2014
12.07

発表会へ

Category: 娘のこと
今日は保育園の発表会でした。
この2週間毎日、先生から連絡帳で練習の様子を教えてもらっていました。娘は楽しく練習できてるようでそれが私も嬉しくて、本番を楽しみにしていました。

でも正確には『楽しみ4割、義務感6割』。義務感の裏には、緊張がくっついています。が、なんとか行ってきました。

始まってみると娘はにこにこ、にこにこ。楽しそうに歌ってました。振り付けもかわいかった。
小さい子たちの発表で、はいはいやよちよち歩きを見た後だったから、尚更、『こんなにいろんなことができるようになって…』『いつのまに…』と、とっても不思議な気分になったのかもしれません。自分の子なのに、自分の知ってる子じゃないみたいな…。良い意味でびっくりしたし、こんなに成長が早いんだなぁって寂しいような気持ちにもなりました。

教室に迎えに行くと「がんばったよ‼︎」とたいへん満足気な顔で笑ってる娘。「がんばったねーー。」って、その場で抱きしめてあげることができて嬉しかったです。保護者も子供もごった返していたけど、先生にだけお礼の挨拶をして、あとはさっさと帰りました。

行く前は「行かなきゃだめ。」という義務感の方が強かったけど、結果、行けて本当に良かったです。楽しかった。嬉しかった。お隣にすわったお母さんとも気負わず、少しだけどお話しできたし。夫も午前はお休みで、一緒に行けました。ひとりだったら、何倍も緊張しただろうな。一緒で良かったです。

それに、ふと気付いたんだけど、今日は罪悪感がない。なんにもしてない私のような親が発表会に行っていいのか?お世話の大半をばあばにお願いしてるのに、こういう時だけ親ヅラ下げて行っていいのか。…という自責、罪悪感がなかった。ちょっとずつだけど、できることが増えてきて、必要以上に卑下することがなくなってきてるのかもしれない。だったらいいな。

夜には雪がちらつき始めました。
実家に送る時、雪を見てまたにこーっと笑ってた娘。親バカだけど、娘の笑顔は本当に心を柔らかくしてくれます。

大好きだ。がんばりました。明日はゆっくり休みたい…

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/806-71bb7dc9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top