2014
03.19

ばあばの仕事

Category: 日記
ばあばは美容師。体を壊してからほとんど仕事はしてないけど、「どうしても」という昔からのお客さんにお願いされた時だけ仕事をする。それが結構、頻繁で。でも仕事をしているばあばは、やっぱり楽しそうにも見える。

でも、娘を世話をしてくれて、さらに仕事もして、っていうのは、やっぱり体が心配になる。「大丈夫」と言われても、子供の頃から、突然倒れられるのを見てた私は、怖い。だから、できるだけ仕事しないでって思ってしまう。ものすごく勝手だ。

昨日、今日と卒業式の着付けを受け取っていたばあば。下準備もあるし朝早い。

…緊張してたのは私の方。何もしていない、もとい、病気と付き合いながら最低限、自分のことだけしていた私の方。

今朝、「無事に終わったよ」と連絡をもらって、安心。だからかどうか、すっと起きられた。

鬱は小石を岩山に見せる病気。不安を異常に大きくして、身動きを取れなくする病気。でも、恐ろしく見えて仕方なかったことたちをひとつずつ『大丈夫だった』という経験にしておぼえておくようにすることで、これから先、無駄に不安を大きく感じなくなっていくんだろう。そういうトレーニングを何回も積んで、病気を乗り越えていくんだと思う。

ものすごく怖いんだから、無理せずゆっくりゆっくりが大事。



…こう書いてるのは、ほんとはそんなに心底思えてないから。苦笑。焦る自分、罪悪感を感じてる自分に、言霊。

スポンサーサイト

Comment:2  Trackback:0
トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/568-5a64d69f
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.03.19 14:22 | 編集
テツコさん、お返事が遅くなりました。

実は『なんかカッコいいお返事をしよう』とか考えていました。でも、できるわけないですね。私はそういう道のプロではないんだから。

私もただ毎日、毎時間、毎分、前ほどではないにしても生きづらい中、助けてもらいながら生きて治る道を歩いています。

テツコさんの痛みが、私と似ているかもしれない痛みが、少しでも和らいでいくことを心から祈ってます。多分、私もテツコさんも大丈夫です^_^時間はかかるかもしれないけど、必ず乗り越えられると、強く信じましょう。
にょろdot 2014.03.22 00:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top