2017
02.12

寝る前の熱は37.9

Category: 娘のこと
今週のちびまる子ちゃん。ともぞうさんとめるちゃんのお話。

笑いながら泣いてしまいました。じいじばあばの溺愛って、外からだと微笑ましく、身内だと困りもので。なんだか、朝もやもやしてたものが少しだけすっきりした感じがします。娘も観てたけど、ぽかんとしてた。笑。

なんとか旦那さんが帰ってくるまで一日中頑張りました。お母さんなら当たり前のことなのかもしれないけど、私にしたら花丸です。何か自分にご褒美を考えようかな。

寝る前、娘に「元気になったら何したい?」と聞いたら「プリキュアの映画観に行ったり、楽しく過ごしたい。」ってしあわせそうな声で言ってました。

早く良くなりますように。
明日の朝、熱が下がっていますように。
旦那さんにうつりませんように。
私は少しでも良く寝て明日も頑張れますように。




Comment:0  Trackback:0
2017
02.12

Category: 未分類
朝一、ばあばから電話。
じいじから電話をもらって娘の咳のことを聞いて、「れんこんがいいんだってよ」と知らせてくれました。
ありがたい。
…ではなく、とても嫌な気分になってしまいました。
ばあばが孫を心配してくれる言葉を受け取った私が何を1番に感じてしまうかというと、
「あなたがちゃんとしなさい。(ちゃんとしてないからそうなるんだよ。)」
というメッセージ。
ダメ出しをされた、と感じてしまいました。
旦那さんには「理解不能」と言われました。「人のこと心配できるくらいばあばが元気になって良くなったって思えばいい。」と。
そこでさらに「やっぱり私がおかしいんだ」「私がダメなんだ」と悔しく悲しくなりました。
時間が経って落ち着いて、そこまで嫌な気分にならなくても良かったよなぁと思います。
風邪とか何か娘の非常時、私は見た目以上に内心でパニックを起こしていて、それでも前よりはずっとずっとがんばっていろんなことやっているつもりです。まさに今のようなとき。
何気ない心配の一言を素直にシンプルに受け取れなくなって無駄に動揺し、周りにも嫌な思いをさせてしまい、とても哀しいです。
他の時、素直に受け取れた気持ちや言葉を思い出そう。
とても今は辛いです。
Comment:0  Trackback:0
2017
02.11

娘、咳

Category: 娘のこと
娘はまたも咳がひどくなりました。涙。熱はなく、機嫌も良いです。食欲はあんまり変わらないかな。水分も摂れているし、おしっこもちゃんと出てます。

咳が出るのにおしゃべりし続ける娘…。そんなに咳出るなら少し黙っていたら楽だろうに…と思いつつ、娘の声が聞こえていると安心します。この前吐いた時は本当にぐったりして寝てばかりで心配でたまらなかったから…。

寝かしつけで咳を聞き続けると今の私は多分パニックになるので、旦那さんにお願いしました。

私は少しでも良い睡眠をとって明日のひとり看病に備えます。

でも、階下から咳が聞こえる気がしてドキドキしてしまう…涙。情けないなぁ…。

健康な状態の娘の隣でさえ眠れないのに、咳で辛そうな娘の隣で眠ること(平静でいること)は今の私にはまだハードルが高いこと。こんな母親で恥ずかしいけど、現実。たまたま今日は旦那さんがいて助かりました。夫婦二人の子どもなので、こうやってお互いできることして助け合って行くのが醍醐味なのでしょうけれど、つい申し訳なく思ってしまいます。

感謝は忘れず、助け合うことを当たり前と思えるようになりたいです。



Comment:0  Trackback:0
2017
02.09

好きな人

Category: 娘のこと
今日、保育園に迎えに行ったら、新しい製作物が壁に貼られていました。バレンタインものです。笑。
好きな人の顔をそれぞれ描いていました。ほとんどの子が「ママ」なので、娘のを見つけるまでドキドキしましたが、娘も「ママ」でした。おめめぱっちり、可愛くにっこりに描いてくれていました。涙出るほど嬉しいです。
2歳ごろ、まだ実家にお世話になることの方が多かった頃の娘は「ばあばが良い、ばあばが良い」で私は落ち込むことが多かったなぁ…。お世話できないんだから、娘にとったら当たり前の話なのだけど…。その頃よく「お母さんがなんて言ったって1番なんだから」とばあばに言われましたが、『そんなの私には当てはまらない』『私は母親失格なんだ』と本当によく泣いていたことを思い出します。…こんな風に振り返る日が来るのですね。
なんだか「自分が1番!」「自分が選ばれた!」「嬉しい!」って浅ましいようですが…。やっぱり1番でいられるうちは1番でいたいです。笑。
最近肌も酷くてお化粧をしていなかったけど、落ち着いて来たので少しでも小綺麗にしておこうと思いました。
Comment:0  Trackback:0
2017
02.08

ばあばの手術成功と私の休職問題

Category: 未分類
*前置き*
後半、暗くなっていきます…苦笑。お気をつけてお読みください。おかげさまで好酸球の症状は落ち着きました。
ばあばの手術が無事に終わりました。鼻から内視鏡を入れて、レーザーで焼き切るというものだったそうです。小指の先くらいのものが取れた、と。1時間かからず、出血もそれほどなかったようです。最初の説明で“大手術”と聞いていて、心配していましたが良かったです。順調にいけば、1週間で退院になります。
昨日今日、じいじと兄が付き添ってくれて、私は待機でした。何もしないのは余計に辛いので、実家で留守番をしてくれている義理姉とじいじにご飯のおかずの差し入れだけしました。
私が心配して電話をすると「あんたは自分が疲れないようにだけしなさい。」とじいじにもばあばにも言われました。情けない娘だなぁと思うのと同時に、いつまでたっても親は子どものことが心配なんだよなぁと、納得するような気持ちになりました。でもやっぱり、情けなさの方が大きいなぁ…。
ちょうど今日のお昼に職場から「休職の辞令が出ました」と電話があって、私は一体いつまでこんな風なんだろうかと苦しく悲しくなっていました。
休職3年目に入り、後がありません。退職か復職か…。校長先生は本当に温厚な方で、「仲間として待っています」と言ってくださったけど、私には戻りたいという強い気持ちも戻れる自信もどちらもなく、ただただ申し訳なくなりました。
いろんな思いが頭に浮かんで、娘の寝かしつけの時に涙が出て来ました。
自分はどうしたいのか分かりません。。元に戻ることを目標にしたら良いのか、違う生き方を考え決めて進んでいくことを目標にしたら良いのか…。
分からないことだらけ、見えないことだらけです。
目の前のひとつずつできることをやっていくだけなのは分かりますが、そろそろ目標を定めないといけない気がします。
はぁ…。
なんにしても中途半端な自分が嫌い←ここに行き着いて凹みます。
いかんいかん。思考が負のスパイラルにはまってますね。脱出しなきゃ。
とりあえず今日はばあばの手術成功、それが何より。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top