2014
10.15

ふんばってる

Category: 日記
娘、風邪をひいてます。本当に次々とひくもんです。私の最大の弱点、娘の体調不良。ぐりぐり、ぐりぐりと鬱に試されてるような感じ。

でも、だいぶ前よりは落ち着いていられるようになったと思います。これまでの経験もあるし、1番は前に紹介した『良い親でなくとも子は育つ』(毛利子来 著)という本のおかげだと思います。小児科の先生が書かれた本で、子供の病気についてもいろいろ書いてありますが、どれもこれも“おおらか”。へたすると『そんなんで本当に大丈夫なの⁇』と思われるほど“おおらか”な内容です。

病気に怯えながら、神経も体力もすり減らして、ああした方がいいかこうした方がいいかと考えて必死でお世話している人にとっては、この本で肩の余分な力が抜けると思います。「だいじょうぶだ、きっと。だいじょうぶ。」と、ある程度落ち着いてお世話できるようになる、と私は実感しています。

『こどもは病気をしながら丈夫になっていく。』

鼻水も咳も熱も、体に侵入してきた異物と闘ってる証。体が脱水になってしまうほどでなければ、それら闘ってる証を止めるのはもったいない。本人が苦しんでいたら楽にしてあげるのはよいと思うけど、本来、咳や鼻水、熱はやっつけるべきものじゃない。


なーんて書いても私は一晩すらまともに看病できない小心者ですが。

ほんとこれからの季節、ぐりぐりぐりぐりと試されるなぁ。リハビリ、トレーニング、無理しないでやっていきます。鬱の。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/773-0af5841d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top