2013
12.03

大学病院皮膚科初診①

旦那さんに付き添ってもらい、約一か月待った大学病院皮膚科を受診。

これまで診てくれた先生3人と違ったのは、「がっちり患部に近寄って、虫眼鏡みたいなので診る」のと「触る」の。

正直、『大きな病院だからたくさん重症な人がいて、私みたいな半端なものはパッと診て終わりだろう』と思ってた(やさぐれてる)。

問診では、これまでの経過を説明。お薬手帳、顔の経過写真(印刷していった)、スマホにとってた指の写真、旦那さんの助け舟?でなんとかかんとか…。

先生からは
・金属アレルギーじゃないか?
・バルトレックスが効いた⁇
・額の輪っかのようになってるのは、何?
・チョコとか豆類をたくさん食べてないか?
・ステロイド、何故怖がるのか?

など聞かれた。他にもいろいろ言われたけど憶えてない。チョコや豆類は金属アレルギーに関係するらしい。虫歯で歯科金属たくさん入ってることを伝えた。「あーそうなの。」とだけ言われて、見てはもらわなかった。

金属アレルギーのパッチテストはスルーで(聞いたけど理由が理解できなかった)、皮膚生検をすることになる。

長くなったので続きます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/450-b1499c91
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top