2013
07.02

気づき

Category: 日記
旦那さんと話した。

覚えておくこと。
「私のことが心配で、顔を見たくて、見せたくて精一杯急いで帰って来ているということ。」
「くたっとなるのは、健康な印。だから、この人に任せればいいと思って欲しいということ。」

…だったかな。

少し話した後、ユーパン飲んだ。

それから更に話した。思ってることそのまま、ほとんど感情的にならないで話せた。辛い思いさせるのが辛いけど、ここで我慢したらまた積もり積もる。それはもう、もう、もう本当に嫌だから。

少しは前進したのかな。
ご飯も食べたし、お風呂にも入った。

お風呂で泣いた。

娘がいない。

でもそこで思い出した。

不妊治療してた頃のこと。
2年くらいあれこれやった。体外受精するか悩むところまで。結局、娘は自然に私たちのところに来てくれたのだけど。

その間、生理が来るたび落ち込む私の背中を旦那さんは撫でてくれてた。朝早く、夜遅く。

旦那さんは変わってない。
変わったのは、というか、病気になったのは私だ。

そして、何より、娘がいる。

今は離れ離れだけど、いるんだ。

それに気付いたら、涙引っ込んだ。


早く治って、思い描いていたようではなくても、家族3人で過ごせるようにと焦るけど。

ゆっくり治すしかない病気なんだ。
好きでなったんじゃない。

世界で娘のお母さんは私ひとり。
少しだけ自分を持ち上げられたかな。

支えてくれる家族皆に感謝。
どうやら効いてる様子のユーパンにも感謝。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/213-810214d4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top