2015
11.27

精神科診察備忘録

ディズニーに行けたこと、その後の娘の耳痛騒動?のこと、誕生日のこと、などなど話しました。

先生は一緒に喜んでくれて、労ってくれました。「よくやってますよ。」と。それと「少しずつ、日常と違うことを楽しめるようになるといいですねぇ。」とか「娘さんもそういうことのあと、まぁ熱出したりするかもしれませんが、それでも嬉しいだろうし。」とか。

先生は小児科の先生ではないし、娘のことを見てもらってるわけではないけど、私が話す様子から「娘さんも大丈夫ですよ」と言ってもらえてるような気がして、とても安心します。

まぁ、先生に言われて安心するっていうのは、依存してるようでもしかしたらあんまり良いことじゃないのかもしれないけど…。前と違うのは、自分自身で見ていて、自分自身の頭で『娘は大丈夫』って思えること。その背中をとんとん、としてもらえて安心する感じでしょうか。

お薬はいつも通り。次回はもう年末。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nyoro38.blog.fc2.com/tb.php/999-20744e3b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top