2016
09.19

助けてもらう

Category: 未分類
娘の発熱、小児科通院からの耳鼻科に回され両耳中耳炎切開、看病の1週間。本当にきつかったです。明日も通院だけど、もう山場?は過ぎたはず…。
実際の娘の病状よりも悪く見えてしまうのが私の病気です。それに加え、『こういう時は母親の私が頑張らなければ』という思いが、普通以上に働いてしまいます。結果、あっという間にパンクするという…。いや、でも、今回はかなりがんばれたと思います。
そして、頑張り“過ぎた”結果、「もうだめだ」「消えたい」が発動して、出張だった旦那さんに心配をかけ、一日早く帰って来てもらった挙句、イライラして八つ当たりをしました。はぁ…。だめだ。
今日は実家に娘をお願いしました。罪悪感、心配、いろんな気持ちがありました。でも、私自身咳がひどくなって来ている。緊張の連続で疲労困憊な状態。こんな状態で看病されるより、ばあばとじいじのおおらかさに包まれて過ごす方が娘にとって良いだろうと判断しました。
娘には「お母さんも咳で辛いし、お仕事も溜まってるから(明後日の学習支援のボランティアの準備が全然できてない)今日はばあばのところね」と言いました。嫌がるでも喜ぶでもない感じでした。ここで娘の気持ちを深読みするのが私の悪い癖。…娘は私に見捨てられたと思うんじゃないかとか、本当はずっと私と居たいのに我慢してるんじゃないかとか。いろいろ悪く考えてしまうのですが、今日は一通り考えた後、割とすぱっと切り替えられました。『もうじゅうぶん、がんばった』という思いがあったからだと思います。
旦那さんと美味しいものたくさん食べて、買い物して気分転換できました。
明日からまた少しは本当の笑顔で娘のお世話ができそうです。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/1148-c42b513e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top