2014
07.05

負けられないら戦いがあるって、サッカーは負けても続くけど

Category: 日記
大嵐。死神にとりつかれたような2日間。また旦那さん、ばあばに助けられて、生きてる。

好酸球性嚢胞性毛包炎の悪化による身体的苦痛(痛み、猛烈なかゆみ)わけの分からなさ、絶たれる小さな願望や喜び、見苦しさ。

ただでさえ、波のある鬱にかかっていて、さらに波のある好酸球。気持ちが追いつけない。

疲れた。
逃げたい。
もういやだ。
終わりにしたい。
楽になりたい。

自分のことしか考えられなくなって、死にたくて、死ねば楽になれると思ってしまう。具体的にどうやって死ぬか考えると、苦しさを終わりにできる喜びを感じて楽になる。…ひどい妻でひどい母でひどい娘だ。

昨日も、「これは安楽死だ」「こんなに苦しいのに生きているなんて、拷問だ」と思いながら、死ぬことばかり考えてた。

疲れた。

旦那さんやばあばはもっと辛かったし、怖かっただろうな。

「生きててくれるだけでいい。」

希望なんてステキなものは持てないにしても、絶望しないで、毎日毎日を生きること。負けそうになる日もあるけど(負け=人生や家族を辞めてしまうこと)地獄を這いつくばるような日もあるけど、寿命がくるまで生きること。

「細く長く、負けない戦いをすること。」

「負けない」って、ガッツポーズをするようなカッコ良くて力強いことじゃなくていいんだって、昨日、気づかされた。

ありがとう。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/690-23d2b3e6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top