2017
03.12

娘の検査結果

Category: 娘のこと
先週の血液検査の詳細な結果を聞きに病院に行って来ました。

「ビタミンD欠乏性くる病」の可能性がありましたが、ホルモンの値からするとその可能性は否定されました。ひとつ安心しました。

ただ、肝機能の値であるALPが高くて「乳幼児一過性高ALP血症」ではないかということでした。約1ヶ月前の入院時は8000くらいだった値が、この前の検査で1900。正常値が1000くらいということなので、もう少しで下がれば、この一過性のものだったんだろうと。一過性っていうと「すぐ」って感じがしますが、1、2か月かけて下がっていくらしいので、また来月採血検査をして確かめることになりました。この「一過性高ALP~」は、原因は不明で、体にストレス(発熱とか嘔吐とか下痢とか)がかかることでなることがあるそうです。

まだ検査は続くし、心配もあるけど、とりあえず今は大きな問題なく、日常生活も普段通りでいいということでほっとしました。

先生がとてもゆっくり詳しく説明してくれたのでありがたかったです。またこんな状態になった時はすぐ診ますから夜間でも休日でも来てくださいと言われたので、安心しました。

終わってから手が震えてるのに気づいて、しばらくなおりませんでした。苦笑。大変な結果だったらどうしよう?ひとりでちゃんと説明聞けるかな?…と、だいぶ緊張していたようです。


病院から駅前まで出るのにバスに乗りましたが、その運転手さんがとっても良い声で、丁寧なアナウンスをしていて、ほっこりいい気分になりました。

最近、人の声のする場所にいることがすごく大切な気がしています。家でテレビや音楽もいいのですが、生の人間の声の中に自分を置いてる時にすごく楽な気持ちになれます。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/1213-b9604b4e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top