2013
04.11

葛藤

Category: 日記
落ちると、どうしても嫌な記憶の箱の蓋が開く。

ぶわーっと、あれもこれも、言われて辛かった言葉、されて悲しかった態度…鮮明に場面が蘇る。

そこで、反射的に
「私が悪かったんだ。」
と思う。

これはうつが酷い時、特有の思考。

とにかく、
「全部、やっぱり私のせいだ。」
とひたすら自分を責め続ける。

はたから見たら、
じっと黙って、何を考えてるんだか分からないかもしれない。
怒ってるように見えるのかも。
いじけてるように見えるのかも。

どう見えようが、私はひたすら自責の念と戦ってる。

つぎに怒りが湧いてくる。頑張って口を開いても、うまく伝えられず、また自己嫌悪…の悪循環。

でも今は自分を責めすぎるのがうつの症状だということも知っている。
感情のコントロールがうまくできないのもそう。

だから、自分に降ってくるバツ印を振り払いながら、
「言葉のやり取りでうまくいかないのはよくあること。誰だってイライラすることあるし、お互い様だし、これから気をつければいい。余裕持って。」
そう、言い聞かせる。

でも、自責の念はなかなか消えない。
言い聞かせる。この繰り返し。

…知ってほしい。

何に対してもひたすら自分を責めてしまってること。いつもいつも、自分にバツがついてて、悲しいこと。

うつの基本の気持ち。

こうして書いてる自分だって、病気を盾にとっているみたいで嫌なんだ。

でも、伝えなきゃ。

伝えて、生きなきゃ。

下手でごめんなさい。

ありがとうの気持ち、いっぱいあるんだ。それが何故か裏返るんだ。

うつの患者を支える家族は本当に大変。
家族、支援者同士が繋がれるものがあればいいのにと思う。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/78-8d85563f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top