいのかもしれないけど、もう本当に怖くてしょうがない。

ひとまずは助かったことを喜びつつ、感謝しつつ、不安がむくむく大きくなってる。

今日は1日付き添いからのそのままとまって明日の夜までがんばります。



スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2017
02.15

Category: 未分類
朝にも娘は吐きました。
午前にいつも行ってる総合病院の小児科を受診しようと思ったら臨時の休診。旦那さんの提案で前に何度か通ったことのある少し遠くの小児科へ。
心筋なんとか?がないかレントゲンと心電図。インフルの検査。血液検査詳しく。
そこで異常が見つかったので、夕方には大きな病院へ入院になりました。
低血糖、ケトン体、脱水。ワードとしてはそのようなものが頭に残ってます。
娘は入院してからもほとんどごろんとして喋りません。昨晩に比べたらずっと良いけれど。
パニックでしたが、旦那さんがいて本当に救われました。
必ず良くなります。
Comment:0  Trackback:0
2017
02.14

救急子ども外来

Category: 未分類
咳き込みと同時に吐きました。がんばって摂らせてる いた水分を吐いた感じです。
でも吐いた後はいつもの娘の喋り方にもどって少し安心。「すっきりしたー。」だって。
その後2回吐き、とても辛そう、吐いてるのも胃液だし、水分とっても吐くし…心配になったので#8000にかけました。 
胃液を3回も吐いてる状態ならすぐに受診してくださいということで、こども急病センターに。旦那さんがいてくれて本当によかった…。  
結局、お腹にウンチがたまってること、腸がゴロゴロ言ってること、喉が赤いことなど診てもらって、浣腸と吐き気どめの座薬をもらいました。
座薬は病院で入れてもらって、車中は大丈夫だったけど、ついて降りるときに4回目の嘔吐。涙。よっほど胃は痛んでるはず。
インフルだと思ってたけど、胃腸炎の方だったのか。明日はかかりつけの小児科に行かねば。
Comment:0  Trackback:0
2017
02.13

唸る。熱はない。

Category: 娘のこと
一日中、赤ちゃんの頃のようにうーんうーーんうーんと唸りながらうとうと、寝るに寝られない感じで足も手もバタバタさせ。

テレビもつけるのは嫌だと言われ、しーーーんとした中、ずっと家の中。娘の唸り声だけ。

娘ががんばってる、辛いのは分かるんだけど、ずっと聞いてると心配と不安がどんどん大きくなって頭がぎゅっとなってしまいます。唸り疲れたか今さっきやっと眠りました。

つらいつらいつらい。

友だちに弱音のメールをしたら仕事帰りに差し入れ持って寄ってくれた。じいじも義理姉さんが作ってくれた夕飯持って来てくれた。旦那さんも心配してメールくれたり電話くれた。

不安がイライラに変わって、娘に辛くあたらないようにしなければ。辛いのは娘。もうちょっとできっと良くなる。今は辛くて甘えたくてぐずぐず赤ちゃん返りしてるだけ。昨日まで健気にがんばってたじゃない。今日一日だけでこんなにへこたれてどうするだ、私。

今は目の前の15分だけ考えていきます。




Comment:0  Trackback:0
2017
02.13

Category: 未分類
熱は下がったけれど、昨日よりずっとずっと具合悪そうでぐったりぐずぐず寝てばかりいる…。消耗した体力回復のためだとは思うけれど、こんなに寝てばかりで水分は足りてるのかどこか悪いんじゃないかと不安でたまらなくなる。
ちょいちょい起きた時に水やポカリをふくませてるけど、これでいいのかな。無理やり起こして病院に連れて行く方が酷な気がするし、それは疲れてる自分への言い訳な気もするし、
おろおろばかり。苦しい。
でも、娘が起きた時は落ち着いた顔と声でがんばってるつもりです。
娘が寝てるうちに自分も眠れればいいのにできないし、たった3日の看病が本当に辛い…( ;  ; )ここで弱音吐いてまたがんばる。
Comment:0  Trackback:0
2017
02.12

寝る前の熱は37.9

Category: 娘のこと
今週のちびまる子ちゃん。ともぞうさんとめるちゃんのお話。

笑いながら泣いてしまいました。じいじばあばの溺愛って、外からだと微笑ましく、身内だと困りもので。なんだか、朝もやもやしてたものが少しだけすっきりした感じがします。娘も観てたけど、ぽかんとしてた。笑。

なんとか旦那さんが帰ってくるまで一日中頑張りました。お母さんなら当たり前のことなのかもしれないけど、私にしたら花丸です。何か自分にご褒美を考えようかな。

寝る前、娘に「元気になったら何したい?」と聞いたら「プリキュアの映画観に行ったり、楽しく過ごしたい。」ってしあわせそうな声で言ってました。

早く良くなりますように。
明日の朝、熱が下がっていますように。
旦那さんにうつりませんように。
私は少しでも良く寝て明日も頑張れますように。




Comment:0  Trackback:0
2017
02.12

Category: 未分類
朝一、ばあばから電話。
じいじから電話をもらって娘の咳のことを聞いて、「れんこんがいいんだってよ」と知らせてくれました。
ありがたい。
…ではなく、とても嫌な気分になってしまいました。
ばあばが孫を心配してくれる言葉を受け取った私が何を1番に感じてしまうかというと、
「あなたがちゃんとしなさい。(ちゃんとしてないからそうなるんだよ。)」
というメッセージ。
ダメ出しをされた、と感じてしまいました。
旦那さんには「理解不能」と言われました。「人のこと心配できるくらいばあばが元気になって良くなったって思えばいい。」と。
そこでさらに「やっぱり私がおかしいんだ」「私がダメなんだ」と悔しく悲しくなりました。
時間が経って落ち着いて、そこまで嫌な気分にならなくても良かったよなぁと思います。
風邪とか何か娘の非常時、私は見た目以上に内心でパニックを起こしていて、それでも前よりはずっとずっとがんばっていろんなことやっているつもりです。まさに今のようなとき。
何気ない心配の一言を素直にシンプルに受け取れなくなって無駄に動揺し、周りにも嫌な思いをさせてしまい、とても哀しいです。
他の時、素直に受け取れた気持ちや言葉を思い出そう。
とても今は辛いです。
Comment:0  Trackback:0
2017
02.11

娘、咳

Category: 娘のこと
娘はまたも咳がひどくなりました。涙。熱はなく、機嫌も良いです。食欲はあんまり変わらないかな。水分も摂れているし、おしっこもちゃんと出てます。

咳が出るのにおしゃべりし続ける娘…。そんなに咳出るなら少し黙っていたら楽だろうに…と思いつつ、娘の声が聞こえていると安心します。この前吐いた時は本当にぐったりして寝てばかりで心配でたまらなかったから…。

寝かしつけで咳を聞き続けると今の私は多分パニックになるので、旦那さんにお願いしました。

私は少しでも良い睡眠をとって明日のひとり看病に備えます。

でも、階下から咳が聞こえる気がしてドキドキしてしまう…涙。情けないなぁ…。

健康な状態の娘の隣でさえ眠れないのに、咳で辛そうな娘の隣で眠ること(平静でいること)は今の私にはまだハードルが高いこと。こんな母親で恥ずかしいけど、現実。たまたま今日は旦那さんがいて助かりました。夫婦二人の子どもなので、こうやってお互いできることして助け合って行くのが醍醐味なのでしょうけれど、つい申し訳なく思ってしまいます。

感謝は忘れず、助け合うことを当たり前と思えるようになりたいです。



Comment:0  Trackback:0
2017
02.09

好きな人

Category: 娘のこと
今日、保育園に迎えに行ったら、新しい製作物が壁に貼られていました。バレンタインものです。笑。
好きな人の顔をそれぞれ描いていました。ほとんどの子が「ママ」なので、娘のを見つけるまでドキドキしましたが、娘も「ママ」でした。おめめぱっちり、可愛くにっこりに描いてくれていました。涙出るほど嬉しいです。
2歳ごろ、まだ実家にお世話になることの方が多かった頃の娘は「ばあばが良い、ばあばが良い」で私は落ち込むことが多かったなぁ…。お世話できないんだから、娘にとったら当たり前の話なのだけど…。その頃よく「お母さんがなんて言ったって1番なんだから」とばあばに言われましたが、『そんなの私には当てはまらない』『私は母親失格なんだ』と本当によく泣いていたことを思い出します。…こんな風に振り返る日が来るのですね。
なんだか「自分が1番!」「自分が選ばれた!」「嬉しい!」って浅ましいようですが…。やっぱり1番でいられるうちは1番でいたいです。笑。
最近肌も酷くてお化粧をしていなかったけど、落ち着いて来たので少しでも小綺麗にしておこうと思いました。
Comment:0  Trackback:0
2017
02.08

ばあばの手術成功と私の休職問題

Category: 未分類
*前置き*
後半、暗くなっていきます…苦笑。お気をつけてお読みください。おかげさまで好酸球の症状は落ち着きました。
ばあばの手術が無事に終わりました。鼻から内視鏡を入れて、レーザーで焼き切るというものだったそうです。小指の先くらいのものが取れた、と。1時間かからず、出血もそれほどなかったようです。最初の説明で“大手術”と聞いていて、心配していましたが良かったです。順調にいけば、1週間で退院になります。
昨日今日、じいじと兄が付き添ってくれて、私は待機でした。何もしないのは余計に辛いので、実家で留守番をしてくれている義理姉とじいじにご飯のおかずの差し入れだけしました。
私が心配して電話をすると「あんたは自分が疲れないようにだけしなさい。」とじいじにもばあばにも言われました。情けない娘だなぁと思うのと同時に、いつまでたっても親は子どものことが心配なんだよなぁと、納得するような気持ちになりました。でもやっぱり、情けなさの方が大きいなぁ…。
ちょうど今日のお昼に職場から「休職の辞令が出ました」と電話があって、私は一体いつまでこんな風なんだろうかと苦しく悲しくなっていました。
休職3年目に入り、後がありません。退職か復職か…。校長先生は本当に温厚な方で、「仲間として待っています」と言ってくださったけど、私には戻りたいという強い気持ちも戻れる自信もどちらもなく、ただただ申し訳なくなりました。
いろんな思いが頭に浮かんで、娘の寝かしつけの時に涙が出て来ました。
自分はどうしたいのか分かりません。。元に戻ることを目標にしたら良いのか、違う生き方を考え決めて進んでいくことを目標にしたら良いのか…。
分からないことだらけ、見えないことだらけです。
目の前のひとつずつできることをやっていくだけなのは分かりますが、そろそろ目標を定めないといけない気がします。
はぁ…。
なんにしても中途半端な自分が嫌い←ここに行き着いて凹みます。
いかんいかん。思考が負のスパイラルにはまってますね。脱出しなきゃ。
とりあえず今日はばあばの手術成功、それが何より。
Comment:0  Trackback:0
2017
02.07

好酸球性嚢胞性毛包炎が酷いです

大波の余波でまだソワソワふわふわざわざわしている心。

体もつられてあまり良くない状態です。汚ない話ですが、鼻水がまさしく水のようにポタポタ垂れてきます。風邪なのか何かのアレルギーなのかわかりません。インテバンを飲んでいるため熱が上がりません。ウィルスと闘えない体です。

何より辛いのは好酸球性嚢胞性毛包炎の症状。久々の大延焼です。顔全体ぼこぼこです。少し落ち着いたと思ってもまたぶり返す感じで、痒い。見た目も悲しいです。夏みかんの皮のよう。赤黒いし…。涙。

首にもブツブツがたくさん出ていてこれも痒いです。昨晩は首が痒くて眠れませんでした。今日はプロペトべったり塗って、少し落ち着いている感じです。

あぁ…。なんでかな、と考えたって仕方ないですが、つい考えてしまいます。いつ治るのか焦るし、不安になります。

旦那さんに「また良くなるよ」と言ってもらえたのが救いです。

そう信じて今できるケアをして我慢我慢です。
Comment:0  Trackback:0
2017
02.05

Category: 未分類
娘が鼻風邪をひき、旦那さんも仕事が忙しく、ばあばも間も無く入院、保育園参観懇談、…ひとつひとつはそんなに大変‼️ってことではないのに、なんだか私にはとてもプレッシャーで、いつにもまして眠れない日が続きました。途中覚醒が酷く、園を休んだ娘の昼間のお世話、諸々いつもよりは手抜きの家事がひとつやっては休み、休むと起き上がるのにまた大変な気力を使い…と言う感じでした。こんな母親でごめんという罪悪感も強く、なんとも苦しい数日でした。

イライラが爆発し、娘の食事の態度に対して旦那さんにあたり、娘にあたり、もう最低な態度でした。消えてなくなりたかった。泣き叫んで少し冷静になったら私はただ安心して眠りたいんだ、とふと思いました。怖いことに経緯をほぼ憶えていませんが、とにかく眠りたい一心で睡眠導入剤を5日分くらいかな、飲んでしまいました。おいしい、うれしい、と思ったのを覚えています。おいしくなんか、もちろんない。

あとは猛烈にお腹が空いた気がして、食べられそうなものを台所に座って口につっこみました。旦那さんに悪態をつき、保育参観にはいってもらっていたので、その間の『犯行』です。

食べてるうちのに眠気がやってきて、とにかく嬉しくて嬉しくて暖かい布団に入りました。

その後のことを思い出せません。
娘は参観の後、実家にお願いしたようでした。ばあばが電話をくれたような気がするけれど、おぼえてません。旦那さんが帰ってきたのはいつだったんだろう。となりで夢を見て泣くと、慰めてくれてたけど、あれも夢なのか。
今朝起きた時ここがどこなのか何曜なのか何が夢だったのか全然わかりませんでした。
やってしまいました。

さくら紙を一枚一枚重ねるようにして、できること、大丈夫なことを経験してかさねてきてたつもりなのに、こんなことであっという間に吹き飛ばしてしまう自分。
どうやったら眠れるようになるんだろう。
本当に苦しいです。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top