2015
02.26

娘の寝言から

Category: 未分類
娘は昨日、一昨日と無事に連泊できました。今晩は旦那さんが飲み会のため、娘は実家。明日からも旦那さん出張なので、自宅には泊まれらせてあげられません…。はぁ…。寂しい。悔しい。

まだ、娘と二人きり、自宅で一晩過ごすということに自信がありません。自信があろうがなかろうが、やらなきゃないお母さんはたくさんいて、辛い中、がんばってるんだろうなぁと想像すると、私はなんでこんなに根性なしなんだろうと情けなくなります。比べても仕方ないとは言え、やっぱり…。寂しくて情けなくていろいろ考えてしまいます。

一昨日も昨日も、娘は寝ぼけて「ばあちゃーん」と何回か言ってました。私よりばあばと一緒にいる時間が長いから、ばあばを呼ぶことの方が、娘にとっては自然なことなのだと思います。ちょっと胸が痛むけど、このことに関しては仕方ないと割とすんなり思えます。

それで今日、実家に行った時、ばあばに「寝言で『ばあちゃん』って言ってたよー。」と教えたら、「うちで寝る時は『おかあさーん!』って泣いてるよ。この前も『おかあさん、おかあさん』って寝ぼけながらあんまりひどく泣くから、起こして『お母さんの夢見たの?』って聞いたら、じいじに『そんなこと聞くな。』って怒られたけど。」と、文字通り5倍返しされました。苦笑。ばあばには、ひとつしゃべると5倍になって返ってきます。大体いつも。

そのばあばが教えてくれたことから、私はいろんなことを考えてしまいます。

娘が夢の中で、私を呼んでひどく泣いているって…。何か寂しい思いがあるから、そんな夢見るのかな。ごめん…。

とか。

そんな風に一緒に寝られないお母さんを求めて3歳の子が泣くのはかわいそうなこと。「お母さんの夢見たの?」なんて聞いてもっとかわいそうな思いをさせるんじゃない、というつもりで、じいじはばあばを怒ったのかな?それに、娘と一緒に寝ない母親(つまり私)は何をやってんだよ、と思われてるだろうな。

とか。

くどくどとよく考えないで文を書いていると問題があやふやになってきて、良い感じです。客観視も今日はうまくいきません。今は辛いことにフォーカスしたくないです。

あー、今日は銀行で娘の口座を作ってきました。出産祝いとかお年玉とかいろいろあちこちからいただいたお金をずっとそのままもってましたが、今日、やっとこ。

あとはロンパースタイプの下着を普通の下着に直してみたりもしました。針仕事は無になれていいです。

もう話が散り散り。入眠剤が効いてきました。

この叫びたい寂しさ。明日、皮膚科通院だから、車で大声で歌って溶かせたらいいです。



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/859-ab82fe7c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top