2014
03.11

カナシマナイ

Category: 日記
今日はテレビを絶対に見ないと決めてた。自分ではどうしようもない悲しみや怒り、嘆きに触れると、ものすごく気持ちがすり減ってしまうから。掴みどころのない不安が膨らむから。ごめんなさいと心で謝りながら、避けて過ごした。

当たり前のことが当たり前でなくなったあの日、そしてその後数ヶ月。娘が産まれて、病気になって、再び、当たり前が当たり前でなくなって2年と少し。

心に浮かぶのは、ぎゅっと握りつぶされるように苦しい、だけど感謝の気持ち。

人は産まれたら必ず死ぬ。
だったら、なんで産まれて来たんだろう。仏教に関心もって、生老病死、四苦八苦っていうのを本で知って、虚しい気持ちにしばらくとらわれてしまってた。鬱のリハビリ期に陥りやすい「生きる意味問答」にまさしくはまってた。

最近やっと「死ぬまで生きるしかない。産まれちゃったんだから。」っていうところになんとかかんとか落ち着いている感じ。ものすごく不謹慎だと思うんだけど、虚し過ぎて消えてしまいたくなる気持ちと闘って闘って着地した答え。

今日は一歩も外に出なかった。あの日の夜はものすごくたくさん星が見えたなぁ。今、どんな空だろう。明日は外に出られたらいいな。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/561-b00a1641
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top