2015
05.28

娘、咳で通院

Category: 娘のこと
娘は昨夜、咳が辛そうでした。今日は保育園を休んで小児科に行きました。熱もないし、ご飯も食べるし、機嫌もいいし
、元気なのですが、去年の夏の入院が思い出されて怖いので、念のため受診しました。

娘は診察で泣かないことに、ばっちり自信をもっているようで、「今日は病院ね。」というと、にこにこしてる。笑。すごく助かります。嫌がられると余計に辛いのでね。

診察はあっという間に終わりました。喉が少し赤いけど、熱もないし、アデノウィルスとか溶連菌とかではなくて、喉に症状が来る風邪でしょうということでした。抗生剤と痰切りの薬、気管支拡張のテープをもらっておしまい。とりあえず一安心です。熱、このまま出ないでほしいですが、なるようにしかならないですね。

帰り道、たまに行く大きな書店に立ち寄り、1時間ほど遊んだり。

家でも昼寝しないから、ずーっと遊んだり。近所に少しだけ散歩に行ったり。お昼作って一緒にたべたり。薬局に「お薬飲めたね」というゼリーを買いにいったり。洗濯したり。おやつあげたり。…。

私なりに頑張ったのに、夕方6時、実家にバトンタッチしてからはなんだか罪悪感との闘いでした。できてないことにばかり思いが行って、自分を責めてしまう。娘に寂しい思いさせたんじゃないかとか。ほんとはずっとそばで看病するのが母親だとか、此の期に及んでまだそんなことを思ってしまう私…。

なんだか最近、娘が私のことを必要としてくれている感じがするんです。私なんかいなくていい、いない方がいいと思うような時期が長くあったんだけど、今はそうじゃなくて。

娘に必要とされたら、もう、自分が空っぽになってでも与えようとしてしまった結果、この病気になったことを忘れちゃいけないのに。

ほどほどにできてりゃいい、ということを肝に命じなければ、同じ間違いを繰り返すっていうか、そもそも今のこの病気が治らないから。

気をつけます。

踊り場なんだな。

いろいろ出来るようになってきて、もっとを求め始めてて、でもそこまではまだできなくて、落ち込んで…という段階。上ばっか、先ばっか見てしまう。今を喜んで生きなきゃいけませんね。

思いつくままダラダラ書きました。

どうか早く娘の咳が治まりますように!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/899-17f197e6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top