2013
11.29

11.29診察備忘録

精神科。

皮膚科からの紹介状をもらっての診察。

途中、恐ろしい痒みが来て悶絶。
声の出ない状態の旦那さんがなんとかならないかと懸命に伝えようとしてるのが分かった。ありがとう。ごめんね。

でも、精神科の先生にできることはなく。閉鎖病棟への入院を提案してもらったけど、デメリットの方が大きいと思い断った。

一昨日?、我慢の限界を超えておかしかった。『おかしい』って表現は違うな。私なりに必死で闘ってた。記憶もある。負けそうな自分の尻を必死で叩いてた。励ましてた。その一方で行動が普通ではないのも分かってた。やめたいのにやめられなくて、近くにあった薬の瓶で自分の頭を叩いた。叩いて気を失えればいいと思った。旦那さんに止められた。

とか、説明できなかったなぁ…。
旦那さんが声出ないから、パソコンにメモったのを見せてくれてたけど、当たって砕けた感じかな。

はっきり言って今日の診察は不毛だったけど、次に繋がるかな、という希望をもってなんとかがんばろう。

おまけ

旦那さんがひどい咳をして、声が出ない。しゃべるのが仕事の大半なので本当に辛そう。「私のせいだ」「私が心配かけたり、看病させたり、家事も全て任せてるから…」そう思ってしまってた。

でも、風邪の原因100%の内訳を考えたら、多分半分いかない!…と考えることにした。鬼嫁にでも何にでもなっても鬱に乗っ取られてたまるか。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/441-5a722081
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top