2014
12.02

お迎えの課題

Category: 日記
久しぶりに保育園にお迎えに行きました。

ばあばにお願いできなくないんだけど、なんというか…自分に『課してる』感じです。週に1回くらいはお迎えに行こう、って。それがリハビリだ、という思いが湧いてくるのです。

お迎えは私にとって相当プレッシャーで、2時間位前から緊張してしまいます。行かないと罪悪感や心配などにつかまるから、それよりはいいのかなと思いつつ…。

今日は、あまり着たことのない新しいコートを着て行ったから、娘にお母さんだと分かってもらえないかも、なんて心配もありました。そんな心配は必要なかったんですが、本気で緊張してしまうのです。もしそうなったとしても、笑い話にするしかないようなことなのに。

さらに今日は急激に寒くなって、風邪をひかせないように(送り迎えは基本、徒歩)とか、雨のためか時間帯のせいか交通量がいつもより多いので事故に合わないように、とか…ばかみたいに神経を使ってしまいました。疲れました。

ここでまた「普通のお母さんはみんな毎日やってるのに…」と思うと、自分を責める悪循環にはまるのです。ちょっと前までは、はまりがちでした。でも、客観的事実探しは無意識にできるようになってきています。私と娘が教室を出るのと入れ違いにお迎えにきたおばあちゃんをしっかり確認しました。事実を見ました。頭の中の「みんな、お母さんが毎日迎えに来る(私は毎日行けない、ダメな母親)」という自動思考に対する反証です。必ずお母さんが来るわけじゃない。玄関でのんびり靴を履く娘を待ってる間も続々とお迎えに来るのは、お母さんらしき人だけでなく、おばあちゃんやお父さん。いろいろでした。

疲れはしましたが、この課題は良かったのかな。今まで通り助けてもらいながら無理のない程度でチャレンジしていきたいなぁと思います。

しかし、なんで送り迎えがこんなにプレッシャーなんだろう…。そこを考えたら楽になるヒントがあるかも。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/804-b0a12f4d
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.12.03 11:44 | 編集
テツコさん、こんばんは。コメント、ありがとうございます^_^お迎えに行くのに『緊張する』という気持ちを分かっていただけて嬉しいです。

娘の保育所では他の保護者とのかかわりは、すれ違う時に挨拶するだけです。担任の先生とは一言二言話したり、話さなかったり。夏のお祭りや運動会の様子でも、保護者同士でグループを作ってる感じはなかったので、あっさりしてるようです。それであっても、なんか圧迫感があって緊張してしまうのです。先生にも「こころを病んでるお母さん」として、どんな風に思われてるのか気になったり…。ほんと、外に出る支度だけでも疲れます。疲れてダメになるくらいだったら、ばあばに全部お願いしてもいいけど、何かひっかかるのです。私もやりたいって。思ってしまうのです。
小学校の教員をやっていたので、小さな子供と先生達がいる場は好きでした。立場が変わって今度は預ける側として“普通に”先生方とかかわりたい。でも、しんどい。というグルグルです。

良いとこ悪いとこ両方あるから、様子を見ながらやっていくのがいいのかなぁと思っています。無理したり、嘘ついたり、追い詰められたりしない程度にやってみようかなと思います。
にょろdot 2014.12.03 23:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top