2014
01.20

体調いまいちでも通院。精神科

Category: 日記
一昨日くらいから微妙にお腹の調子が悪い。インテバンの副作用だったら嫌だな。左の眉尻が赤く少しポコポコして痒いのも恐怖。でも今日は精神科。

お薬をもらうためだけのつもりで行ったけど、診察あり。主治医ではなく、一昨年入院した時のサブの先生。モデルさんみたいにかっこ良い。どうでもいいか。皮膚科のことも含めていろいろ話せた。

家族にあまりに甘えっぱなしで、本当にいいのかな…って思ってしまうこと、笑えることが増えてきているけど、突然虚しくなること、怖い夢を連続で見たこと等々。

先生には「とにかく良い睡眠がしっかり取れるようになるまでは、お薬に頼って悪くないし、お母さんは元気でいることが大事なのでとにかく無理をしないように。」と言われた。ほんとにいいのかな、私。その先生は、私が半狂乱になって救急搬送された時の先生でもある。思い出したくない出来事。でも、「とにかくお母さんは生き延びて娘さんの成長を見守りましょう。」って、その時にかけられた言葉は今も何度も思い出す。

「生きてていいのかな」という疑問がふわっと湧いてくること、まだまだある。それは突然で自分でも怖い。旦那さんには伝えておいた。うつは治りかけが危ない。「笑ってたのに…」「よくなってきてると思ってたのに…」なんてことにならないようにしなきゃ。

薬局で見た老夫婦のおかげで、帰り道は「生きるってなんだろう」とか考え始めてしまって、段差に躓いて恥ずかしかった。所詮俗人。

次回は主治医の診察。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/502-c5f2b0e7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top