2015
01.19

玄関ドアをガタガタして外に出ようとする娘を見て心配は無駄だと思った

Category: 未分類
今朝、娘は泣かずにお父さんと登園。土日で外に出たのは歩いて数分の自動販売機までという、引きこもりっぷりだったから流石に外に出たかったのかな。「行きたくない」と泣かれると思って覚悟してたのに、玄関では靴紐結んでるお父さんを待ちかねて、ドアをガタガタ開けようとしてた娘。「行ってきます」も後ろ手…。いちいち心配するのは無意味なんだなぁって感じた。私はこういうことをちゃんと憶えておいて、悪い方に心配してしまう癖を直したい。

お迎えはばあばにお願いした。金曜日に退院したばかりなのに申し訳なかったけど、「大丈夫だよ」という言葉に甘えさせてもらった。ばあばはばあばで、お迎えがお母さんじゃなくて泣かれると思っていたらしい。現実には娘はご機嫌で「きょうはばあばが迎えにくるの。」と先生みんなに言ってたようで、ばあばはとっても嬉しそうだった。ちょっと前の私なら、こういうことを確実にマイナスに捉えて「やっぱり私より、ばあばがいいのね…」とか思ってただろう。今は「よかった。」と真っ直ぐに思える。

私は一日中何をしていたかというと、充電。風邪気味なのもあって、体がだるくて、こんな時に無理しても良いことないのは身をもって経験してる。「明日はなんとかなる」とか「明日もだめでも仕方ない」と努めて考え、とにかく自分を追い込まないようにすることが、結局はまた動き出す近道な感じがする。ばあばや旦那さんに支えてもらってなせるわざですが…。

明日は精神科受診日。雪、降りませんように…。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/831-043ade6d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top