2014
04.10

皮膚科診察備忘録(好酸球性嚢胞性毛包炎)

朝、なんとか起きて皮膚科通院。

皮膚科は、かわい子先生から代わって穏やかな話し方で安心させてくれる、多分私と同年代の先生。先生見知りをしてしまう私には、それだけでありがたい。

好酸球性嚢胞性毛包炎。

患部を触診、視診してもらった。「一気に良くなるというのはなかなかなくて、毎日のことでにょろさんは辛いと思いますが、徐々に徐々に消えていくことが多い病気なのでね。一生じゃないですから。薬飲んで。また診せて下さい。」とのこと。インテバンの塗り薬も、「今、症状が出てる局所に塗るだけだったら、血中濃度も内臓に悪さをするほど残らないから大丈夫。」と。…信じます。次回診察は精神科と同じ日にしてもらって、1か月後。お薬は飲むのがインテバンとムコスタ、外用でプロペト50mg。インテバンクリームはまだ余ってるからもらわなかった。

顔は目の周りが赤痣のようで、鏡を見る度こっそり落ち込むけど、一喜一憂しないようにしよう。鬱と一緒だ。

駐車場が大混雑してて、運転疲れて帰宅してベッドにバタン。情けないとみるか、がんばったとみるか…。

とにかく今日一日、家族みんな無事に過ごせたことに感謝して眠ろう。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/598-bef0f816
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top