2013
02.27

辛かった

Category: 日記
昨日は、大きな波にもまれ、溺れそうになっていた。

「治りたい、治らなきゃ」

という気持ちが折れてた。
旦那さんも、娘も、
どうでもいいと思った。

生きる意味、自分の価値、ない。分からない。考えられない。

でも、積極的に死のうとする力もなかった。身体を起こせなかった。

だから、ご飯食べないで、餓死しようと思った。何日かかるのか分からないけど、それしか方法がないと思った。

旦那さんを罵り、怒りをぶつけ、涙を流すのを笑い、けなし、布団から引きずり出されようとするのを暴れて抵抗し、自分も泣き。

結局、ご飯を飲み込み、薬を飲んだ。
薬はトレドミン25g、夜だから2錠。(これは頓服ではない。)

寝る前もいつも通りに薬を飲んだ。

そして今朝は、起きてご飯を食べて薬も飲んだ。

昨日、本気で、餓死するしかないと思ってた自分が今、こうしてブログ書いてる。

サンドバッグみたいに、打たれても打たれてもそばにいてくれた旦那さん、飲み込んだご飯、薬。

どれも大切だったんだろう。

旦那さんをうちのめそうとした自分、(そういう形でしか助けを求められなかった)
ご飯を飲み込んだ自分、
薬を飲んだ自分、

ほめよう。

何度も押し寄せる波。
これは現在地が深海ではなくなった証。

あぷあぷと溺れそうになって、
もがいて、
助けにきた人をも危ない目にあわせ、

でもまた、助かった。

母親以前、人間としてどうしようもないという思いがどうしても離れなくて
苦しいけど、いつか、こんな時もあったと、このブログを読めますように。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/6-d31eb0f7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top