2013
05.31

診察予約キャンセル

Category: 日記
熱は下がった。でも、一人で通院できる状態ではない。今日は午前CBT、午後診察の予定だったけど、キャンセルした。薬、まだ一週間分くらいあるし。

電話で知らない看護師さんとやりとりしたが、最後、CBTの先生に代わってもらった。熱のこと、今日はちょっといけそうもないから無理しません、すみません…と。
先生の声を聞いたら、それまで意識してなかったけど、緊張していたのが分かった。先生の声はいつもと変わらず、穏やかで爽やか。

切ったあと、救急で運ばれた日のことを思い出してしまった。

あの日も予約をキャンセルした。

「本当は今日診察だったんだけど、調子悪いからって来ないで、薬ものんでなくて。で、やっぱ夜になってだめだからって、旦那が救急車呼んだんだって。」

吐き捨てるような言い方。高度救命救急の看護師さん。
外傷のない私を見て、顔を覆って歯を食いしばってるだけの私を見て、そう言った。

確かに命に別状はなかった。
でも、心は死ぬ間際だったよ。

あの時、意識がなければ良かったのに。頭は冴え渡っていた。

その後入院になり、友達になった子に悔しくてその話をしたら
「でもさぁ、生きてて良かったじゃん。」
と言われた。

私よりずっと年下の女の子。摂食障害でガリガリの女の子。その子も何度か救命にいったらしかった。
「ヤバイからって栄養のチューブ入れられて、逆に痙攣起こしてさぁ。」
って笑ってた。

元気かな。

話は飛んだけど、少し冷静さを取り戻した。
あの時と今は違う。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/152-74aa7422
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top