2013
06.19

自宅へ~干物人間~

Category: 日記
まだ体調が万全ではない旦那さん。
ここ数日で心身ともへとへとな私。

娘は実家にお願いして、夫婦だけで自宅へ帰ってきた。

「これからお父さんとお母さん、仕事ねー。ばあばとじいじと仲良くお留守番ねー。いってきます。」

別れ際の作り笑顔もだいぶ板についてきた気がする。娘、泣かず笑わず、ばあばに抱っこされている姿が、しばらく頭から離れない。

私たちはそれぞれの車で、出発。
私は音楽ガンガンかけて、歌って、泣きながら運転してた。でも、絶対に事故は起こさないぞ、と冷えてる頭。やけくそになって飛ばしたりはしない。

実家から離れるにつれ、解放感と疲労感が強く出た。私より先に自宅に着いてた旦那さんが用意してくれたご飯を食べる。なんというか、私はやさぐれた気分だった。

娘がいないことに触れず、静かで落ち着いてるんだけど、ぽっかり開いてる穴を見て見ぬふりしてることに自分で気づいている。それを意識しないように…やさぐれ。苦笑。

でも、万全ではないのに、一昨日の苦しそうな状態ではなくなった旦那さんの笑顔にも救われ、私はもう干物女みたいにグデーン。

娘とばあばを心配する余裕もない。

なんか異様に食欲あった娘が、また熱出すんじゃないかとか、やっぱりお母さんが夕方いなくなると心細くて夜、ぐずくずするんじゃないかとか、多少は思うけど、もう今の私に出来ることはない、と…。無責任かな。

とにかく、くたびれた。
私をまずは大切にしなきゃ、誰も救えない。

のんびりお風呂に入って気持ち良かった。この二日の辛かったこと、旦那さんに聞いてもらえて嬉しかった。

こういう環境にあることに本当に感謝できる今日の終わり。

一昨日の私、よく耐えました。丸。
スポンサーサイト

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/187-577b918d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top