2014
09.30

インテバンクリームお休み

好酸球性嚢胞性毛包炎の顔の症状がこの2週間くらいかな、落ち着いています。右瞼の上の皮膚が赤い気がして、恐怖心から朝晩の洗顔後はインテバンクリームを塗ってたけど、プツプツもないし、皮がむけてるわけでもないので、昨晩からインテバンクリームをお休みしてみました。

炎症を押さえるクリームで、湿布とかにも使う成分のインドメタシン。『顔に湿布薬を塗るなんて…』と、なんとも言えない悲しい気持ちになってた時もあったけど、好酸球性嚢胞性毛包炎の第1選択薬ということで、私には効いたらしく今となってはありがたいなぁとしか思いません。また怪しくなってきたら、お世話になることにしてしばらく様子をみてみます。内服のインテバンSP25は朝晩変わらず飲んでいます。やめるのはやっぱり怖い…。原因不明で、なぜ悪化するのか、なぜ落ち着いてきたのかも分からないから、見えない影にビクビクしつつ、せっかくの良い波、普段のストレスを忘れて生活しようと思います。

患者会、かたつむりの歩みで調べ学習続けてます。活動が苦しんでいる人のかゆいところに手が届く感じだと思ったのは『日本アレルギー友の会』かな。好酸球はアレルギーなのかよく分からないけど、皮膚科の受診の仕方のムービーなどもあるし、ピアカウンセリングもいいなぁと思います。

またすぐ泣き言になるかもしれないですが、今日の私はとりあえず前向きに生きてます。

スポンサーサイト

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/765-cf891589
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top