2016
02.01

娘のおしっこに血?

Category: 未分類
今朝起きたら、娘の右瞼が赤く腫れてました。土曜の午前、あやしい感じはあったけど、日曜は治ったようにみえてて、今朝起きたら、土曜より腫れてる…。

前にも風邪をひいた時、同じようになったことがあります。鼻水とかのバイキンが付いた手で目をこするとなるんだ、と言われ、その時は確か一週間くらい目薬さして治りました。今回もそんな感じかなと思って、保育園は休んで、小児科に行くことにしました。

インフルエンザ流行の話をちらほら聞いてるので、本当はものすごく悩みました。今行って、インフルの脅威にさらされるより、自然に治ることにかけるか、なんて…。目だけだったら、もっともっと悩んで、行かなかったかもしれません。でも実は、手首や肘内側、耳たぶのあたりがかさかさプツプツになってて、ちょっとずつ悪化してるような感じもあり…。ぐずぐず迷って「あー私がだらだら悩んで連れて行かないから、いつまでたっても良くならないんだ。」とか罪悪感に苦しむのももう嫌だったし、とにかく痒そうなのがやっぱり辛いので連れて行くことにしました。

案の定、いつも空いてることが多いかかりつけの小児科、激混み。涙。しかもぐったりしてる子、激しい咳の子、冷えピタしてる子、そんな子ばっかり…。娘には、絶対マスクを外さないよう言って聞かせて、もうほんと鬼の巣に丸腰で向かう一寸法師みたいな気持ちでした。情けないけど、どんと構えることが、本当に本当にできない。もう診察券出しただけでよろよろ。

その後、皮膚科に回され、軽いドライスキンだということでお薬をいろいろもらいました。飲み薬まで!…もっと早く連れてきてあげれば良かったかと落ち込みかけましたが、とにかく今日来れたんだから前進だと思い直しました。

小児科は皮膚科に行ってた分、待ち時間少なく呼ばれ、ありがたかった…。やっぱりこの前と同じような話をされ、目薬を2種類もらいました。

どちらの診察も娘は泣いたりしないでスムーズでした。ただ名前を呼ばれた時、遊びコーナーで夢中で「まってて。」とか言うから焦りました。苦笑。

そのあとが問題でした。帰り、いつも行ってるスーパーに寄って買い物して帰りました。しばらくトイレに行ってないから、トイレ借りて用足してからゆっくり買い物しようとしたら、痛いからおしっこできない、したくないと大泣き。久しぶりにあんなに泣く娘を前にして私は半分パニックでした。おしっこしたくないって…。お腹がおかしくなる、なんか大変なことになるってもう……。なんとか励ましておしっこさせて、拭いてみたらティッシュにうすーく血が滲みました。ここで思い出した。今朝、ウンチの後、お尻を拭いてあげた時も同じようなことになったこと。その時は、大きなウンチをして、ちょっとお尻の穴、切れちゃったかな…と思ったくらいでした。痛いとも言わなかったし、目の腫れのことで私は頭がいっぱいでした。さらに遡ること20分前、娘はおしっこ漏らしてました。そんなにないけど、たまに間に合わなくてやらかすので気にしませんでした。その時も痛いとは言ってなかったし…。

とにかく買い物して帰らなきゃと思って、ふわふわした感じで買い物して帰ってきて、痛がるところをよく見てみたら薄く血がついてる。ばくばくしながらうどんだけ作って食べさせ、もう完全にパニックになって旦那さんに電話するもお仕事抜けられるはずもなく…。

ユーパン飲んで、深呼吸して、できること、できること、唱えながらやりました。

幸い、かかりつけとは別の病院が近くにあって、小児科もやってる。電話をして聞いてみたらすぐ見てもらえそう、眠さもありぐだぐだになりつつある娘を抱えて急ぎました。

問診票を書く時、自分の手の震えに気づきました。見てる事務さんに「大丈夫ですか」と聞かれて、声が出なかった…。何かしゃべったら泣きそうでした。娘はまたキッズコーナーに行けると言って、ご機嫌が直って、それに救われる気持ちで待ちました。

診察はとても丁寧でした。見たところ分かる傷はないけど、血が出てるってことは傷がどこかについてたんだろうということで、痛いのは傷ついた後で知覚過敏になってるからだろうということでした。塗り薬で4日治らなければ、再診に来なさいと。

娘はここでもがんばりました。本当に偉くなった。涙出る。まだよくわからないけど、言われたことできることがんばるしかありません。

1日3回、だいじなところにお薬塗るということで、保育園は当分、休みます。

この頃おしっこしたばかりなのに、また?っていうことがあったけど、寒いからかなぁなんて勝手に思ってたけど、違かったようです…。サインだったのかと思うと、気づいてあげられなくてごめんと思ってしまう。

なんでもいいから早く元気になりますように。あ、元気はいいか。痛いのや痒いのが楽になりますように。

スポンサーサイト

back-to-top