FC2ブログ
2013
04.20

うつ病と食べること

Category: 未分類
今日は午前中、娘の離乳食の野菜を下ごしらえをした。料理はまだなんだか、考えただけでソワソワする。だから、今はまだ、その時期じゃないんだろう。

食事をどうしてるかと言うと、朝は旦那さんが作ってくれる。夜は業者の宅配サービスを利用して、その準備も旦那さんに任せている。昼はコンビニとか、外食とか、冷凍ご飯チンとか。苦笑。

当たり前だけど、食べた物で体は作られ、維持される。内容まで大切にしたいところだけど、今はとにかく食べることが大切だと思ってる。

うつの人は、感情のプログラムの誤作動によって食欲が減少することがあるらしい(『うつ・自殺予防マニュアル』下園 壮太著 河出書房新社)。

私は食べることが苦痛だったり、食べる自分が許せなかったりした時期を通り過ぎたような気がしている。

なぜか。

それは、旦那さんが繰り返し繰り返し
「食べて欲しい。」
と、伝え続けてくれたから。

『私には食べる資格がない。』
と思っている人間に、ただ
「食べて。」
と言っても、あまり効果はない。

「とにかく食べないとだめだよ。」
なんて言われたら、
『私、だめな人間ですから…。』
と益々、食べ辛くなる。

でも、
「食べて欲しい。」
と言われると、
『私が食べることで、旦那さんが喜んでくれるんだ。』
と思える。

もちろん最初は信じられない。
どうせ薬を飲ませるためだろうとか、ひねくれもする。

でも、食べる私を見て嬉しそうに
「良かった。」
って笑ってもらえると、
『私いい事したんだ、できたんだ』
と思えてくる。

なってみないと分からないであろう、独特な感覚だけど…。めんどくさいですね。本人も重々承知してるんです。苦笑。

結局、食べることでエネルギーが生まれ、良い循環への第一歩になる。

うつ病の患者さんで、食事を摂らなくて困っているという家族や支援者さんのヒントになればいいな。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/94-38e0acce
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top