2013
05.07

悪気がないのは知っている

凹んでる人に、

「そんなクヨクヨしないで。
美味しいもの食べて、ぱーっと買い物でもして。」
とか、

「気分転換に、出かけたらいいじゃない。」
とか。

当たり前に使う。使ってた。

でも、鬱状態の人にそれは禁句。
自分が鬱になって初めて分かったんだけど。

クヨクヨしてる自分が嫌いなんだ。
食べるの大好きだったのに、食欲ない自分が信じられないんだ。
買い物を楽しむなんて、そんな資格、
私にはないんだ。
何も楽しいと感じられない。
目の前の世界が怖くて、自分が惨めで、情けなくて、外になんか出られないんだ。

さらに、私はわかってる。

その言葉に悪気がないことを。
その言葉を発する人が、本気で私を心配してくれているのを。

だから、なおさら苦しくなる。

身近に鬱状態と診断されてる人がいたら、出来ることは、励ますことじゃない。

同じ場所に立つ。でもそれは出来ないから想像をしてほしい。病気を知ってほしい。知る努力をしてほしい。

そしたら、生きてるだけで精一杯の人に対してできることは、おのずと見えてくるはず。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/115-7b069b44
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top