2014
01.19

闘病

Category: 日記
久しぶりに旦那さんとうつについて話した。
私は飲み込まれてたけど、半分くらいはまともらしい頭で必死に話したり聞いたりした。涙も鼻水も拭いてもらって。爆発しそうな頭の中身、できるだけ正直に話した。聞いてもらえてよかった。辛かったかな。

最近の自分は逃げてばかり。つまり、娘のことを怖がって、考えただけでクタクタで、何から手をつけたらいいのか分からなくて、悲しくて、悔しくて、申し訳なくて。母親失格だ、育児放棄だ、ただのわがまま病だと頭の中を覆われること。

考えてないで、できることを少しずつやればいい。

そう思って動ける時もある。でも、直接娘のこととなると他のことの何百倍もプレッシャーを感じること。

私は娘が大切なのに。
もしかして本当はそうじゃないの?って思ってゾッとする。

違う。

大好きで大好きで、こうなってしまったんだ。娘が大切すぎて、私は病気になってしまったんだ…。ちくしょー。病気なのか、、

旦那さんが娘を迎えに行ってる。
主治医の言葉を思い出してる。
「長い家族の歴史の今はほんの一場面なんですけどね。にょろさんにとっては一日が一大事に感じてしまうんですよね…。」
確かに他人のことだったら、「なにそんな大袈裟な。大丈夫だよ。」って言えることが、自分のこととなると、もう取り返しのつかないことをしてる気分なのだ。

少し前進したようなそうでもないような。闘病。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/500-abd417f3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top