2014
03.10

白い月

Category: 日記
昨日のこと。

お昼過ぎ、旦那さんと実家へ。

娘は鼻水たらり、時々、咳コホコホ。熱はないし、機嫌もまずまず。ばあばの子守りだと、お家の中が多いから、私たちが行った時は外に連れ出してあげたいと思う。風邪気味だけど、外は青空で陽が差すととポカポカしてて散歩日和。連れ出してしまった。

最初は縁側でシャボン玉。まだ溶け残ってる雪で遊ぶ。砂利の上をソリですべる。など。まったりと。

裏庭でやってたら、ばあばとじいじがお出かけ。娘は「ばあばと行く!」とぐずる。前より少し強くなった私は「そうだねー。」と受け流し、娘の気をそらす。娘がばあばを大好きなのは良いこと。母親のプライドとは別のこと。割り切って深く考えずにあやして、気をそらして散歩に誘うと娘、機嫌直る。ラッキー。近所の学校、神社をのんびりまわる。白い月を見つけて喜ぶ娘がかわいい。しあわせだなぁってしみじみ感じる。

家に入ってからは、おやつ食べたり、お店屋さんごっこしたり。

しばらくすると目がトロンとして、熱かとドキドキするけど、眠いらしい。もっと一緒にいたいけど、無理は禁物。旦那さんに促されてちょうどいいタイミングで帰る。一人だとねばってしまって、結果疲れるから、ありがたい。気を遣わせて申し訳ないんだけど…。

今朝、ばあばから電話。熱も上がらずぐっすり眠れたそう。良かった。ばあばにもマスクして気をつけてねと伝える。

私は夕べ早3時半に覚醒。それから眠れず苦しかった。さっきの電話で安心したので、今日はくてくての日決定。病人なんだから休むのが大切な仕事。言い聞かせて、休ませていただきます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/559-8ddbf854
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.03.10 10:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top