2014
02.18

保育園の迎え

Category: 日記
今日は娘、保育園に一時預かりの日。
様子を聞きたくて帰ってきた頃だろうと、実家に電話をした。

娘は楽しく過ごせたみたい。電話口で「ただいま。楽しかったー。ぬいぐるみー。」など言ってた。私も「良かったねー!」と一安心。

その後、ばあばに「なんかね、『今日はお母さんが迎えに来るの~』って先生に言ってたんだって。」と明るく言われた。先週の金曜日も同じこと言われてた。切ないような悲しいような悔しいような気持ちになる。娘に対して「ごめんね。」と思った。多分、ばあばは私を励まそうとして言ってるんだと思う。『あなたはお母さんとして必要とされてるんだよ』って。私が、娘に必要とされてないと思って泣いて苦しんでいた時期を知ってるから…。ばあばの思考回路がなんとなく分かるから「そういうことは言わないで」とも言えなかった。

でも、今日はマイナスループにはまらず割と楽に思考を切り替えられた。『今は、今日は、行けない。でも、これから行ける日が来るだろう。娘の気持ちを深読みしても意味がない。』って。

…そもそも「迎えに行く」なんて約束してないから、割と楽に立ち直れたのかもしれない。

あったかいお茶飲んで、お煎餅食べて、一休みしてまた片付けしよう。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/533-7a9b2b72
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.02.18 17:08 | 編集
テツコさん、こんばんは。お言葉に甘えてまとめてのお返事にさせていただきます^^;

「がんばらないをがんばる」って難しいですよね。私は旦那さんはじめ、家族から何回も何回も「にょろは今、休むのが仕事。」と言ってもらったり、認知行動療法の先生に「何もしてないのではない。見えない病気と毎日闘ってる。」ということに気付かせてもらったりして、かなり楽になりました。もちろん、そうは思えず自責の念にかられて身体中「ごめんなさい」でいっぱいになることも多いですが…。そういう日も正直にブログに書いていこうと思っています。でも、行ったり来たりしながらも、必ず治ることだけは信じましょうね。一緒に喜んでくれてありがとうございます。

ゆっくりゆっくり。
にょろdot 2014.02.18 22:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top