2014
02.15

ゆっくり

Category: 日記
午前中は娘、一時預かりで保育所へ行った。ばあばはずーっと動いてる。動かないでいられない性分。

でも、沈んでる私にとってその動きはスーパーマンのようで、66歳の人が(しかもあまり丈夫でない過去を持ってる人が)してはいけないことを無理やりやってるように見えて怖い。

『私のせいで無理をさせてる。』
「ばあばが倒れたらどうなる?』
『休んでってお願いしてるのにどうして聞いてくれないの…。』

不安とイライラがまじって爆発しそうになる。戻ってきてくれた旦那さんに伝えて、少し冷静になった。

ばあばには、もう一度、私の今の状態を伝え直さなきゃいけないと思う。ばあばの優しい気持ちは分かる。その上で、その優しさや、当たり前にやっていることが私にはどう見えてしまうかは伝えなきゃ分からないんだ。前にCBTでやってる。忘れてるようだから、またやればいいんだ。そう思ったらすっとした。

それにしてもグワッと疲れてしまったので、ご飯を食べて、娘と遊んで、片付け少し手伝って自宅に帰ってきた。

いろいろ心配は心配だけど、私が狂うことが一番ダメなことだから。

娘は久々の保育所で疲れたのか、イヤイヤが強かったけど、笑顔も見られて良かった。膝の上でお絵かきしてるうちに眠って、可愛かった。

欲張っちゃいけない。
感謝の気持ちもって、ゆっくりゆっくり。

…しかし頼むから、皮膚、落ち着いてください…。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/530-1d3fef53
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.02.15 13:48 | 編集
テツコさん、おはようございます。コメントを頂くようになってから、今日はテツコさん、どんな一日を過ごしているかな、少しでも辛くなく過ごしていればいいな、と思っています。

前に比べたらずっと、家族を信じられるようになりました。信じて、「助けて」と「お願い」を言えるようになってきています。それまでは「私がしっかりやらなきゃ!」と思い過ぎてました。病気になるまで『子育ては皆で手分けしてするもの』ということが分かりませんでした。今も癖がぬけず『こんなこともできないなんて、ダメな母親、ダメな妻』と自分を責めてしまうことが度々ありますが…。家族は「ごめんね」ではなく「ありがとう」と言われる方が嬉しいということがわかってきたので、無理なことはお願いをして、「ありがとう」を伝えるようにしています。テツコさんのご家族も、テツコさんが少しでも心穏やかに過ごせることが嬉しいんだと思います。今は治療に専念して、治ったら恩返しできるよう、ゆっくりゆっくり進んで行きたいと思います^ ^

寒い日が続くので、通院も大変ですが体に気をつけましょうね。
にょろdot 2014.02.17 10:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top