2013
11.19

表皮ブドウ球菌

Category: 日記
昨晩も決壊。暴れて泣いて旦那さんを泣かせて。

睡眠薬が効いてくれるのが本当にありがたい。

また朝を迎えて同じ体。

でも、できる限りのことひとつだけでもしなきゃ。

髪を洗う。

当たり前のことがどうしてこんなに辛いんだろう。悲しい。…余計な考えがすぐ浮かんでくる。
目の前のこと、ひとつずつやるのみ。

旦那さんがいろいろやってくれてることに心痛む。こんな私のせいで…。また引っ張られそうになる。でも。目の前のこと、自分のこと。

そうやって、座り込みそうになる自分のお尻を叩いて耳鼻科へ。

一大事なんですよ。今の私にとっては。これだけで。

先生「先週の検査でひとつだけ菌が見つかりました。でも、そんな、長いこと悪さするようなものでもないので。塗り薬朝晩塗ってください。」

「皮膚科にいってるんですよね。皮膚に炎症起きると耳の中とかにも炎症起きることあるので関係あるかもしれませんね。」

早口。よく分からない。納得できない。声を絞り出した。
「どうすればいいんですか?」
トンチンカンでも、出口までの道のりを教えて欲しかったから。

「症状収まったら来なくていいです。」

…。違う。でも、ここで限界。

会計の時、「なんていう菌だったのか」聞いた。事務の人は先生に聞きに行ってくれて「表皮ブドウ球菌」と書かれたメモを持ってきてくれた。

薬はリンデロンVG。…薬局で知る。

皮膚科でやめたやつじゃん…。
Gはゲンタシン。これにかぶれる人もいるからって、Vのみのにした。それも合わずにやめたやつ。

反省。
先生に「なんていう薬ですか。」と聞くべきだった。

説明を求める力も説明する力もたりない自分にがっかり。疲れた。

痛いのはなくならない。

なんとか、心だけでも痛くないように、優しくしてあげよう。

鬱に邪魔されるけど。

さてさて。とにかく30分ずつ生きよう。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/429-78215371
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top