2013
03.21

普通とか

Category: 日記
「普通だったら…」
「本来だったら…」
「母親が~すべき」
「家族とはこうあるべき」

こんな考えにとり憑かれて、うまく出来ない自分を責め、自滅して行くのが私の産後うつ。

生後4か月くらいまで、私は娘のことを心底かわいい、愛しいと思えなかった。

それは「普通じゃない」「母親としてあり得ない」ことだと思い、誰にも言えなかった。

数少ないママ友が言うのは「大変だよね。でも、かわいいよね。」がせいぜいだし、ママさん達のブログを見ても、楽しく育児やってる人ばかり(に見えた)。
キラキラ眩しかった。

育児は必死にやった。

なのに「かわいい」と思えない私は、母親失格だ、どうしてこうなんだろう、と悩んだ。
この子が泣くのは、私のことが嫌いだからだ、私の本性を知っているからだと怖かった。

旦那さんにも、いい妻ぶってた。

「娘とずっといると、頭がおかしくなりそう。」

そう言えたのは、病気を自覚してからだったと思う。あっさり、

「そりゃそうだよね。」

と言われて、豆鉄砲くらったみたいだった。いいの?母親がこんなこと言っていいの?って。

「普通って?」

…今は、だいぶ自分の中にある『普通』を疑う視点を持てるようになってきている。

世のママさん達も様々だ、と想像できるようにもなってきている。

各家庭、それぞれの『普通』で生活しているんだと思う。

人と比べて自分を責めているお母さん。あなたは多分、ものすごくまじめで、少し不器用なんだと思います。

フツウ、クソクラエ。

お母さんの健康が第一。赤ちゃんは大丈夫。育つ。

肩の力抜いて行きましょう。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/41-41f5cccb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top