2015
04.13

不安やこだわり

昨日のあの折れっぷりで、今、娘の隣で眠れていることはすごいこと。 着実に治ってきてます。 いろんなものへの不安、こだわり、緊張がだいぶ緩くなってきています。 


ちょっと前まで、娘が泊まりに来るときには翌日の朝ごはんが心配でたまらなかった。私たちが食べてるような、パン、卵焼き、ソーセージ、そんなもんでいいのか?って思ってました。もっと野菜を出さなきゃとか、魚焼いて、ご飯の方がいいんじゃないか味噌汁は?とか …。今でも、ちゃんと食べてほしい気持ちに変わりはないけど、メニューについての心配はほとんどやめました。出したものを食べてね、という感じ。 

洋服だって。翌日なにを着るのか、天気予報を見て、考えてました。気温が低いとなるともう心配で、あったかくあったかくするためにどれを組み合わせて着せてあげれば保育園であったかく居られるか。2パターンくらい用意しないと安心して眠れませんでした。今は朝起きたら決めます。基本、あったかいのと動きやすいのがメインで、あとはよっぽど配色がおかしくなければオッケー。そんな感じです。楽になっていくものです。 

無意識だけど、これらの変化はCBTの賜物だと思います。 「Aというやり方がベストだ!そうしなきゃ!」と思ってたのに、Bのやり方でしかできなかった時、Aじゃなきゃ大変酷いことになると思っていたのが実際はならなくて済んでる!大丈夫!という経験(客観的事実)をちょっとずつ積んでいるんです。ものすごく地味だけど着実な心の改革です。もう眠い!変なところがたくさんあると思いますがお許しを。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/881-a956390e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top